allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アマンダと僕(2018)

AMANDA

メディア映画
上映時間107分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2019/06/22
ジャンルドラマ
映倫PG12
ふたりなら、
きっと乗り越えられる――

アマンダと僕

(c)2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA


 Photos

【解説】
 ある日突然、無差別テロで大切な姉を失い、遺された7歳の姪を引き取ることになった青年の戸惑いと、一緒に暮らしていく中で次第に芽生えていく確かな絆を描いたヒューマン・ドラマ。主演は「ヒポクラテス」のヴァンサン・ラコストと本作がスクリーン・デビューのイゾール・ミュルトリエ。共演にステイシー・マーティン。監督は長編3作目のミカエル・アース。
 パリで便利屋として働く青年ダヴィッドは、パリにやって来た美女レナと恋に落ち、幸せな日々を送っていた。しかしある日、仲の良かった姉が無差別テロに巻き込まれ、亡くなってしまう。悲しみに暮れるダヴィッドだったが、一人遺された7歳の姪アマンダを引き取る必要に迫られる。子どもを世話する責任の重さに戸惑いを隠せないダヴィッド。一方アマンダは、あまりにも大きな喪失を前に、幼いながらも懸命に向き合おうとしていく。そんなアマンダの悲しみに寄り添ってあげたいと思いながらも、どう接していいか分からないダヴィッドだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 東京グランプリミカエル・アース 
 ■ 最優秀脚本賞モード・アメリーヌ 
  ミカエル・アース 
□ 主演男優賞ヴァンサン・ラコスト 
 □ 音楽賞アントン・サンコー 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION