allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インサイド(2016)

INSIDE

メディア映画
上映時間89分
製作国スペイン/アメリカ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2018/07/13
ジャンルサスペンス/ホラー
映倫R15+
インサイド[Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 4,530
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 世界的にセンセーションを巻き起こしたジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督による2007年のフレンチ・バイオレンス・スリラー「屋敷女」を、「スペイン一家監禁事件」のミゲル・アンヘル・ビバス監督でリメイク。臨月のお腹を抱え、突然自宅に現われた謎の女に追いかけ回される戦慄の恐怖を描く。主演は「P2」「トカレフ」のレイチェル・ニコルズ、共演にローラ・ハリング。
 妊婦のサラは交通事故に遭い、同乗していた夫を亡くし、自身も重傷を負う。お腹の子どもは無事だったが、サラには補聴器なしでは音が聞こえない障害が残ってしまった。そんな中、出産が間近に迫ったある夜、電話を貸してほしいとドアをノックする女が現われる。不審に思い追い返したサラだったが、念のため警察に来てもらう。事情聴取を終え、再び眠りにつこうとしたサラは、部屋の中に浮かび上がる見知らぬ女の影に気づくが…。
<allcinema>
【関連作品】
屋敷女(2007)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2018-07-25 09:59:43
ここ数年、「侵入者」というジャンルの映画が増えてきてる。
『善き人に悪魔は訪れる』やキアヌの『ノック・ノック』など、見ていて「どうしてドア開けちゃうかなぁ...♯」とイライラするものが多いが、面白くてついつい最後まで見てしまう。

この『インサイド』は同じ“侵入者”を扱っているのだが、上記の2作品と“侵入者”の動機という点で大きく違っている。

その動機はラストまで明かされない“作り”が実に素晴らしい。
そして見ている観客も、その理由はよく知っていたのだ。

途中でこの侵入者の動機に気づく人は多くはないと思う。

ローラ・ハリングはこの映画で初めて見たが、美しい女優さん。
故に、振り幅が大きければ大きいほど、反対の方向に向かった時の狂気さは計り知れない怖さがある。

もう一人のヒロイン、レイチェル・ニコルズも過去の『P2』などを見ると、サスペンス系でいい味を出している女優さんだと思う。

劇場で見ていた隣のおじさんがクライマックスで「うわっ!」と声を上げていた。たしかにあのシーンは怖かった。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】インサイド2019/01/16\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】インサイド2019/01/16\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION