allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

メアリーの総て(2017)

MARY SHELLEY

メディア映画
上映時間121分
製作国イギリス/ルクセンブルク/アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ)
初公開年月2018/12/15
ジャンルドラマ/伝記
映倫PG12
「フランケンシュタイン」の著者。メアリー・シェリー、18歳。

「不幸」に抱かれ、
「死」に口づけられ、
世紀の傑作を産んだ。

メアリーの総て

(c)Parallel Films(Storm)Limited / Juliette Films SA / Parallel(Storm)Limited / The British Film Institute 2017


 Photos

【解説】
 「マレフィセント」「ネオン・デーモン」のエル・ファニングがわずか18歳で『フランケンシュタイン』を書き上げた女流作家メアリー・シェリーを演じる伝記映画。19世紀のイギリスで、なぜ若い女性が恐ろしい“怪物”の物語を書くことが出来たのか、その傑作誕生に秘められた彼女の波乱の人生を、差別や偏見に立ち向かった一人の女性の物語として描き出す。共演はダグラス・ブース、ベル・パウリー、トム・スターリッジ。監督は「少女は自転車にのって」の女性監督ハイファ・アル=マンスール。
 19世紀、イギリス。高名な思想家で小説家のウィリアム・ゴドウィンを父に持ち、自身も小説家を夢見るメアリー。父の再婚相手の連れ子クレアとは本当の姉妹のように仲良かったが、継母とは折り合いが悪く、見かねた父によって友人の家へと預けられる。メアリーはそこで、異端の天才詩人と噂されるパーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれ合った2人は、たちまち激しい恋に落ちるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-06 22:53:32
人造人間やアンドロイド、人は生命の創造をずっと夢見てきた。そして嚆矢となった作品こそが1818年に発表された『フランケンシュタイン』であることは間違いない。ただ、その作者メアリー・シェリーが18歳にしてこの作品を書き上げたというのは知らなかった。
この作品はそのメアリーが「フランケンシュタイン」を世に送り出すまでを描いているが、メアリー役のエル・ファニングが撮影当時十代とは思えない熱演。著名な若き詩人パーシー・ビッシュ・シェリーとの熱愛、裏切り、子どもを亡くす悲劇…様々な背景が積み重なり、メアリーが書き上げたのが「怪物フランケンシュタイン」だった。「フランケンシュタイン」の物語のベースにあるのは、生まれてきたことへの悔悟であり、自らへの呪いである。
それはメアリー自身の半生の中にあったことがよく伝わる。
監督のハイファ・アル=マンスールは、サウジアラビア出身の新進女性監督だが、19世紀初頭のロンドンを見事に再現し、メアリーの存在を浮き上がらせている。夫パーシーやバイロン卿は自由と無責任を履き違えた男たちに描かれ、なかなか手厳しい。まあ実際そうだったんだろうけど。
いずれにせよエル・ファニングの存在感が見事。面白く観た。
投稿者:mototencho投稿日:2018-12-29 17:20:50
フランケンシュタイン誕生秘話を描く、小粒で贅沢な史劇的コスプレ。エル・ファニングが引っ張っていくんだよなぁ。http://mototencho.web.fc2.com/2018/maryshel.html
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION