allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

七つの会議(2018)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2019/02/01
ジャンルミステリー/ドラマ
映倫G
正義を、語れ。

2019年2月1日 全国東宝系にてロードショー

七つの会議

(c)2019映画「七つの会議」製作委員会


 Photos

【クレジット】
監督:福澤克雄
原作:池井戸潤
脚本:丑尾健太郎
李正美
音楽:服部隆之
主題歌:ボブ・ディラン
『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』
出演:野村萬斎八角民夫
香川照之北川誠
及川光博原島万二
片岡愛之助坂戸宣彦
音尾琢真三沢逸郎
藤森慎吾新田雄介
朝倉あき浜本優衣
岡田浩暉佐野健一郎
木下ほうか田部
吉田羊淑子
土屋太鳳三沢奈々子
小泉孝太郎奈倉翔平
溝端淳平星野
春風亭昇太飯山孝実
立川談春江木恒彦
勝村政信加茂田久司
世良公則村西京助
鹿賀丈史梨田元就
橋爪功宮野和広
北大路欣也徳山郁夫
【解説】
 人気作家・池井戸潤のベストセラー企業小説を主演の野村萬斎はじめ香川照之、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也ら実力派キャストの豪華共演で映画化したエンタテインメント・ミステリー。中堅メーカーを舞台に、ひとつのパワハラ騒動を巡る不可解な人事が発端となり、会社の暗部が徐々に浮かび上がっていくさまをスリリングに描く。監督は同じ池井戸潤原作のヒット・ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などを手掛けた福澤克雄。
 都内にある中堅メーカーの東京建電。定例の営業会議では営業部長・北川の激しい檄が飛び、厳しい叱責にみなが震え上がる中、のんきにイビキをかいている万年係長のぐうたら社員・八角民夫。そんな彼が年下のエリート課長・坂戸をパワハラで社内委員会に訴えた。すると委員会が下した裁定は意外にも左遷という厳しいものだった。北川の信頼も厚いエースへの思いがけない処分に、社員たちの間に動揺が広がる。そんな中、新課長に着任した原島は、一連の不可解な人事の裏に何があったのか、その真相を探り始めるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-03-04 12:34:20
【ネタバレ注意】

池井戸潤作品の映画化ということで、例の如くサラリーマンを主人公にした勧善懲悪ものか、と思っていたが、意外や意外、登場人物ひとりひとりの視点から企業で起きている不正を見るという作りで、あたかもオムニバス映画のよう。
企業が舞台だから登場人物も多い。主人公八角民夫(野村萬斎)と八角と同期で部長になった北川誠(香川照之)、もひとつ冴えない営業一課長原島万二(及川光博)に、パワハラで左遷される坂戸宣彦(片岡愛之助)、ねじ六経営者三沢逸郎(音尾琢真)に、経理の新田雄介(藤森慎吾)、紅一点原島の部下の浜本優衣(朝倉あき)などなど。
物語の展開はともかく、とにかくこの作品は「顔芸」で見せているようなもの。
香川照之はもちろん、野村萬斎も鹿賀丈史も顔芸するする。あまり顔芸が得意ではなさそうな片岡愛之助や橋爪功はともかく、このやり過ぎ感が福澤克維演出の真骨頂といえるかも。
企業から不正は決してなくならない、というのは真理である。
不正は企業理念や目標が曖昧になった時に出てきやすい。わかりやすいのは「売上」「ノルマの達成」だ。しかし経営者が理念なき売上増に走ると、従業員はそんな経営者の姿勢をよく見ているから、その方向に一気に勢いがついてしまう。その結果、本来目指していたものがおざなりになり、近視眼的な目先の利益に血道を上げることになってしまう。無理を続けていれば、従業員は「無理しているんだからこのくらいいいだろう」と私的流用等にも走りかねない。上から下まで不正まみれ、そんな企業は実は意外に多いのではないか。
コンプライアンス(法令遵守)がいわれて久しいが、企業を私物化し、無責任体制を作るのがこの国はとにかく好きらしい。そりゃそうだ。国家さえも私物化し、無責任体制となって久しい。国民は政府を見習っているだけなのだ…。
それはともかく、意外に面白い「企業エンターテインメント」に仕上がっていたと思う。
一説には、公開中は昼間サラリーマン風(営業?)の観客が多いとのこと(笑)。

投稿者:しげるの素投稿日:2019-03-03 00:54:36
出演者の多くが「半沢直樹」や「下町ロケット」に出演経験のあるメンバーで固めているから、内容は「半沢直樹」と「下町ロケット」を合わせたようで話の流れはある程度読めるけど、テンポよく話が進むから退屈はせずに面白くは観れましたね。
特に香川照之が「半沢直樹」の大和田役とダブる役どころで笑わせてはくれたな。
それに後半の御前会議が「半沢直樹」の取締役会議のシーンとダブっちゃうんだよね。
あと御前会議だけど会長の徳山って社内では天皇みたいにそんなに偉いんでしょうか?
とにかく観終わった後にはドーナツを食べたくはなりますね。
投稿者:ringoringo投稿日:2019-02-13 07:49:36
【ネタバレ注意】

オーバーな表情の演技がちょっと気にはなりますが、まぁ良かったです…
NHKのドラマも観たいです!

【サウンド】
『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』
歌 :ボブ・ディラン
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION