allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018)

BILLIONAIRE BOYS CLUB

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(プレシディオ)
初公開年月2018/11/10
ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ
映倫PG12
スマートに、駆け抜けろ

2018年11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

ビリオネア・ボーイズ・クラブ

(C)2017, BB Club, LLC. All rights reserved.


 Photos
ビリオネア・ボーイズ・クラブ

【解説】
 「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートと「キングスマン」のタロン・エガートンの初共演で贈る実録クライム・ドラマ。1980年代に実在した投資社交クラブを舞台に起きた詐欺・殺人事件の内幕を描く。共演はケヴィン・スペイシー、エマ・ロバーツ。監督は「ワンダーランド」のジェームズ・コックス。なお2017年に発覚したスキャンダルにより事実上の芸能界引退に追い込まれたケヴィン・スペイシーにとっては、本作が最後の出演作となった。
 1983年、ロサンジェルス。金融の専門家ジョーは高校の同級生ディーンと偶然再会し、ある儲け話を持ちかける。意気投合した2人は金持ちの友人たちから集めた1万ドルを元手に投資グループ“ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)”を立ち上げる。BBCの評判はたちまち上流階級の間に広まり、大口の資金がどんどん集まってくる。そしてついには、ウォール街でも名を馳せた敏腕トレーダーのロンからも投資の申し出を受けるジョーとディーンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION