allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

めんたいぴりり(2018)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
初公開年月2019/01/18
ジャンルドラマ/コメディ/伝記
映倫G

2019年1月11日 福岡先行ロードショー、1月18日 新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

めんたいぴりり

(C)2019「めんたいぴりり」製作委員会


 Photos

【解説】
 日本で初めて辛子明太子の製造・販売を手掛けた博多の“ふくや”創業者・川原俊夫の物語を、ドラマ化、舞台化に続き映画化した人情伝記ストーリー。主演はドラマ版同様、博多華丸、富田靖子。監督も同じく江口カン。昭和30年代の福岡。中洲の一角で小さな食料品店“ふくのや”を営む海野俊之は、明太子づくりに汗を流していた。戦前、日本の統治下だった韓国の釜山で生まれ育った俊之は、当時の思い出の味“明卵漬(ミョンランジョ)”をヒントに明太子を開発するも、なかなか納得いく味にならず苦悩する日々だったが…。
<allcinema>
【関連作品】
めんたいぴりり(2013)第1作
めんたいぴりり2(2015)第2作
めんたいぴりり(2018)映画版
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:笠勝利投稿日:2019-01-25 12:14:42
福岡県民が胸熱くしてのぼせるに違いない一編。眼球むき出しの華丸に博多弁で怒声をがなる富田靖子、美脚をさらしながら自転車をこぐ大吉には笑った。『神様、仏様、稲尾様』が高田延彦とはご愛敬。いずれにしても低予算ながら作り手の思いがきちんと伝わって微笑ましい。昭和50年代半ばまで辛子明太子は高級品だった。だから食卓に出て来た時の喜びは忘れられない。未だにご飯のお供NO.1。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION