allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パウロ 愛と赦しの物語(2018)

PAUL, APOSTLE OF CHRIST

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2018/11/03
ジャンルドラマ
映倫G
人間に自由をもたらすのは、
武力か? 愛か?

ネロ迫害下のローマの獄中から、
非暴力の愛を叫び続けた男。
その名はパウロ――。

パウロ 愛と赦しの物語

(C)


 Photos
パウロ 愛と赦しの物語

【解説】
 「パッション」のジム・カヴィーゼル主演で贈る宗教ドラマ。最初はキリスト教徒を迫害していたが後に回心したキリストの使徒パウロの物語を、彼の言葉を記録し続けた医者ルカの目を通して描き出す。共演はジェームズ・フォークナー、オリヴィエ・マルティネス。監督は日本初紹介となるアンドリュー・ハイアット。紀元67年、ローマ。皇帝ネロは、街を襲った大火の原因はキリスト教徒による放火と決めつけ、首謀者としてパウロを逮捕する。獄中のパウロを医者ルカが訪ねる。かつて回心したパウロの言葉こそ、今の世界に必要だと、その一言一句を書き記していくルカ。ネロによるキリスト教徒への迫害が激しさを増す中、暴力で対抗しようとする信徒たちに、愛で戦うことを説くパウロだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:浄瑠璃2投稿日:2018-11-13 17:14:09
【ネタバレ注意】

信者ではありませんがキリスト教マニアゆえに鑑賞。福音書にもとづくイエス伝と比べてパウロの生涯は不明点が多い。それをローマ獄中、使徒行伝執筆者ルカが訪ねた数日間にしぼった切り口で成功している。内容はごくオーソドックス。イエス伝ならユダやマグダラのマリアの造形で主張できるが本編はさもありなんという描き方。それでもステパノ、アナニヤとイエス伝には出ないキャラが生身で登場して満足。足りないのは「唯一神」と「神の愛」でローマ諸神に対抗する肝心の神学部分が弱い。パウロこそローマ書の著者であり、最初にして最大のキリスト教神学者なのだから、ここを深めることはできただろう(でも退屈かも)。ところどころセリフでルカ福音書、使徒行伝から引用してるんだから、もっとパウロの神学を展開してほしかった。続編としては19世紀ルナンの「反キリスト」を参考にネロと黙示録の時代を描いてほしいな。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION