allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018)

DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER
THE SILENT REVOLUTION

メディア映画
上映時間111分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム=クロックワークス)
初公開年月2019/05/17
ジャンルドラマ/伝記
映倫G

2019年5月17日(金)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

僕たちは希望という名の列車に乗った

(c)Studiocanal GmbH Julia Terjung


 Photos

【解説】
 東西冷戦下の東ドイツを舞台に、ディートリッヒ・ガルスカが自らの高校時代の体験をつづった自伝『沈黙する教室』を、「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ監督が映画化した青春群像劇。ハンガリーで起きた動乱によって市民が犠牲になったことを知った高校生たちが、純粋な気持ちから授業中に行った2分間の黙とうが国家への反逆とみなされ、当局によって追い詰められていく中で繰り広げる葛藤と友情の行方を描く。
 まだベルリンの壁が建設される前の1956年の東ドイツ。エリート高校に通い、青春を謳歌していたテオとクルト。ある日、西ベルリンを訪れ、映画館に入った2人は、ニュース映像でハンガリーの民衆蜂起を知る。市民に多くの犠牲者が出たことに心を痛めた彼らはクラスメイトに呼びかけ、教室で2分間の黙とうを敢行する。それは純粋な哀悼の気持ちから生まれたささやかな行動だったが、ハンガリーと同じくソ連の影響下にある東ドイツでは、たちまち社会主義国家への反逆とみなされ、政府が調査に乗り出すほどの大問題へと発展してしまう。生徒たちは1週間以内に首謀者を明かすよう命じられ、従わない者は全員退学と宣告されてしまうのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-05-24 11:37:03
【ネタバレ注意】

舞台はベルリンの壁が築かれる前の1956年、東ベルリンのスターリンシュタット(現在のアイゼンヒュッテンシュタット)のエリート高校。仲の良いテオ・レムケ(レオナルド・シャイヒャー)とクルト・ヴェヒター(トム・グラメンツ)は、西ベルリンの映画館に忍び込み、そこで流れたハンガリー動乱のニュース映画に衝撃を覚える。クラスでクルトは同級生に2分間の黙祷を呼びかけるが、それがとんでもない事態になっていく…というストーリー。
この映画の「クルト」にあたるディートリッヒ・ガルスカ(1939〜2018)のノンフィクション『沈黙する教室 1956年東ドイツ−自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語』を原作とした実話に基づくという。

親より上の世代によるナチズム=ドイツ敗戦により、共産主義支配を余儀なくされた東ドイツの若者たち…なんだけど、あれって黙祷というのかな。どちらかというと「沈黙」。多分1分間なら問題にならなかったが、なぜ2分間?それがドイツ流??
それはともかく「黙祷」は国家への反逆とみなされ、首謀者を示すよう当局は求める。
ここで3人の生徒の背景にスポットがあてられる。
テオの父親は製鋼所で働いているが、彼は3年前ベルリン暴動に加わった過去があり、今は妻子のために平穏な暮らしを望んでいる。クルトの父親は市議会議長。クルトがたびたび西ベルリンの母方の祖父の墓参りに行くことを不快に思っている。祖父はナチスの武装親衛隊(SS)隊員だったからだ。そしてもうひとりのエリック・バビンスキー(ヨナス・ダスラー)。彼はもともとテオやクルトのようにハンガリー動乱に同情的ではない。何故なら彼の父親はドイツ共産党の準軍事組織RFB(赤色戦線戦士同盟)の一員で、ナチスに抵抗して死んだ“英雄”だからだ。当然彼は共産主義国家にシンパシーを持っている。
ところがこのエリックの父親が、実はナチスに寝返り、「裏切り者」としてクルトの父親らの手で絞首刑に処された事実が当局から知らされると、エリックは暴走し、銃の教官を撃ってしまう…。

仲間を売るのか、それとも沈黙を貫くのか、というのが中盤以降のテーマになるが、結局彼らはほぼ全員退学処分となり、クラスは閉鎖されてしまう。そこで彼らの多くが選択したのが家族に別れを告げ、西ベルリンに「逃げる」ことだった…。
国家の抑圧を逃れた若者たち、というのがテーマなのはよくわかったが、離散した家族のその後も気になるところ。
朝鮮半島では南北の離散家族をテーマにした映画作品が数多く作られているが、浅学にして東西ドイツの離散家族をテーマにした作品は観た記憶がない。
残念ながら映画そのものとしては個人的には今ひとつ盛り上がりに欠けた感が拭えなかったが、それにしてもこの邦題は何とかならないのか。西側に脱出する列車が「希望という名の列車」であるという浅い解釈に眩暈を覚えそうだった。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION