allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

英国総督 最後の家(2017)

VICEROY'S HOUSE

メディア映画
上映時間106分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(キノフィルムズ)
初公開年月2018/08/11
ジャンルドラマ
映倫G
二つの国が生まれる時――

英国領インド最後の6か月、真実の物語
英国総督 最後の家 [DVD]
参考価格:¥ 4,212
価格:¥ 4,212
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:グリンダ・チャーダ
製作:ディーパック・ナヤール
グリンダ・チャーダ
ポール・マエダ・バージェス
製作総指揮:キャメロン・マクラッケン
クリスティーン・ランガン
ナターシャ・ワートン
ティム・オシェイ
シバシシュ・サルカール
原作:ラリー・コリンズ
ドミニク・ラピエール
ナレンドラ・シン・サリラ
脚本:ポール・マエダ・バージェス
グリンダ・チャーダ
モイラ・バフィーニ
撮影:ベン・スミサード
プロダクションデ
ザイン:
ローレンス・ドーマン
衣装デザイン:キース・マッデン
編集:ヴィクトリア・ボイデル
ヴァレリオ・ボネッリ
音楽:A・R・ラフマーン
出演:ヒュー・ボネヴィルマウントバッテン卿
ジリアン・アンダーソンエドウィナ・マウントバッテン
マニーシュ・ダヤールジート・クマール
フーマ・クレシーアーリア
マイケル・ガンボンヘイスティングス・イズメイ
タンヴィール・ガーニジャワーハルラール・ネルー
オム・プリアーリアの父
ニーラジ・カビマハートマー・ガンディー
サイモン・キャロウシリル・ラドクリフ
デヴィッド・ヘイマンエワート
デンジル・スミスムハンマド・アリー・ジンナー
リリー・トラヴァーズパメラ・マウントバッテン
ジャズ・ディオールドゥリープ
【解説】
 第二次世界大戦後、イギリスの植民地だったインドが、インドとパキスタンという2つの国に分離して独立するまでの激動の日々を、最後の総督となったマウントバッテン卿とその家族の視点から描いた歴史ヒューマン・ドラマ。主演は「パディントン」、TV「ダウントン・アビー」のヒュー・ボネヴィル。共演にジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤール、フーマ・クレシー、マイケル・ガンボン。監督は「ベッカムに恋して」「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日」のグリンダ・チャーダ。
 1947年、植民地インドの統治権の返還を決めたイギリスは、主権委譲の任に当たる最後の総督としてマウントバッテン卿を送り込む。こうして妻エドウィナと娘パメラを連れ立って、首都デリーの総督官邸へとやって来たマウントバッテン卿。そこは500人もの使用人が仕える想像を絶する大邸宅だった。さっそく関係者を招いて独立へ向けた話し合いが行われるが、統一インドとしての独立を望む多数派のヒンドゥー教徒と、分離してパキスタンの建国を目指すイスラム教徒のムスリム連盟との対立は激しさを増していく。そんな中、新総督のもとで働くヒンドゥー教徒の青年ジートはイスラム教徒の娘アーリアとの愛を育んでいくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノリック007投稿日:2018-08-12 12:26:41

「歴史は勝者によって記される」の言葉で始まるこの映画は難解です。

歴史は、1つのインド植民地をインドとパキスタンに分離して独立させる
ということです。

勝者は、英国チャーチル首相です。

どう記されたのかは、インド人とパキスタン人が分離独立を望み、
マウントバッテン卿がインドとパキスタンに分離して独立させ、
英国は認めただけで、インドとパキスタンに分離独立には関与せず。
分離独立前後の大虐殺や混乱やその後には無関係で、インドも
パキスタンも英国連邦の構成国家となり、英国の名誉を守ったと
いうことです。

この映画には、勝者によって記された歴史だけでなく、歴史の裏側を
描いているところに鑑賞する価値があります。

英国チャーチル首相が、植民地としてではないが、統一インドという
大国を望まず、統一インドを分割し、相互対立させてインドとパキスタン
に影響力を行使できるようにしました。

英国チャーチル首相は、ムスリム連盟を率いるジンナーとパキスタン建国
するという密約を交わし、統一インドを実現させず、ナチス・ドイツへの
宣戦布告に支持をさせ、パキスタンを独立させても、パキスタンが英国政府
を頼らざる得ないように、国境線を決定しました。

ヒマラヤ西部のカシミール地方の帰属問題は、統治していたハマラジャは
ヒンドゥー教で、住民はイスラム教ということで、ハマラジャが決定する
として先送りされ、現在まで続いています。
インドとパキスタンは、カシミール地方の帰属問題で1947〜49年、
1959〜62年、1965〜66年、1971年に戦争を行いました。

インドとパキスタンは、核実験を行い、核保有国となっています。

1941年12月に英国軍と日本軍との間に開戦した後は、マウントバッテン卿は
東南アジア地域連合軍総司令官に就任し、ビルマの戦いなどで日本軍との戦いの
総指揮を執ったものの、日本軍に敗北し、インド洋からイギリス海軍艦隊が一時的
に撤退するに至りました。
その後、日本軍はビルマから敗走しました。

1960年2月21日、マウントバッテン卿の妻エドウィナは、病死しました。

1979年8月27日、英国政府にとって不都合な歴史の真相を知っている
マウントバッテン卿だけでなく孫までも、アイルランド共和軍(IRA)
がヨットのエンジンに仕掛けた爆弾により、爆殺されました。

マウントバッテン卿の娘パトリシアは、伯爵位を襲爵し、2017年6月13日に
死亡しました。

勝者(英国、米国、中国、ロシア)の思惑により、翻弄されるインドとパキスタン
の歴史を知ることのできる良い映画です。

日本も独立しましたが、勝者(英国、米国、中国、ロシア)の思惑により、
翻弄されている現状を痛感しました。http://www.geocities.jp/internetshow2000/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】英国総督 最後の家2019/03/02\3,900amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】英国総督 最後の家2019/03/02
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION