allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

未来を乗り換えた男(2018)

TRANSIT

メディア映画
上映時間102分
製作国ドイツ/フランス
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月2019/01/12
ジャンルドラマ/サスペンス/SF
映倫G

2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

未来を乗り換えた男

(c)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema


 Photos

【解説】
 ナチス・ドイツの迫害を逃れてメキシコに亡命した作家アンナ・ゼーガースが1942年に執筆した『トランジット』を、「東ベルリンから来た女」「あの日のように抱きしめて」のクリスティアン・ペッツォルト監督が現代に置き換えて映画化したサスペンス・ドラマ。台頭するファシズムの中で祖国ドイツを追われた男が、南仏マルセイユで繰り広げるサバイバルの行方を、偶然出会ったミステリアスな美女との皮肉な運命とともにサスペンスフルに描き出す。主演は「ハッピーエンド」のフランツ・ロゴフスキ、共演に「婚約者の友人」のパウラ・ベーア。
 フランス南部の港町マルセイユ。祖国ドイツを追われた青年ゲオルクは、ドイツ軍が迫るパリからも脱出し、ようやくここに辿り着く。ひょんなことから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルのトランクを預かったゲオルクは、遺品の書類を利用して彼に成りすまし、船でメキシコへ亡命する計画を立てていた。そんな時、必死で夫を捜す美しい女性と出会い、心奪われる。しかし彼女の夫こそ、亡くなったヴァイデルだったのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-16 14:51:18
【ネタバレ注意】

ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れ、マルセイユに辿り着いた元レジスタンスの青年ゲオルク(フランツ・ロゴフスキ)。自殺した亡命作家ヴァイデルになりすました彼は、夫を捜し続けるヴァイデルの妻マリー(バウラ・ベーア)に心を奪われ、船でメキシコに脱出しようとするが…。
ドイツ人作家アンナ・ゼーガース(1900〜83)が1942年亡命先のマルセイユで執筆した小説『TRNSIT(トランジット)』をパラレルワールドとしての現代に舞台を移した作品。ナチスの迫害を逃れようとするユダヤ人の問題と、現代の難民を重ね合わせたクリスティアン・ペッツォルト監督の野心作ということだが、状況が実はわかりにくい。まずドイツ人のゲオルクが何故パリにいるかがよくわからない。ナチスによるフランス掃討作戦が近づいているというが、予備知識として「ナチスがフランスに攻めている状況」「舞台は現代」といったものが頭に入っていないと恐らくストーリーについていけないだろう。しかも舞台は現代といいながら、登場人物たちは携帯電話もパソコンも持ち合わせていない。時代設定が恣意的なのだが、それならそれでもう少し背景を説明してもらわないと。
物語としてはシンプルだ。亡命作家と間違えられた男が、自殺した作家の妻と恋に落ちる。だが、妻はかつて捨てたはずの夫を捜し続けていて、ついに男は真実を伝えられない。妻をメキシコ行きの船に乗せることはできるが男はマルセイユに残るが、その船に悲劇が…というストーリー。
マリーを演じたバウラ・ベーアは1995年生まれとは思えない円熟味を感じさせる演技。夫を捜し続けながら、ゲオルクと恋に落ちる女というのは理解しがたいキャラクターだが、何度も夫と間違えるくらいだ、ゲオルクには夫の面影が重なるのだろう。彼女が演じると無理を感じさせないから不思議だ。
舞台を現代風にしたのはわかるが、さりとて難民問題が前面に出てくるわけではない。そういう意味で、ペッツォルト監督の意欲は認めるものの、やや中途半端な仕上がりになってしまった気がする。
とはいえ、ゲオルクとは何者か、という哲学的な問いは印象的だ。
彼はドイツ人であり、時に作家ヴァイデルであり、ヴァイデルの妻の恋人である。そして彼は何者か。
「捨てられた者と捨てた者、どちらが先に忘れる?」と繰り返し尋ねるマリーの台詞も印象深い。
捨てた夫を忘れられない自分、自分に捨てられて忘れてしまったのか姿を現さない夫。
ただ、その男女の関係と、背景の時代性が必ずしも重ならなかったところが惜しい。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION