allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

MEG ザ・モンスター(2018)

THE MEG

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2018/09/07
ジャンルアクション/パニック/アドベンチャー
映倫G
悲鳴ごと、飲み込まれる。

MEG ザ・モンスター

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT,INC.


 Photos

【解説】
 スティーヴ・オルテンの同名ベストセラーをジェイソン・ステイサム主演で映画化した巨大ザメ・パニック・アクション。絶滅したと思われていた太古の巨大ザメ、通称“MEG(メグ)”が深海から浮上し、人間の生活圏に突如姿を現わして人々を恐怖に陥れていくさまと、恐るべきモンスターに立ち向かっていく主人公の戦いを臨場感あふれる迫力のアクション満載に描き出す。共演はリー・ビンビン、レイン・ウィルソン。監督は「ナショナル・トレジャー」のジョン・タートルトーブ。
 大陸から遥か200キロ沖合に浮かぶ海洋研究施設。海洋生物学者のスーインらが乗り込む探査船が未知の海溝を発見するも、直後に行方不明になってしまう。ベテランのレスキュー・ダイバー、ジョナス・テイラーが捜索に協力するが、そんな彼の前に姿を現わしたのは、絶滅したはずの超巨大ザメだった。メガロドン、通称“MEG(メグ)”と呼ばれるその怪物は、研究所を易々と破壊すると、海水浴客で賑わうビーチへと近づいていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-09-16 15:13:52
CGと近代的メカで魅せるが、プロットはジョーズ。劇場で観た方がいい。
投稿者:レッド・キング投稿日:2018-09-09 17:36:13
【ネタバレ注意】

本日THXにて鑑賞しました。正直期待はずれな作品でした。   
中国資本が前面に出ていて、中国人の為のハリウッド映画って印象。
(トランスフォーマー/ロストエッジもそんな感想でしたが・・・)
また、出演者チェックせず映画を見に行ったので知らなかったのだが
反日女優のりー・ビンビンおばさんも出ていて、少し不愉快な気分でした。
また、主役ジョナス(ジェイソン演)の元妻が元シー・シェパード?って
また不愉快・・なんか嫌味な中国資本ありあり。
まぁ、日本で洋画があまりヒットしなくなり、代わりに中国が日本を抜いて
世界で一番ハリウッド作品がヒットしているから仕方ないか・・・
そのためかどうか?唯一の日本人マシ・オカ君も、さっさと殺される役
そう言えば「パシフィック・リム2」菊池涼子さんも、さっさと殺されたね。

約2百万年前までき存在したとされるメガロドンに私は非常に興味を抱き
この映画はとても期待していたのですが・・・
余計な人間関係、追い込まれた時の余計なジョークがいらない。
もっと、メガロドンにスポットをあてて欲しかった作品です。

対メガロドンとの闘いも船で行い、毒をつけた銛をシャークケージでって?
「ジョーズ」と同じじゃん、センスないなぁ・・そう言えば、海水浴場シーン
の水着も皆さんセンスないなぁ

     

投稿者:敦煌投稿日:2018-09-08 18:05:00
捕鯨船に魚雷を撃ちこんでいた元妻シーシェパードも、
メグを殺すことには賛成なのか。偽善者め。
「人間より動物の命のほうが大切よ」とか主張して、
食われてしまえばよかったのに。

中国資本の映画なのにマシ・オカ君が中国人設定でないのが
最初は不思議だったが、なるほど殺され役だから日本人設定で
いいのだということですね。
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2018-09-08 14:53:15
【ネタバレ注意】

ザ・デプス

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION