allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

GODZILLA 星を喰う者(2018)

メディア映画 Anime
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝映像事業部)
初公開年月2018/11/09
ジャンルSF/アクション
映倫G
その<黄金>は<絶望>すら焼き尽くす

GODZILLA 星を喰う者

(C)2018 TOHO CO., LTD.


 Photos

【クレジット】
監督:静野孔文
瀬下寛之
アニメーション制
作:
ポリゴン・ピクチュアズ
脚本:虚淵玄
(ニトロプラス)
ストーリー原案:虚淵玄
(ニトロプラス)
キャラクターデザ
イン原案:
コザキユースケ
CGキャラクターデ
ザイン:
森山佑樹
プロダクションデ
ザイン:
田中直哉
フェルディナンド・パトゥリ
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山哲
音楽:服部隆之
副監督:吉平“Tady”直弘
安藤裕章
造形監督:片塰満則
声の出演:宮野真守ハルオ・サカキ
櫻井孝宏メトフィエス
花澤香菜ユウコ・タニ
杉田智和マーティン・ラッザリ
梶裕貴アダム・ビンデバルト
諏訪部順一ムルエル・ガルグ
三宅健太リルエル・ベルベ
堀内賢雄ウンベルト・モーリ
中井和哉ハルエル・ドルド
山路和弘エンダルフ
上田麗奈マイナ
小澤亜李ミアナ
小野大輔エリオット・リーランド
早見沙織ハルカ・サカキ
鈴村健一アキラ・サカキ
【解説】
 「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画として、虚淵玄によるストーリー原案・脚本、ポリゴン・ピクチュアズのアニメーション制作で贈るSFアクション3部作の完結編。主人公ハルオがゴジラへの強い復讐心と人として為すべきことの狭間で葛藤を深める中、人類最後の希望“メカゴジラシティ”すらも焼き尽くした“ゴジラ・アース”と高次元怪獣“ギドラ”との壮絶な激突が描かれていく。監督は引き続き「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と「亜人」「BLAME!」の瀬下寛之。
 ゴジラ討伐に執念を燃やすハルオだったが、“ゴジラ・アース”打倒で共闘していたはずの異星人種族ビルサルドとの亀裂が表面化、“ゴジラ・アース”撃退の唯一のチャンスを逃してしまう。人間たちに敗北感が広がる一方、宗教種族エクシフの大司教メトフィエスは、ハルオが戦いを生き延びたことは“奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。やがて地上の覇者となった“ゴジラ・アース”の前に金色に光り輝く怪獣“ギドラ”が降臨、破壊王と虚空の神による異次元の戦いが始まろうとしていた。
<allcinema>
【関連作品】
GODZILLA 怪獣惑星(2017)第1章
GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018)第2章
GODZILLA 星を喰う者(2018)第3章
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:AKURO投稿日:2018-12-05 22:56:10
【ネタバレ注意】

3部作を最後まで見た感想としては、
斜め上に突き抜けて異世界に着地したという感じでしょうか(^_^;)
ハルオの最後の決断・行動もある意味感動的で、
ストーリーはきっちり閉じて完結しました。

今回のパンフレットの対談のところに書いてありましたが、
「ありきたりの怪獣バトルものにしない」ことが
最初からの大前提だったそうで、
ほぼすべての伏線を回収し切ったと思われる脚本の緻密さを
含めて特殊な世界観を描き切ったという意味では、
志を貫いた作品だったといえるかと思います。
興業的には大爆死なのかもしれませんが、
駄作と決め付けるのもどうかと思われます。

振り返ってみると、第1作は人間の闘い、
第2作はビルサルドの闘い、第3作はエクシフの闘いと明確に分かれ、
単純にストーリーを三分割したのではなく、
各作品にそれぞれの趣がありました。

ゴジラとギドラのバトルは、ネットではかなり評判が悪いですが、
画面としては非常な迫力がありました。
多くの人が期待したバトルではなかったのでしょうが、
これはこれで、見たことのない闘いだったと思います。

また、3作目のストーリーはエクシフの宗教観が前面に出ますので
何か落ち着かない気持ちになってくるのですが、
決してエクシフの思想を共感できるものとして
描いているわけではないのでしょう。
ハルオに拒絶されて死んでいくメトフィエスさんは
やはり人間とは相いれない異質な存在であったと思います。

それにしても、
メトフィエスさんはやはりやらかしてくれる人でしたね(^_^;)
メトフィエスさんの思惑通りにならないようにするためとはいえ、
この徹底した科学文明否定はいったい何なんでしょうか。
この思想が映画のメッセージとして込められたものなのか、
鑑賞後はちょっと考え込んでしまいました(*´Д`)
まあ、考えても意味のないことだとは思いますが・・・。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION