allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

空の瞳とカタツムリ(2018)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(太秦)
初公開年月2019/02/23
ジャンルドラマ
映倫R15+
青春のおわり、人生のはじまり。

男でも女でもない雌雄同体の心。
カタツムリのようにたゆたう4人の愛と性。

2019年2月23日(土)池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

空の瞳とカタツムリ

(c)そらひとフィルムパートナーズ


 Photos

【クレジット】
監督:斎藤久志
製作:橋本直樹
松枝佳紀
企画:荒井晴彦
プロデューサー:成田尚哉
脚本:荒井美早
撮影:石井勲
美術:福澤裕二
衣装:江頭三枝
編集:細野優理子
音響効果:井上奈津子
音楽:阿藤芳史
タイトル:相米慎二
ヘアメイク:宮本真奈美
照明:大坂章夫
整音:竹田直樹
録音:島津未来介
助監督:岸塚祐季
出演:縄田かのん岡崎夢鹿
中神円高野十百子
三浦貴大吉田貴也
藤原隆介大友鏡一
利重剛
内田春菊
クノ真季子
柄本明
【解説】
 ベテラン脚本家・荒井晴彦を父にもつ荒井美早の映画デビュー脚本を「いたいふたり」「なにもこわいことはない」の斎藤久志監督が映画化した愛の物語。主演は縄田かのんと中神円、共演に三浦貴大、藤原隆介。ちなみに本作のタイトルは、故・相米慎二監督の遺作「風花」のタイトル変更案として最終候補まで残ったものとのこと。
 コラージュ作品を作り続ける女性、岡崎夢鹿。虚無感を抱える彼女は、それを埋めようと行きずりのセックスを繰り返していた。彼女の美大時代からの友人、高野十百子は極度の潔癖症。誰にも触ることができない十百子だったが、夢鹿にだけは触ることができた。吉田貴也はそんな2人の友人だったが、今も夢鹿への想いを捨てきれずにいた。やがてピンク映画館でアルバイトを始めた十百子は、映画館に通う青年・大友鏡一から好意を寄せられるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION