allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ある町の高い煙突(2019)

メディア映画
上映時間130分
製作国日本
公開情報劇場公開(エレファントハウス=Kムーブ)
初公開年月2019/06/22
ジャンルドラマ
映倫G
命をかけて煙害と戦う若者たちの魂が奇跡を生んだ!

ある町の高い煙突

(c)2019 Kムーブ


 Photos

【クレジット】
監督:松村克弥
エグゼクティブプ
ロデューサー:
鈴木一良
宮本澄江
プロデューサー:亀和夫
城之内景子
原作:新田次郎
『ある町の高い煙突』(文春文庫刊)
脚本:渡辺善則
松村克弥
撮影:辻智彦
美術:長谷川功
飯塚優子
衣装:目代博昭
笹倉三佳
編集:川島章正
キャスティング:伊藤尚哉
音楽:小野川浩幸
VFX:武田貴之
ヘアメイク:大久保恵美子
記録:内田智美
照明:大久保礼司
装飾:谷田祥紀
録音:岸川達也
助監督:島添亮
ナレーション:阿川佐和子
出演:井手麻渡関根三郎(関右馬充)
渡辺大加屋淳平(角弥太郎)
小島梨里杏加屋千穂
吉川晃司木原吉之助(久原房之助)
仲代達矢関根兵馬
大和田伸也志村教授
小林綾子ふみ
渡辺裕之如月良之輔
六平直政深作覚司
伊嵜充則関根恒吉
石井正則大平浪三(小平浪平)
螢雪次朗八尾定吉
斎藤洋介権藤
遠山景織子
篠原篤平林左衛門
城之内正明孫作
大和田健介
たくみ稜
【解説】
 新田次郎が茨城県日立市にある巨大煙突の誕生秘話を綴った同名小説を映画化。100年前に日立鉱山の煙害に苦しむ村人が、鉱山側と対立を乗り越え、力を合わせて対策を講じた奇跡の実話を描く。主演は舞台を中心に活躍する無名塾の井手麻渡。共演に渡辺大、小島梨里杏、吉川晃司、仲代達矢。監督は「天心」「サクラ花 桜花最期の特攻」の松村克弥。
 1910年、茨城県久慈郡入四間村では、隣村の日立鉱山から出る黄色い煙によって農作物が枯れる被害に苦しんでいた。地元の名家に生まれた関根三郎は、元村長の祖父・兵馬の遺志を継いで煙害対策に乗り出すが、鉱山側は、国策であることを理由に“補償はするが煙害は甘受して欲しい”との態度を崩さなかった。そんな中、日立鉱山で煙害補償を担当する加屋淳平の誠実な対応に心を動かされた三郎は、次第に立場の違いを越えて信頼関係を築いていくのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION