allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナチス第三の男(2017)

HHhH

メディア映画
上映時間120分
製作国フランス/イギリス/ベルギー
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2019/01/25
ジャンルサスペンス/戦争/アクション
映倫R15+
なぜヒトラーでも
ヒムラーでもなく、
彼だったのか?

史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画。誰も知らない真実の物語。

ナチス第三の男

(C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.


 Photos

【解説】
 ナチス幹部ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画“エンスラポイド作戦”を描いたローラン・ビネのベストセラー『HHhH プラハ、1942年』を映画化した戦争サスペンス。ヒトラー、ヒムラーに次ぐ実力者としてナチス党内からも恐れられた男ハイドリヒ台頭の道のりと、英国政府とチェコスロバキア亡命政府によって立案・実行された暗殺計画の行方をスリリングに描き出す。出演はジェイソン・クラーク、ロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ。監督は「マルセイユ・コネクション」のセドリック・ヒメネス。
 ヒトラー率いるナチス党が躍進する中、海軍を不名誉除隊させられたラインハルト・ハイドリヒ。婚約者でナチ党信奉者のリナに励まされ、ナチス党親衛隊(SS)指導者ハインリヒ・ヒムラーに自分を売り込み、ナチ党に入党するや出世街道を突き進む。そしていつしかSSでヒムラーに次ぐ実力者となっていく。やがてハイドリヒがチェコの統治に乗り出すと、危機感を募らせた英国政府とチェコスロバキア亡命政府は、ハイドリヒ暗殺計画、コードネーム“エンスラポイド(類人猿)作戦”を立案、ヤン・クビシュ、ヨゼフ・ガブチークらチェコスロバキア亡命軍の若者を選抜し、チェコ領内へと送り込むのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-30 12:39:28
【ネタバレ注意】

ひとつの作品としては少々雑な印象がぬぐえなかった。
前半では「金髪の野獣」「死刑執行人」と呼ばれるようになるラインハルト・ハイドリヒ(ジェイソン・クラーク)が、妻になる貴族階級出身のリナ・フォン・オステン(ロザムンド・パイク)に影響を受け、女性問題で海軍を不名誉除隊になった恨みも重なってナチス党内で権力をもって国家保安本部長官、保護領(チェコ)の副総督になるまでを描く。
彼は600万人にのぼるユダヤ人虐殺をめぐり「ユダヤ人問題の最終的解決」を提唱した人物でもあるが、この作品では少々頭の悪い冷酷な男として描かれるばかりで、彼の内側の挫折感や激しい嫉妬、ヒトラーとの共通点等はさほど浮き彫りになっていない。

そして後半、突然カメラはハイドリヒ暗殺を企てるチェコの地下組織に切り替わる。
英国政府とチェコスロバキア亡命政府は、英国に亡命したチェコスロバキア軍人ヤン・クビシュ(ジャック・オコンネル)、ヨゼフ・ガブチーク(ジャック・レイナー)を送り込む。ヤンは協力者の女性アンナ・ノヴァーク(ミア・ワシコウスカ)と恋に落ちるが、暗殺計画実行の日1942年5月27日が近づいてくる…。

この後半だけを切り取った作品が、キリアン・マーフィらが出演した2016年のショーン・エリス監督『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(チェコ、英、仏)だ。しかしながらS・エリス監督作品が、7人の若者がハイドリヒ暗殺に挑んだ史実に基づき、教会で700人を相手に6時間篭城したという実話を中心にしているのに対して、この作品ではその辺が弱いといわざるを得ない。ナチスはハイドリヒ暗殺の報復として、市民5000人を虐殺したということも伝わらない(暗殺者の出身の村が殲滅されたエピソードは出てくるが)。
この映画の原作、ローラン・ビネの小説『HHhH プラハ、1942年』の出版が2010年だから、S・エリス監督も恐らく参考にしたと考えられるのだけど。、
ハイドリヒと、レジスタンスの若者たちが対比されながら描かれるならともかく、前半と後半が完全に分断されているので、余計雑な印象が残るのだ。
30代でナチス党幹部に昇りつめたラインハルト・ハイドリヒ(1904〜42)とは何者だったのか。単に軽薄で冷酷な出世欲の塊だったのか。それ以上はこの作品からは何も伝わってこなかったが、異常な男として描くばかりではナチスの本質に迫れないのではないだろうか。
(ちなみに原作の「HHhH」は「Himmlers Hirn heiβt Heydrich (ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)」の頭文字だそうだ)

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION