allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

人魚の眠る家(2018)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2018/11/16
ジャンルミステリー/ドラマ
映倫G
娘を殺したのは、
私でしょうか。

この愛の結末に涙が止まらない――

人魚の眠る家

(c)2018「人魚の眠る家」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
製作:大角正
石原隆
木下直哉
吉崎圭一
見城徹
瀧藤雅朝
田中祐介
エグゼクティブプ
ロデューサー:
吉田繁暁
臼井裕詞
プロデューサー:新垣弘隆
梶本圭
井上潔
共同プロデューサ
ー:
日高峻
原作:東野圭吾
脚本:篠崎絵里子
撮影:相馬大輔
美術:磯見俊裕
衣裳:宮本まさ江
編集:洲崎千恵子
音楽:アレクシス・フレンチ
音楽プロデューサ
ー:
茂木英興
宮地祐輔
主題歌:絢香
『あいことば』
VFXスーパーバ
イザー:
岩崎朋之
サウンドデザイン:石坂紘行
ヘアメイク:市川温子
記録:井手希美
照明:佐藤浩太
装飾:柳澤武
録音:反町憲人
助監督:稲留武
Bカメラ:古長真也
出演:篠原涼子播磨薫子
西島秀俊播磨和昌
坂口健太郎星野祐也
川栄李奈川嶋真緒
山口紗弥加美晴
田中哲司進藤
斉木しげる
大倉孝二
駿河太郎
ミスターちん
遠藤雄弥
利重剛
稲垣来泉播磨瑞穂
斎藤汰鷹播磨生人
荒川梨杏若葉
荒木飛羽
田中泯播磨多津朗
松坂慶子千鶴子
【解説】
 東野圭吾の同名ベストセラーを「SPEC」シリーズ、「RANMARU 神の舌を持つ男」の堤幸彦監督が映画化したミステリー・ドラマ。“脳死”と判定された我が子を巡って夫婦の運命が大きく狂っていくさまをエモーショナルに綴る。主演は篠原涼子と西島秀俊、共演に坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子。
 2人の子を持つ播磨薫子だったが、IT機器メーカー社長の夫・和昌とは別居中で、娘・瑞穂の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんな時、その瑞穂がプールの事故で意識不明となってしまう。医師からは回復の見込みはないと脳死を告げられ、夫婦は苦渋の決断で臓器提供を受け入れる。しかし薫子は直前になって翻意し、和昌の会社の研究員・星野のある研究成果に最後の望みを託すのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION