allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リヴァプール、最後の恋(2017)

FILM STARS DON'T DIE IN LIVERPOOL

メディア映画
上映時間105分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(キノフィルムズ)
初公開年月2019/03/30
ジャンルドラマ/ロマンス/伝記
映倫G
美しく生きた、
美しく演じた。

2019年3月30日(土)新宿武蔵野館、YEBISUGARDENCINEMAほか全国ロードショー

リヴァプール、最後の恋

(c)2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.


 Photos

【解説】
 「アメリカン・ビューティー」「キッズ・オールライト」のアネット・ベニングが、「悪人と美女」でアカデミー助演女優賞に輝いた往年のハリウッド女優グロリア・グレアムを演じる伝記ラブストーリー。駆け出しの舞台俳優ピーター・ターナーと大女優グロリア・グレアムの知られざる恋を、ピーター自ら綴った回顧録をもとに映画化。ピーター役は「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル。共演にジュリー・ウォルターズ、スティーヴン・グレアム、ヴァネッサ・レッドグレーヴ。監督はTV「SHERLOCK(シャーロック)」のポール・マクギガン。
 1981年9月29日、ピーター・ターナーはかつての恋人グロリア・グレアムが英国ランカスターのホテルで倒れたとの知らせを受け、彼女のもとへと駆けつける。病状を明かさないグロリアを心配しつつも、リヴァプールに行きたいと懇願する彼女をリヴァプールの実家へと連れて行き療養させることに。ピーターの家族との再会を喜び、リヴァプールを懐かしむグロリアの姿に、彼女と楽しく過ごした日々を思い出すピーター。駆け出しの舞台俳優だった26歳のピーターは、グロリアとロンドンで出会い歳の差を越えて恋に落ちる。しかしピーターは彼女が往年の大女優であることを全く知らなかったのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-04-10 13:06:08
【ネタバレ注意】

アカデミー賞助演女優賞を受賞(1952年『悪人と美女』)したグロリア・グレアム(1923〜81)と、20歳以上年下のピーター・ターナーのラブストーリー。アネット・ベニングがグロリアを、ジェイミー・ベルがピーターを演じた。
落ち目の往年の大女優と駆け出しの役者。予告編で観た通りと言ってしまうとそれまでなのだけど。
年寄り扱いされることを何より嫌う彼女は、『ロミオとジュリエット』のジュリエットを演じたいとまでいう身の程知らず(笑)。

アネット・ベニングは熱演だが、実年齢より随分老けて見えたなあ。首筋の皺は隠しようがないし、痛々しくもあり。
しかし彼女はいつまでも若々しくいたかったのだろう。それに応じる若き役者の卵のグロリアに対する愛情がいつどうして生まれたのかが結局最後までわからず仕舞い。いつの間にか恋愛関係に陥るのだけれど、年齢差のある恋愛はいろいろ障害もつきもので。
何故突然彼女がピーターに冷たくしたか、という謎解きもあまりにみえみえで、意外性はなし。全体に悪い話ではないけれど、原作を超えるものではない、という印象に尽きる。
グロリア・グレアムという女優が、どのようなキャリアを積み、現在に至ったのかということも殆ど言及がないので、彼女を知らない私のような観客にはどうにも入り込み切れないラブストーリーだった。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演男優賞ジェイミー・ベル 
 □ 主演女優賞アネット・ベニング 
 □ 脚色賞マット・グリーンハルシュ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION