allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アジア三面鏡2018:Journey(2018)

メディア映画
上映時間83分
製作国日本
公開情報劇場公開(マーメイド・フィルム)
初公開年月2018/11/09
映倫PG12

第31回東京国際映画祭にてプレミア上映。東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマ、名古屋・ミッドランドスクエアシネマにて、2018年11月9日(金)〜11月15日(木)一週間限定ロードショー。

アジア三面鏡2018:Journey

(C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved.


 Photos
アジア三面鏡2018:Journeyアジア三面鏡2018:Journeyアジア三面鏡2018:Journeyアジア三面鏡2018:Journey

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Longisland投稿日:2018-11-03 23:32:45
アジアの気鋭監督3名のオムニバス。 制作は国際映画基金アジアセンターと東京国際映画祭で本作で2作目。 先ずは継続していることを評価したい。

実力を評価された監督が、制作費も潤沢、(撮影期間は知らないが)制作期間もたっぷりと恵まれた?環境下で制作された作品。
「海」デグナー監督 、「碧朱」松永大司監督、「第三の変数」エドウィン監督
松永監督作品を見たくて東京国際映画祭最終日へ
鉄道開発でミャンマー駐在の商社マンが、「開発ってなんなんだろう? 」「現地の人々ためになるのか?」と禁断の疑問を持ってしまう。 と同時に、日本に残した彼女に現地衣装ロンジー?仕立てるも…… そこの女の子にチョットおちょっかいだしたいな〜 と思ったんだか?
一歩間違うと生々しくなりそう?も優等生的な映画になってます。 30分によくまとまった秀作。

あとの2本は?といえば……
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION