allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

沖縄スパイ戦史(2018)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(東風)
初公開年月2018/07/28
ジャンルドキュメンタリー/戦争
ふたりのジャーナリストが迫った沖縄戦の最も深い闇。
少年ゲリラ兵、戦争マラリア、スパイ虐殺……
そして、ついに明かされる陸軍中野学校の「秘密戦」とは?

2018年7月21日(土)より沖縄・桜坂劇場、7月28日(土)東京・ポレポレ東中野にて公開、ほか全国順次公開

沖縄スパイ戦史

(C)2018『沖縄スパイ戦史』製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:三上智恵
大矢英代
プロデューサー:橋本佳子
木下繁貴
撮影:平田守
編集:鈴尾啓太
音楽:勝井祐二
監督補:比嘉真人
【解説】
 凄惨を極めた沖縄戦のさらなる深い闇に迫る衝撃のドキュメンタリー。沖縄に渡った“陸軍中野学校”出身のエリート青年将校たちの知られざる活動を追い、“護郷隊”とよばれる少年ゲリラ兵部隊の存在やマラリアが蔓延する離島への強制移住の真の狙い、さらにはアメリカ側への情報漏洩阻止を目的としたスパイリストによる住民虐殺という沖縄戦における戦慄の実態を暴き出していく。監督は「標的の村」「戦場ぬ止み」の三上智恵と、元琉球朝日放送記者で「テロリストは僕だった」などのTVドキュメンタリーを手がけ、本作が映画初監督となる大矢英代。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-08-06 15:50:11
【ネタバレ注意】

<あらすじ>第二次世界大戦末期、沖縄戦では民間人を含む24万人余りが死亡したが、一方沖縄北部ではゲリラ戦やスパイ戦が展開されていた。動員されたのはまだ10代半ばの少年たちで、彼らは「護郷隊」と呼ばれたが、ゲリラ戦のスキルを仕込んだのは陸軍中野学校出身のエリート青年将校たちだった。青年将校に率いられ、少年たちは勝ち目のない戦闘に身を投じていく。またある者は偽名で学校の教員として派遣され、波照間島の住民の西表島への移住を軍命の下に強いた。マラリアを恐れていた住民たちだったが、次々彼らは病に斃れていく。沖縄の住民を利用することを徹底した軍の実相が見え隠れする…。

ふたりの女性監督によるもうひとつの沖縄戦。綿密なインタビュー取材で浮かび上がってくるのは、陸軍中野学校に教え込まれた「住民を管理・利用」しようという軍幹部の思考だ。
作品は幾つかのパートに分かれている。少年ゲリラ兵部隊「護郷隊」は、22歳と24歳の青年将校だった。少年たちは時として戦車への自爆攻撃を命じられたり、子どもを装い米軍内部に潜入させたりされた。やがてケガや病気に罹ると足手まといになるから、スパイに違いないから、と、隊の内部で処刑が行われる。そんな凄惨な中を生き延びた老人の言葉が重い。
護郷隊は最終的に160人が死んだ。
またあるパートでは、マラリアで500人が死んだ波照間島の住民の事件を追う。「山下虎雄」という偽名で青年指導員として国民学校に赴任した男の正体は「酒井清」という陸軍中野学校出身の工作員だった。男はある日軍刀を掲げ、波照間島の守備にあたって邪魔になる高齢者や女子どもに対して、西表島に移住するよう迫ったという。西表島はマラリア感染が必至の島だ。人々は「山下」を恨みながら死んでいったというが、戦後「酒井」に戻った男は何くわぬ顔で滋賀県で暮らしていたという。
沖縄で住民がスパイ容疑をかけられ、軍部に処刑されたケースは枚挙にいとまない。そこには住民による密告や裏切りもあった。力を持つ者に無条件に従う、というのは、戦場ではありがちな心理状態だ。住民を利用することに長けていた当時の工作員や軍が少し動けば、住民が住民を監視し、時には住民自ら“討伐”してくれる。
高齢の証言者を探し出し、インタビューするのは容易ではなかったに違いない。しかしそこで語られる肉声がどれほど重いことか。
タイトル「沖縄スパイ戦史」が果たして適切かどうかという気がしないではないが、ここに描かれている「過去」は、現在繰り返されてもおかしくない現実だ。
地道に取材を続けるディレクターに拍手。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION