allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2017)

MANDY

メディア映画
上映時間121分
製作国ベルギー
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2018/11/10
ジャンルアクション/サスペンス/ホラー
映倫R15+

2018年11月10日(土)より新宿シネマカリテ他にてロードショー

マンディ 地獄のロード・ウォリアー

(c)2017 Mandy Films, LTD. All Rights Reserved


 Photos

【解説】
 ニコラス・ケイジが狂気の復讐鬼を演じる衝撃のバイオレンス・アクション。妻を惨殺された男の壮絶な復讐劇がユニークな世界観で描かれていく。監督は「ランボー/怒りの脱出」「コブラ」などで知られるジョルジ・パン・コスマトスを父に持ち、本作が長編2作目のパノス・コスマトス。人里離れた静かな土地で愛する女性マンディと穏やかな日々を送っていたレッド。しかし謎のカルト集団に目をつけられ、マンディはレッドの目の前で惨殺されてしまう。怒り狂ったレッドは、オリジナルの武器を手に、壮絶な復讐を開始するのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2018-11-12 00:26:39
1カット1カット気合いの入った悪夢的な映像の数々、陰鬱なムード、不気味に鳴り響く音楽、マッドマックスのような尖ったキャラクター、時々挿入されるアニメーション、、どれもがあいまって唯一無二の世界観を作り上げている。

序盤はずっといや〜〜なムードだったが、ニコラス・ケイジの復讐のターンになると意図的だろうがちょっとB級臭に笑ってしまう。
だが、そこは箸休めになっていて良い。
そして怒涛の復讐劇はあれよあれよとクライマックスへ。
あんまりスッキリはしないのは陰鬱なムードのせいだが、それでも最高だった。
投稿者:saint_etienne_heaven投稿日:2018-10-30 11:25:36
【ネタバレ注意】

ニコラス・ケイジの新たな代表作。トイレで叫ぶ場面は腹筋壊れた。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION