allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017)

TULIP FEVER

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2018/10/06
ジャンルドラマ/歴史劇/ロマンス
映倫R15+
花に狂い、愛に狂う

17世紀オランダ。人々を魅了する希少な品種のチューリップ――
その球根一つの値段は邸宅一軒分にまで高騰し、史上最古のバブル“チューリップバブル”を巻き起こしていた

2018年10月6日(土)新宿バルト9他、全国ロードショー

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

(c)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


 Photos

【解説】
 デボラ・モガーの世界的ベストセラーを「エクス・マキナ」「リリーのすべて」のアリシア・ヴィカンダー主演で映画化。チューリップ・バブルが過熱する17世紀のオランダを舞台に、豪商のもとに嫁いだ若妻と、その肖像画を依頼された若き貧乏画家の禁断の愛の行方を描く。共演はデイン・デハーン、ジュディ・デンチ、クリストフ・ヴァルツ。監督は「ブーリン家の姉妹」「マンデラ 自由への長い道」のジャスティン・チャドウィック。
 経済的な栄華を極める17世紀のオランダ、アムステルダム。人々はチューリップに熱狂し、球根一つが邸宅一軒にも相当するほど投機熱が過熱していた。孤児として修道院で育ったソフィアは、美しい女性となり、豪商のコルネリス・サンツフォールトのもとに嫁いだ。何よりも跡継ぎを産むことを期待されていたソフィアは、コルネリスと子作りに励むだけの愛のない結婚生活を送っていた。そんな中、コルネリスはソフィアとの肖像画を描かせるために、将来を嘱望されている若手画家ヤン・ファン・ロースを雇うのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:敦煌投稿日:2018-11-01 22:02:14
室内シーンの画作りはまさにフェルメールやデ・ホーホの風俗画のよう。
ストーリーはといえばシェークスピアふうの思惑違いと勘違いの連続。
人間の汚い面を見せる者もいるのだが、とことん悪い奴もいなければ、
決定的に不幸になる登場人物もいないわけだね。
女主人をこき使える立場になった女中が、結局遊んでいられずに自分で
タイル磨きを始めてしまう場面なんて、勤勉な日本人の苦笑を誘いそう?
魚屋の男気あふれるキャラ造形も好感度高し。
こちらのカップルを主役にしても良作が撮れたんじゃないか?
投稿者:カール犬投稿日:2018-10-25 19:52:04
【ネタバレ注意】

欧州三大バブル。オランダのチューリップ投機の狂乱ぶり。
それがどんなものだったのかを観たかったんだけど、
人妻の不倫恋模様の方が狂い咲きしてた。

ここまでやるとは人としてどうなんだか。

修道院育ちの清楚なヒロインが裕福な年上の商人に娶られ跡継ぎを望まれる。
でも肖像画のために若い貧乏画家が家に来た瞬間 恋の花咲くこともあるよね。

その後のヒロインのその場しのぎのような倫理感の欠如ぶりは
無謀な投機に熱中するチューリップギャンブラーと同じように危険な状態
、、ってことなんだろうけど
はっきり言ってチューリップの先物取引より無茶苦茶だな。

襞襟の衣装が素敵なクリストフ・ヴァルツこれが案外優しい旦那なんだよね。
商人としての仕事もちゃんとやっている。
チューリップ投機は破綻すると見極める目も持っている。
先妻の死やヒロインをお金と引き替えに修道院から引き取ったことに
良心の呵責も感じている。跡継ぎも欲しいから老体に鞭打って頑張ってるよ。

なのに若い男に恋もした不妊のプレッシャーにも耐えかねたって嫁さんから
こんな仕打ちをされる謂れはないよ。

チューリップ栽培で儲ける修道院とか運河沿いの港町の賑わいとか、
そういうセットは良かったし当時の風俗も良く出来ていたと思うけど、
ストーリーは脇であるメイドの恋とかそちらの一途さの方に安定感があった。

そしてやはり美しいチューリップをたくさん見たかったな。
富の証明でもあるヒロインの持つオレンジのチューリップ、
修道院の白とちょっとブレイクしたのでは足りない感じ。

でも取引されるのは球根だし、しかも先物だから実態なし(笑)

当時の高額な球根食べちゃいましたってネタはやはり鉄板なんだろうけど
人生の大事な詰めをこんなのに任せるとか大アホ・・


で、映画の帰りにチューリップの球根買って植えてみましたとさ。
そのくらいチューリップが足りてない気持ちだったので、、自分で補填。

投稿者:ノリック007投稿日:2018-10-21 08:10:15
アリシア・ヴィキャンデルのヌードに期待する男性には、
日本未公開ですが「フィフス・エステート/世界から狙われた男」
もお勧めします。
2011年9月2日、米国外交公電ウィキリークス流出事件で、外交公電
全25万通が公開されましたが、日米間の 外交公電は公開されたの
でしょか?

チューリップ・フィーバーは、オランダが東インド会社の交易により、
400%もの利益を上げ、市中にお金がありあまり、1593年頃から
チューリップの球根にお金が流れ込み、新品種に対しては高貴な品種名
が付けられ、チューリップの球根が高騰し、現物取引だけでなく、
先物取引も行われ、空売りも行われ、空売り禁止もされ、強化されま
したが、チューリップの球根の人気と価格は上がりましたが、1637年に
チューリップの球根の価格暴落し、終わりました。
これが、世界最古のバブルと呼ばれています。
その後も、チューリップは品種改良を重ね、人々を楽しませてくれて
います。

世界中で、日本でもバルブは繰り返されています。
チューリップの球根の代わりに「土地」、「住宅」、「リゾートマンション」、
「仮想通貨」で繰り返されています。
人間に欲がある限り繰り返されると思います。

人生もバブルみたいなものです。
人は生まれ、育ち、喜怒哀楽と色々あり、死んで逝きます。
私も弾けてもいいですから、一度はバブルに乗ってみたいと思います。
男性なら、人生を賭けてもアリシア・ヴィキャンデルと寝てみたいと
思います。http://www.geocities.jp/internetshow2000/
投稿者:ローランド投稿日:2018-10-09 09:08:33
  この監督作品の『ブーリン家の姉妹』が格調高いとさえ言えるほどに視覚的に良いものがあったし、今作も物語性としては大したことはなさそうな気はしたがスチール写真などから視覚的な快楽は得ることができるものと久々の劇場観賞に赴いたのだけど、貿易で潤う港町アムステルダムの活気あふれ混沌と喧騒が渦巻く情景描写などそのてんは期待違わずと言えるものはあります。  でも、この時間内でチューリップバブル景気と恋物語を並行させ絡み合わせてまとめる脚本はたいへんだったのだろうけど、物語としては粗っぽさがあり完成度にはかなりの物足りなさがある。   

  なんたって女の浅知恵としか言えないような場当たり的な計画があまりにも非現実的で、最後は潔いが暢気で間抜けな夫を演じるクリストフ・ヴァルツが爐蕕靴瓩覆無駄遣いとさえ思えるくらいだし、ジュデ・ディンチ演ずる修道院長の腕力行使場面は無理っぽいし、それにエンディングも、これでは修道院を舞台にまた一騒動起こりそうとの気がするものだしと、いまひとつ脚本の練り方が不足していたのではないかと思わせるところが多々見受けられます。   

  話としては知っているチューリップを投機の対象とした喧騒に、時代が時代とはいえよくこんなものに入れあげたものだとの思いがするのだけど、いま現在も暇にまかせて株式掲示板を眺めていると脳軟化症初期症状を漂わせながら醜態をさらしているような人間が見受けられるし、いつの時代もこういうことに惹きつけられるのが人間の性(さが)かもしれない。 リッチマンになりたくて努力したのが宝くじを買い続けることだったと、こういう人生とどっちが良かろうかということなんだろうけどね。
【レンタル】
 【DVD】チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛2019/03/02
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION