allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜明け(2018)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(マジックアワー)
初公開年月2019/01/18
ジャンルドラマ
映倫G
夜明け (特装限定版) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,480
価格:¥ 4,816
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:広瀬奈々子
製作:川城和実
中江康人
宮崎伸夫
プロデューサー:西川朝子
伊藤太一
企画プロデューサ
ー:
北原栄治
脚本:広瀬奈々子
撮影:高野大樹
美術:仲前智治
徐賢先
衣裳:小林身和子
編集:菊池智美
音楽:タラ・ジェーン・オニール
ヘアメイク:知野香那子
照明:山本浩資
録音:小宮元
助監督:木ノ本豪
出演:柳楽優弥シンイチ/芦沢光
YOUNG DAIS庄司大介
鈴木常吉米山源太
堀内敬子成田宏美
芹川藍
高木美嘉
清水葉月
竹井亮介
飯田芳
岩崎う大
小林薫涌井哲郎
【解説】
 秘密を抱えて何かから逃げてきた青年と、そんな彼を温かく迎え入れた息子を亡くした中年男との交流を描いたヒューマン・ドラマ。主演は「誰も知らない」「ディストラクション・ベイビーズ」の柳楽優弥と「深夜食堂」「夏の終り」の小林薫。監督は新人の広瀬奈々子。木工所を営む哲郎はある朝、河原で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。やがて回復した青年が“シンイチ”と名乗った瞬間、わずかに動揺する哲郎。それは、哲郎の亡くなった息子の名前でもあった。どこにも行くあてのないシンイチは、哲郎の好意でそのまま彼の家に住み着き、木工所で働き始めるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-01-23 11:41:22
【ネタバレ注意】

信頼できる知り合いの映画好きがこぞって絶賛していたので、期待が大きかったのだけれど…。
千葉県の片田舎で木工所を営む涌井哲郎(小林薫)は、水際で倒れている若い男(柳楽優弥)を見つけ、自宅で介抱する。「ヨシダシンイチ」と名乗る男を、哲郎は理由もさほど聞かず家におき、木工所で働かせ始める。哲郎は八年前息子「真一」と妻を交通事故で喪っていた。その息子の部屋を男に与えた哲郎。従業員の庄司大介(YOUNG DAIS)、米山源太(鈴木常吉)、哲郎の恋人成田宏美(堀内敬子)とも少しずつ打ち解けていく男だったが…という話。
青年が本当は「芦沢光」という名で、過去に何か後ろ暗いものを抱えている、というのは冒頭から示されている。だとすれば、彼が何をしたのか、それがどうやってバレていくのか、そしてそのことが関係にどう影響していくのか、というのがこの映画でいうと期待されるポイントだろう。
しかし、この映画でそこはポイントではないのだ。
息子に勝手に木工所の跡継ぎの希望を託した父親は、偶然現れた男に勝手に息子の姿を見出し、勝手にまた跡継ぎの希望を託そうとする。男はかつて働いていたレストランで、パワハラ店主の事故を予測しながら何もせず、その結果店主を死なせた過去を持つ。男の親は息子の心配より先に説教が出てしまうタイプ。
この作品で暗示されるのは、哲郎(小林薫)が息子にしたのと同じように男をじわじわとがんじがらめにしていこうとする点、そして負の感情をため込みやすい男(柳楽優弥)が、やはり家族と同じように疑似家族に違和感を抱く点。
つまり父子ごっこをしたところで、結局二人は同じ轍を踏んでしまうのだ。それが二時間かけた映画の到達点なのか…。

哲郎と男が「疑似父子」になるのは、湯たんぽや肩もみ、そして男が息子の写真を見て茶髪にするシーンなどでわかりやすく表現される。しかし、哲郎を裏切る男の内面がもうひとつ描き切れていない、と私は感じた。さっさと出ていけばいいのに、気を持たせるだけ持たせて、哲郎の晴れの場でブチ切れる男に共感は抱けない。そしてそこで哲郎に本名である「光!」と呼ばせるシーンも私には理解できない。いや、哲郎にとって男は「真一」でしかないだろう。どうしてそこで本名を呼べるのだ?
そんなわけでどんでん返しを期待して最後まで観たけれど、どんでん返しがないのがどんでん返し?みたいな印象だった。
小林薫の役も、柳楽優弥の役も、何の成長も感じられない。海まで走って夜明けを迎えて、男はいったい何を思ったのだろう。

柳楽優弥は頑張っているが、先に観たNHKドラマ『母、帰る〜AIの遺言』(2019年1月5日OA)と役柄がダブってしまった。このドラマも疑似父子の話だったし。小林薫は安定した演技。鈴木常吉も飄々としていい。
雰囲気は嫌いではないが、個人的にはしっくり来なかった。せっかくのデビュー作なのだから、個人的には是枝監督や西川監督とは毛色の異なる作品にチャレンジしてほしかったなというのが正直な感想。低予算の日本映画でありがちな“内向き”映画はよほど力量がないと逆に成功は難しい、と個人的には思うのだが。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】夜明け 特装限定版2019/09/04\6,000amazon.co.jpへ
 【DVD】夜明け2019/09/04\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION