allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

センターライン(2018)

メディア映画
上映時間66分
製作国日本
公開情報劇場公開(プロダクションMOZU)
初公開年月2019/04/20
ジャンルSF/サスペンス
AIが心を持つのは、罪ですか?

2019/4/20(土)より池袋シネマ・ロサにてロードショー、4/6(土)より映画の舞台となった愛知県のシネマスコーレにて先行ロードショー

センターライン

(c)プロダクションMOZU


 Photos
センターラインセンターラインセンターラインセンターライン

【クレジット】
監督:下向拓生
脚本:下向拓生
撮影監督:JUNPEI SUZUKI
編集:下向拓生
音楽:山口いさお
出演:吉見茉莉奈米子天々音
星能豊大鳥
倉橋健白鷺
望月めいり深見蘭子
声の出演:上山輝MACO2
【解説】
 これが長編デビューとなる下向拓生監督が、AI(人工知能)による車の自動運転が普及した近未来を舞台に、事故を起こした車に搭載されていたAI自身を罪に問えるかを争う初めての裁判の行方を描いたSF法廷サスペンス。自動運転が普及し、人間の不注意に起因する事故がほとんどなくなった平成39年。ある日、車同士の正面衝突による死亡事故が発生し、新任エリート検察官の米子天々音は、事故車に搭載されていた人工知能“MACO2”を過失致死罪で無理やり起訴に持ち込む。するとMACO2は“誤作動ではなく、わざと殺しました”とまさかの供述。感情などないはずのAIの殺意を立証しようと奔走する米子だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION