allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

サンセット(2018)

NAPSZALLTA
SUNSET

メディア映画
上映時間142分
製作国ハンガリー/フランス
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2019/03/15
ジャンルドラマ/ミステリー
映倫G
栄華に狂い、破滅と踊る――

2019年3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にてロードショー

サンセット

(c)Laokoon Filmgroup - Playtime Production 2018


 Photos

【解説】
 デビュー作「サウルの息子」でアカデミー外国語映画賞を獲得したハンガリーの俊英ネメシュ・ラースロー監督による注目のデビュー2作目。第一次世界大戦前夜のオーストリア=ハンガリー帝国を舞台に、高級帽子店に職を求めた一人の女性が辿る数奇な運命を、謎を秘めたストイックな筆致で描き出していく。主演は「サウルの息子」にも出演していたヤカブ・ユーリ。
 1913年、オーストリア=ハンガリー帝国。ブダペストにある高級帽子店にやってきた若い女性イリスは、ここで働くのが夢だったと語る。しかしオーナーは迷惑顔。そこは、彼女が2歳の時に亡くなった両親が遺した店だったのだ。やがて、失踪している兄の消息を追い始めるイリス。一方、華やかな帽子店に隠された大きな闇も次第に浮かび上がってくるのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-03-22 14:49:53
【ネタバレ注意】

1913年、第一次世界大戦開戦前夜のハンガリーの首都ブタペスト。
主人公のレイター・イリス(ヤカブ・ユーリ)が、両親が遺し、今は別の人物が経営する高級帽子店を訪ねる場面からこの映画は始まる。彼女は2歳で生き別れとなったとされる兄カルマンの行方を追うが、カルマンが伯爵を殺し、今度は帽子店に火を放とうとしていると聞く…。
なかなか簡単に理解させてくれない作品。
主人公のレイターがそもそも店に現れた目的もはっきりしない。兄カルマンはいわばマクガフィンの役割。兄を追う度に、いろいろな怪しげな人物が現れ、思わせぶりな台詞を吐いては消えていく。
帽子店はどうやら女性店員たちを王侯貴族に貢いでいるらしい、とか、伯爵夫人は子どもの目の前で凌辱されるとか。頽廃の匂いがぷんぷんする中で展開するドラマは、あたかも悪夢の迷宮に迷い込んだかのよう。画面も暗いので(多分電気が普及していない時代に忠実なのだろうけど)、正直途中で何度も悪夢の果ての眠りに落ちたことを告白せねばなるまい。
店の店員を束ねるゼルマを演じたエヴェリン・ドボシュの美貌には心を惹かれたけれど、全体としては疲れた、というのが率直な感想。
ネメシュ・ラースロー監督の長編第一作『サウルの息子』(2015年 未見)の評価が高かったので期待していたのだけど…うーむ、入っていけなかった。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION