allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

斬、(2018)

KILLING

メディア映画
上映時間80分
製作国日本
公開情報劇場公開(新日本映画会社)
初公開年月2018/11/24
ジャンル時代劇
映倫PG12
なぜ人は
人を
斬るのか

2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

斬、

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


 Photos

【クレジット】
監督:塚本晋也
製作:塚本晋也
脚本:塚本晋也
撮影:塚本晋也
林啓史
美術:遠藤剛
衣裳:宮本まさ江
編集:塚本晋也
音楽:石川忠
サウンド:北田雅也
殺陣:辻井啓伺
時代考証:大石学
助監督:林啓史
出演:池松壮亮都築杢之進
蒼井優ゆう
中村達也源田瀬左衛門
前田隆成市助
塚本晋也澤村次郎左衛門
【解説】
 「鉄男」「野火」の塚本晋也監督が初の時代劇に挑んだ作品。江戸末期を舞台に、人を斬ることに疑問を持つようになってしまった若い浪人の葛藤を通して、暴力の本質に鋭く迫っていく。主演は「愛の渦」「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の池松壮亮、共演に蒼井優、中村達也、前田隆成。また塚本監督もメインキャラクターの一人として出演し、迫力の殺陣を披露している。
 開国か否かで大きく揺れる江戸時代末期。若い侍・杢之進は喰うために藩を離れ、農村で農家の手伝いをして糊口を凌いでいた。武士としての本分を果たしたいと思いながらも、隣人のゆうやその弟・市助らと穏やかな日々を送る杢之進。そんなある日、剣の達人である澤村が村にやって来る。仲間を集めて京都の動乱への参戦を目論む澤村に腕を見込まれ、一緒に行こうと誘われる杢之進だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-06 23:17:16
【ネタバレ注意】

このところ立て続けに問題作を突きつける塚本晋也監督。前作『野火』とは大きく異なる時代劇に見えて、実は問題意識は通底している。
泰平の世に剣の技はあるが、人を斬れない若き武士と、平気で斬ることができる剣の達人の老武士。
斬れば斬られる。殺ったら殺り返される。その永遠に終わらない連鎖。

池松壮亮、塚本晋也、蒼井優が主要な役を演じているが、登場人物が少ないこともあり、一人一人の密度が濃い。あたかも舞台劇のような味わいだ。
人を斬れない若き剣豪という難しい都築杢之進役に池松壮亮が全力で取り組み、蒼井優が深みのある演技。演技者としても優れている塚本晋也監督は、目の据わった老武士を見事に演じ切っている。
緑濃い中での殺陣はどこか塚本監督の『野火』に通じるように思えた。
杢之進がゆうを窃視して自慰をするような場面は必要なのかという気もするが、それは「殺す」に対置する「生=性」を表現したかったのだろう。蒼井優が池松の指を口に含むシーンはなかなか官能的だ。
そしてラストの壮絶な斬り合い。
相手を斬り殺すことだけが目的であるとして、そこに何の大義があろうか。

ただ、全体に台詞回しが時代劇というより現代劇風だったのが残念。敢えてそうしたのかとも思えたが、個人的にはやはり時代劇風にやりとりして欲しかった気がする。

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2018-12-13 22:47:35
 強い炎のイメージと刀鍛冶の画面から始まり、強烈な音の映画であることを宣言する。殺陣シーンもそのカタチ以上に音が印象に残る。
 カメラワークは、まず冒頭、田圃の畦での池松壮亮−杢之進と前田隆成−市助との太刀練習で、むやみに動き回り、ズーミングも使いまくるので、とても危惧したのだが、その後落ち着いたのでホッとする。しかし、墓所での果し合いの場面あたりから、ポン寄り(カット・ズームイン)、ポン引き(カット・ズームアウト)が目立ち始め、中盤以降、ほぼ半分のカットでこれをやっているんじゃないかと思うぐらいになる。例えば、塚本晋也の澤村が、百姓家の引き戸を開けて表へ出てきたニーショットの次に、少し寄ったバストショットを繋ぐ(このとき、時間は途切れず継続している前提)、というようなカッティングがこれでもか、と見られるのだ。多分、デジタルの世界になり、容易にできるようになったのだろうが、この技法って、こゝぞ、という時に使うから良い(カッコいい、あるいは意味がある)のであって、むやみに使うと、節操がない(何も考えてないんじゃないか)と思えてしまうのだ。大林宣彦『花筐/HANAGATAMI』ほど、神経症的な使い方ではない(さりげない使い方)とは云え、私はかなり気になった。

 さて、池松壮亮、蒼井優、塚本晋也、この主要キャストの造型は見応えがある。それぞれ、少々類型的な感もするが(苦悩する剣士、近現代的女性像、島田勘兵衛的リーダ)、皆激しく強いキャラだ。特に蒼井の台詞、所作(竹とんぼのシーンだとか)には現代的過ぎて違和感を覚える部分もあるが、そもそも彼女がラストまで、ほとんど全ての現場に顔を出すのが良く、彼女のショットがラストカットであることを考えてみても、蒼井優の扱いこそ、本作の肝だということだろう。ラストのラストで、いきなり日が陰り、ローキーとなる。そして悲痛な叫び声(という音)。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION