allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

それだけが、僕の世界(2018)

KEYS TO THE HEART

メディア映画
上映時間120分
製作国韓国
公開情報劇場公開(ツイン)
初公開年月2018/12/28
ジャンルドラマ
映倫G
それだけが、僕の世界 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,703
USED価格:¥ 4,080
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 イ・ビョンホンがひょんなことから存在すら知らなかったサヴァン症候群の弟と徐々に心を通わせていく落ちぶれた元プロボクサーを演じる感動の家族ドラマ。共演はパク・ジョンミン、ユン・ヨジョン。監督は「王の涙 イ・サンの決断」の脚本を手がけ、本作が初監督作となるチェ・ソンヒョン。
 かつては東洋チャンピオンにも輝いた元プロボクサーのジョハ。中年になった今はすっかり落ちぶれて、ネットカフェに寝泊まりするその日暮らしの日々。そんなある日、母親のインスクと17年ぶりに偶然再会する。すっかり年老いた母から一緒に暮らそうと頼まれたジョハは、過去のわだかまりを抱えつつも、食と住にありつけるならと、この提案を受け入れる。こうしてインスクの家にやって来たジョハは、そこにいた少年ジンテが弟だと知らされる。サヴァン症候群で母なしでは生きていけないジンテだったが、ピアノの才能に恵まれていた。そこで母に懇願されたジョハは、ジンテがピアノコンクールに出場できるよう面倒を見ることになるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-18 11:46:07
【ネタバレ注意】

一見ありがちな家族のストーリーだが、見方を変えるとこの物語に登場する人物はみな「何か」を失った者たちだ。
イ・ビョンホン演じる元ボクサーの40歳の無職キム・ジョハは「家族」を失っている。DV夫から母親が逃げ出し、中学生の頃から一人で生きてきたからだ。
母ジュ・インスク(ユン・ヨジョン)は逆の形で「家族」を失っている。
その存在を知らなかった年の離れた弟オ・ジンテ(パク・ジョンミン)は自閉症で、平均的な知力を失っている。ただサヴァン症候群とである彼は、ことピアノの演奏に関しては超人的な能力を有しているのだが。
そしてジンテの才能に導かれる元ピアニストのハン・ガユル(ハン・ジミン)は、飲酒運転の車に轢かれ右脚を失っている。
これら「失われた何か」を取り戻すのがこの物語の核心となる。
そのきっかけを作るのが弟ジンテのピアノだろうということは読めるのだが、それでも演奏シーンの描写が素晴らしく、ぐっと胸に込み上げてくるものがある。

…といった予備知識はゼロで、駆け込みで観たのは上映最終日。
このところどちらかというと貫禄のある役が多かったイ・ビョンホンは、その役柄の振り幅が大きいことから“カメレオン俳優”の異名をとるが、まるでこの役が彼の持ち味であるかのような自然体の演技。
若手の有望株パク・ジョンミンは、「ネー(はい)」ばかり繰り返す自閉症の若者を巧く演じる。三か月にわたってピアノの特訓を受けたそうだけど、その演奏シーンは迫力たっぷり。
韓国では障がい者が、ごく普通に登場してくる。この映画でも、オ・ジンテによるコミカルなやりとりが面白くて何度も笑わされた。

このところ韓国映画では、骨太な近現代を舞台にした傑作を観ることの多かったが、こうした心温まる作品も見事に作り上げるのが韓国映画の奥深いところだ。脚本もまったくムダな説明がなく、脚本だけでなく初めてメガホンをとったチェ・ソンヒョンの監督としての手腕も素晴らしい。
ピアニストを演じたハン・ジミン、こんな役がやっぱり似合うなあ。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】それだけが、僕の世界2019/04/24\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】それだけが、僕の世界レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION