allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウトヤ島、7月22日(2018)

UTOYA 22. JULI
UTOYA: JULY 22

メディア映画
上映時間97分
製作国ノルウェー
公開情報劇場公開(東京テアトル)
初公開年月2019/03/08
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫G
衝撃の72分間、ワンカット。

【解説】
 2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起きた戦慄の無差別乱射テロ事件を映画化した実録サスペンス・ドラマ。たった一人の極右の青年によって69人の若者が犠牲になった悪夢の惨劇を、標的となったサマーキャンプに参加していた一人の少女の視点から、ワンカットによる臨場感あふれる映像で描き出す。監督は「おやすみなさいを言いたくて」「ヒトラーに屈しなかった国王」のエリック・ポッペ。
 2011年7月22日、ウトヤ島でノルウェー労働党青年部のサマーキャンプが行われていた。そこでは政治に関心のある数百人の若者たちが思い思いに国の未来について語り合っていた。そんな中、首都オスロの政府庁舎前で爆破テロ事件が発生したとのニュースが飛び込んでくる。妹と一緒に参加していた少女カヤも、不安を感じながらもオスロから40キロ離れたウトヤ島とは関係ない出来事と考えていた。ところが突然、銃声が鳴り響き、人々がパニックに陥る。カヤも何が起こったのかわからないまま、仲間たちと森へ逃げ込む。やがて鳴り止まない銃声に恐怖を覚えながらも、離ればなれとなった妹を必死で捜し始めるカヤだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
7月22日(2018)同一事件
ウトヤ島、7月22日(2018)同一事件
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-03-22 14:26:15
【ネタバレ注意】

2019年3月15日、ニュージーランドのクライストチャーチのモスクで無差別銃撃事件が発生し、50人が死亡した(19年3月22日現在)。この事件の一報を耳にした時、真っ先に頭に浮かべたのが2011年のノルウェーで発生し、70人以上が殺害された無差別銃撃事件だった。
こうした事件について「テロ」と表現していいかわからない。テロなら何らかの政治的意図を持った暴力だが、こうした事件の背景にあるのは、政治的意図というよりは単なる人間性を欠如した憎悪の暴力「ヘイトクライム」に過ぎないからだ。いってみれば「ひとりよがりの戦争」だ。
さて、この作品の舞台となっているウトヤ島は、ノルウェーの首都オスロの北西にある湖に浮かぶ小さな島だ。
ウィキペディアによると、この島はノルウェー労働党の青年組織 (AUF) が所有し、キャンプ地として利用されてきたらしい。
2011年7月22日、オスロの政府庁舎を爆破した過激な右派思想の持ち主だった32歳のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクが警察官の制服を着て島に上陸し、爆破テロ捜査を口実にキャンプ参加者を整列させてから銃を乱射したという。犠牲者は青少年たちだった。

映画では犯人の姿は後半、崖の上から発砲する姿がちらりと映されるだけで、あとは主人公の少女カヤ(アンドレア・バーンツェン)が銃声と悲鳴が響く森や岸辺を逃げ惑う姿をリアルタイムで追うだけだ。
全編ワンカットで構成したのは冒険だが、カメラはカヤの視点となり、観る者は一緒に逃げ惑っているような感覚に襲われる。
いったい何が起きているのかわからない。誰が何の目的でそんなことをするのか。その恐怖は想像を絶する。
途中で背中を撃たれ、倒れている少女にカヤは出くわす。
彼女は「そばにいて」とカヤに懇願するのだが、抱き起すと背中に花が開いたような悲惨な大きな銃痕が露わになる。少女は絶命するのだが、その時、カヤの腕に一匹の蚊がとまり、カメラはその蚊をアップしていく。
生きている。そんなことを実感させるワンカットだ。

ただこの作品は生存者の証言に基づいているとはいえ、フィクションである。生存者は心的外傷に今も苦しんでいるという。そんな惨劇を敢えて映画化する必要があるのか、という問いが生まれる。
これに対してエリック・ポッペは会見で「時期尚早なのでは?」と尋ねられた時、同席していた事件の生存者が自ら「時期尚早どころか、遅すぎるのではないかと思っている」と答えたエピソードを挙げ、さらに「ネットで横行してきたヘイトスピーチを見過ごしてきた結果、それらは政治の世界にも浸透している。ウトヤ島の事件も、そのようなヘイトスピーチに扇動された、たった1人の男によって引き起こされた。憎悪に満ちた言葉はやがてこういった大惨事を招くのだということを、この映画で描きたかった」と語っている。「ウトヤ島で起こった事件だけを描いたつもりはなく、これは世界中で横行している過激思想への警鐘」なのだと(「映画ナタリー」https://natalie.mu/eiga/news/318181より)。
確かにヘイトクライムは世界で拡大と凶悪化の一途を辿っている。
ヘイトスピーチを放置することによって、自らを英雄視する凶悪犯罪が発生し得るということ。それを知らしめるという点にこそ、惨事を敢えて映像化した意味があるといえるかも知れない。
奴らは多文化共生や他民族の存在が許されないらしい。思考するだけなら勝手にどうぞ、だが、排除行動は絶対に許さないという市民の側の覚悟も必要だ。

投稿者:ノリック007投稿日:2019-03-09 10:36:27
2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロとオスロから40km離れたウトヤ島
での連続テロ事件の事実を基にしている、フィクション映画です。
ノルウェーの首都のオスロ政府庁舎を爆破したことで、8人が死亡しました。
ウトヤ島での乱射したことで、69人が死亡しました。
テロ事件の動機は、移民政策への反対です。
ウトヤ島では、労働党青年部の恒例のサマーキャンプが行われていました。
労働党は、移民に対して寛容な政策を掲げていたので、狙われたということです。
ウトヤ島から対岸までは、500mの距離があります。

日本に例えるなら、首相官邸と江ノ島で起きたテロ事件という感じです。

犯人は、ほとんど、映っていません。
犯人が人を射殺するシーンもありません。
爆発音、そして銃声音で、恐怖を伝えるという映画です。
映倫区分は,[G]なので誰でも鑑賞できます。
この事件に興味のない人が鑑賞しても、意味はないと思います。
私は、この事件に興味があったので、鑑賞しました。
ウトヤ島での乱射事件を体験できるような映画の作り方は良いです。
お勧めできる映画ではないのですが、ヨーロッパの背景を理解したいと思う人
だけにお勧めします。

犯人の極右思想を持つキリスト教原理主義者のアンネシュ・ブレイビク
(当時32歳)は、爆弾の原材料である爆薬と化学肥料を購入するために、
鉱山会社と農場を購入しています。
犯人は、ウトヤ島で使用した拳銃と自動式ライフル銃と大量の弾丸を合法的に
入手しています。
犯人は、この連続テロを用意周到に計画し、準備しています。
まず、ノルウェーの首都のオスロ政府庁舎を爆破し、警察関係者を陽動し、初動
を遅らせたと感じました。
次に、ウトヤ島に渡り、警察官の制服を着て、爆破テロの捜査を口実に、人を
従わせ、次々と射殺しました。
犯人は、警察に電話し、投降し、逮捕されました。

中東、アフリカでの戦争で難民が生まれ、ヨーロッパで移民として生きています。
ヨーロッパで、この難民や移民を巡り、対立が起きています。
英国が、EUから分離するのも難民の流入を防ぐことが目的です。

今後、日本は、外国人労働者を増やすようです。
特定の技能や経験を必要としない単純労働は、外国人労働者のおかげで、
仕事は奪われ、賃金が下がり、不満に思う日本人は増えると思います。
専門的・技術的分野において活躍する熟練労働者は、高い賃金を得て、
不満に思う日本人は増えると思います。
外国人労働者は、日本での労働に不満を持つ人は増えると思います。
行き場のない不満を持つ労働者は、バイトテロ等を起こしても不思議は
ありません。
労働者は、賃金を支払えば何も言わずに働く機械ではありません。

パンフレットには、ウトヤ島の地図があり、解説はありませんが、
カヤ達がいた場所は、何となくわかります。
犯人が上陸したであろう桟橋からは、最も離れた場所です。
https://echelonkiller.web.fc2.com/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 撮影賞マルティン・オッテルベック 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION