allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

いつも月夜に米の飯(2018)

メディア映画
上映時間104分
製作国日本
公開情報劇場公開(SPOTTED PRODUCTIONS)
初公開年月2018/09/08
ジャンルドラマ
映倫PG12
わたしの人生は、
炊きたてごはんみたいに
あったかくて、塩引鮭よりも
ばかしょっぱい。

いつも月夜に米の飯

(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会


 Photos

【解説】
 「おんなのこきらい」の加藤綾佳監督が「最低。」の山田愛奈を主演に迎え、新潟県で撮り上げた青春家族ドラマ。新潟県の小料理屋を舞台に、奔放な母へのわだかまりを抱えた女子高生の葛藤と成長を綴る。共演は和田聰宏、高橋由美子。母と離れて東京で暮らしていた女子高生の千代里は、新潟で小料理屋を営む母が失踪したとの報せを受ける。千代里が戻ってみると、店には一人残された料理人の男アサダがいた。渋々ながらも母に代わってアサダを手伝い、店を続けていく千代里だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION