allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

金子文子と朴烈(パクヨル)(2017)

ANARCHIST FROM COLONY

朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(第13回大阪アジアン映画祭)

メディア映画
上映時間129分
製作国韓国
公開情報劇場公開(太秦)
初公開年月2019/02/16
ジャンルドラマ/ロマンス/伝記
映倫PG12
朴と共に死ねるなら、
私は満足しよう――

【クレジット】
監督:イ・ジュンイク
脚本:ファン・ソング
撮影:パク・ソンジュ
音楽:パン・ジュンソク
出演:イ・ジェフン朴烈(パクヨル)
チェ・ヒソ金子文子
キム・インウ水野錬太郎
山野内扶布施辰治
キム・ジュンハン立松懐清
金守珍牧野菊之助
【解説】
 「王の運命―歴史を変えた八日間―」「空と風と星の詩人 〜尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯〜」のイ・ジュンイク監督が大正期の日本を舞台に、実在の無政府主義者、朴烈(パク・ヨル)と金子文子の鮮烈な愛と青春を描いた伝記ロマンス。関東大震災の混乱の中で日本政府によってスケープゴートにされた2人が、弾圧に屈することなく、獄中でも互いの愛と信念を貫き、国家権力に敢然と立ち向かう気高き生き様を見つめる。主演は「建築学概論」のイ・ジェフンと本作の演技で数々の賞に輝いた新鋭チェ・ヒソ。
 1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、“犬ころ”という詩に心を奪われ、作者である朝鮮人アナキストの朴烈に出会うや、同棲を提案、同志として恋人として一緒に行動を共にしていく。しかしやがて、関東大震災が発生し社会が大混乱に陥る中、内務大臣・水野錬太郎の主導にもとで、2人は他の朝鮮人や社会主義者らとともに検挙される。それでも朴烈と文子の意志は揺るがず、死刑さえも恐れることなく歴史的裁判へと身を投じていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-02-18 13:21:04
【ネタバレ注意】

大正期、資本家と労働階級の格差は拡大の一途をたどり、1920年代さまざまな社会運動が広がる。
労働者、農業者、社会主義、無政府主義…そうしたマグマが噴出していた1923年の東京がこの作品の舞台だ。
有楽町の「社会主義おでん屋」で働く金子文子(チェ・ヒソ)は、「犬ころ」という詩を書いた朴烈(イ・ジェフン)と一緒に暮らすことを決め「不逞社」が結成された。
そこへ関東大震災が東京を襲う…。
瀬々敬久監督『菊とギロチン』(2018年)で描かれたのとほぼ同じ時代。関東大震災による人心の不安を抑えるため、内務大臣・水野錬太郎(キム・インウ)らは、朝鮮人や社会主義者らを無差別に捕らえ、朴烈もまた治安警察法の予防検束を口実に文子とともに逮捕される。逮捕容疑はいい加減であったが、朴烈自らが皇太子暗殺計画について供述したため、大逆罪で告発され、1926年3月には死刑判決が言い渡された(翌月、恩赦で無期懲役に減刑)。自らの死によって民衆の結束が図られることを期待していた朴烈は恩赦に怒る。
帝国主義に対する民衆の連帯がポジティブに描かれたこの作品は、文子を演じたチェ・ヒソの明るい演技もあって、どこか突き抜けた明るさを持ち合わせている。その背景には映画には登場しないが、1919年3月1日の独立運動「三・一運動」と、それに対する日本側の弾圧にあった(朝鮮側資料では7,500人以上が死亡し、4万6千人が逮捕されたという)。
踏みにじられた朴烈が、自らを「犬ころ」と自嘲的に詩にしたのも、そうした時代背景に基づいており、子どもの頃から不遇をかこった文子がそこに共鳴したのも必然であった。
チェ・ヒソや取調官立花懐清を演じたキム・ジュンハンの日本語はほぼ完璧。わずか100年足らず前の状況は、第二次大戦の敗戦で改善されたはずだったが、今また権力はあらゆる手を使って民衆の自由を奪おうとしている。それは恐らくどの国でも同じだ。権力側は「犬ころ」が「犬ころ」であると自覚しないよう、巧みに敵を作り、そこに責任を転嫁する。
どの国に属しているかは関係ない。自らの判断で決定することが無政府主義者の根本であるとするなら、朴烈や金子文子が理想とした社会のありようも荒唐無稽とばかりはいえないだろう。
こうした時代をもう一度見直すこともまた、現在を見つめるヒントになる。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION