allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

鈴木家の嘘(2018)

メディア映画
上映時間133分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹ブロードキャスティング=ビターズ・エンド)
初公開年月2018/11/16
ジャンルコメディ/ドラマ
映倫PG12
嘘も方便。

2018年11月16日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

鈴木家の嘘

(c)松竹ブロードキャスティング


 Photos

【クレジット】
監督:野尻克己
製作:井田寛
エグゼクティブプ
ロデューサー:
深田誠剛
プロデューサー:近藤貴彦
企画・プロデュー
ス:
小野仁史
脚本:野尻克己
撮影:中尾正人
美術:渡辺大智
塚根潤
衣裳:小里幸子
編集:早野亮
キャスティング:山田恵理子
音響効果:吉田優貴
音楽:明星/Akeboshi
主題歌:明星/Akeboshi
『点と線』
VFXスーパーバ
イザー:
田中貴志
ヘアメイク:豊川京子
照明:秋山恵二郎
録音:小川武
助監督:小南敏也
出演:岸部一徳鈴木幸男
原日出子鈴木悠子
木竜麻生鈴木富美
加瀬亮鈴木浩一
吉本菜穂子日比野さつき
宇野祥平北別府
山岸門人ソープランド『男爵』店長・佐古
川面千晶米山
島田桃依
金子岳憲
政岡泰志
岸本加世子鈴木君子
大森南朋吉野博
【解説】
 長男の突然の死がショックで記憶喪失になった母のため、彼はアルゼンチンで働いているという嘘を家族ぐるみでつき通す一家の再生物語をユーモラスに描いたヒューマン・コメディ。松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第6弾。出演は岸部一徳、原日出子、木竜麻生、加瀬亮。監督はこれまで助監督として活躍してきた野尻克己。本作が記念すべき長編映画監督デビューとなる。
 鈴木家の長男で長年引きこもり生活を送っていた浩一が、ある日突然自らこの世を去った。母の悠子はショックのあまり意識を失ってしまう。四十九日ぶりに目を覚ました悠子は、浩一が亡くなったことを覚えておらず、娘の富美はとっさに“お兄ちゃんはアルゼンチンでおじさんの仕事を手伝っている”と嘘をつく。父の幸男もこの嘘に乗っかり、親戚たちも巻き込んで必死にアリバイ作りにいそしむ鈴木家の面々だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION