allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エンジェル、見えない恋人(2016)

MON ANGE
ANGEL

メディア映画
上映時間79分
製作国ベルギー
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月2018/10/13
ジャンルロマンス/ファンタジー
映倫PG12
ふたりにだけ、
見える愛がある――

2018年10月13日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

エンジェル、見えない恋人

(C)2016 Mon Ange, All Rights Reserved.


 Photos

【解説】
 「トト・ザ・ヒーロー」「神様メール」のジャコ・ヴァン・ドルマルが製作を務めた異色のファンタジック・ラブストーリー。母親だけにしか見えない少年と盲目の少女が織りなす切なくもピュアな恋模様を美しくも幻想的な筆致で綴る。主演は本作が本格的女優デビューとなるフルール・ジェフリエ。監督は俳優としても活躍し、監督としては本作が長編3作目のハリー・クレフェン。
 マジシャンの恋人が謎の失踪を遂げ、心を病んでしまったルイーズは閉ざされた施設に入居し、やがてそこで男の子を出産する。しかしエンジェルと名付けられたその少年は、誰にも見えない透明人間だった。ルイーズの愛情を一身に受けて育っていくエンジェルはある日、近所の屋敷に住む盲目の少女マドレーヌと出会う。マドレーヌにはエンジェルの姿は見えなくても、その存在を感じることができた。孤独だった2人はすぐに仲良くなり、互いに恋心を抱くようになっていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-10-29 10:37:14
【ネタバレ注意】

予告編だけ観ていると「小さな恋のメロディ」のファンタジー版かと思えたが、中盤以降は一気に官能的な色彩が濃くなる。
台詞はみな囁くようなフランス語。
子ども時代のハンナ・ブードロー、少女時代のマヤ・ドリー、そして成熟した女性を演じたフルール・ジフリエ、マドレーヌ役の三人が違和感なく“盲いた美少女(美女)”を演じている。赫燿たるその髪、吸い込まれそうな蒼い瞳、真っ白な肌…。
母親から「私の天使=モナンジュ(Mon Angel)」と呼ばれる息子と、目の見えない少女のロマンスなのだが、姿が見えない故に自由に?彼女の姿を窃視出来てしまう彼は果たして「天使」だろうか(笑)。昔からもし透明人間になったら、という設定のAVが数多くあるけれど、一歩間違えるとそちらに堕してしまいそうな設定。
しかしこの作品は徹頭徹尾そうした劣情を排し、美しい映像で大人のラブ・ファンタジーに昇華している。
「目に見える」という当たり前の感覚に根ざした「映画」を用いて、「見えない愛」をファンタスティックに描いているせいか、客席には若い女性の姿が目立った。
とにかく映像が美しい。
白人の美少女って、アップで見るとそばかすのような斑点が気になっちゃうんだけど…。
それにしても「透明人間」を扱ったものは数多くあるけれど、いっつも不思議に思うのは、主役は季節を問わず裸なの?とか、ものを食べたらそれも透明になるのはヘンじゃない?とか、どうでもいいことばかり。汚れちまった大人は、なかなか素直になれないのだとさ。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION