allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

RBG 最強の85才(2018)

RBG

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2019/05/10
ジャンルドキュメンタリー
映倫G
妻として、母として、
そして働く女性として――

2019年5月10日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、恵比寿ガーデンシネマほか公開

RBG 最強の85才

(c)Cable News Network. All rights reserved.


 Photos

【解説】
 アメリカで若い女性を中心に熱狂的な支持を集め、尊敬と親しみを込めた愛称“RBG”が広まり、関連グッズもつくられるなど、今や性差別に立ち向かう女性たちの象徴的存在となっている現役最高齢の女性最高裁判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグ。本作は、女性への差別が当たり前にまかり通っていた若き弁護士時代から、一貫して女性の地位向上と権利拡大のために尽力してきた彼女の偉大な足跡と知られざる素顔を、彼女を支え続けた夫、マーティンとの感動のエピソードとともに綴るドキュメンタリー。全米ではドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録し、アカデミー賞にもノミネートされるなど大きな話題を集めた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノリック007投稿日:2019-05-11 20:03:41
権力にも、同調圧力にも屈せず、多数派意見に対して、反対意見を
述べて、支持され、米国に9人しかいない最高裁判所判事を務め、
法律さえも変えてしまう人の物語です。
この超人的な行動に対して贈られた称号が「ノートリアス(悪名高き)」
です。

日本人には理解したくても、このような人は日本にいないので、
理解できないです。
日本なら、バッシングされるだけで終わるただの変人です。

「取材、報道をする上で最も重要視している事は何か」と尋ねられて、
「国益にかなうこと」と答えたNHK政治部記者兼解説委員の岩田明子
とは全く異なる女性だと思いました。

日本には、内閣が指名し、天皇が任命した1人の最高裁判所長官が
いますが、名前を知っている人はいるのでしょうか?
日本にも、内閣が任命し、天皇が認証した14人の最高裁判所判事が
いますが、名前を知っている人はいるのでしょうか?
最高裁判所判事には、40歳からなれますが、60歳以上から選ばれ、
定年は70歳で、85歳の最高裁判所判事は法律で認められていません。

日本では、最高裁判所長官や最高裁判所判事の名前が報道もされず、
知られず、支持もされず、映画化されない理由は何なのでしょうか?

「ビリーブ 未来への大逆転」を鑑賞し、続きや本人を観てみたいと
思う人には向いている映画です。
私も、その一人です。

RBGと周囲の人々が語るドキュメンタリー映画で、ドラマ性も、
エンターテイメント性も全くありません。

RBGは、ニューヨーク州ブルックリンで生まれました。
ニューヨーク州ブルックリンは、エンパイア・ステート・ビルや
セントラル・パークやブロードウェイやタイムズスクエアがある
マンハッタンの南東にあります。

ニューヨーク州ブルックリンで生まれ、育った映画関係者は以下の通りです。
・アン・ハサウェイ
・ウディ・アレン
・スパイク・リー
・エディ・マーフィ
・イーライ・ウォラック

米国憲法修正第14条の第1節では以下のように定められています。
米国で生まれ、あるいは帰化した者、およびその司法権に属することになった者全ては、
米国の市民であり、その住む州の市民である。
如何なる州も米国の市民の特権あるいは免除権を制限する法を作り、
あるいは強制してはならない。
また、如何なる州も法の適正手続き無しに個人の生命、自由あるいは財産を
奪ってはならない。
さらに、その司法権の範囲で個人に対する法の平等保護を否定してはならない。

以下の裁判について、知っていると理解が深まります。
・1973年、「フロンティエロ対リチャードソン」訴訟
・1975年、「ワインバーガー対ワイゼンフェルド」訴訟
 「ビリーブ 未来への大逆転」で描かれた裁判です。
・1996年、「米国対バージニア州」訴訟
・2006年、「レッドベター対グッドイヤー」訴訟
・2013年、「シェルビー郡対ホルダー」訴訟

パンフレットは、よくできているので、映画を理解したい人には
お勧めできます。
https://echelonkiller.web.fc2.com/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞ダイアン・ウォーレン “AI’LL FIGHT”(曲/詞)
 □ ドキュメンタリー長編賞ベッツィ・ウェスト 
  ジュリー・コーエン 
□ 歌曲賞 “I'll Fight”
□ ドキュメンタリー賞 
 □ 格闘シーン賞ルース・ベイダー・ギンズバーグ ルース・ベイダー・ギンズバーグ対不平等
 □ リアルライフ・ヒーロー賞ルース・ベイダー・ギンズバーグ 
 □ 拡散シーン賞ルース・ベイダー・ギンズバーグ ノトーリアス・RBG
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION