allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新聞記者(2019)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(スターサンズ=イオンエンターテイメント)
初公開年月2019/06/28
ジャンルドラマ/サスペンス
映倫G
内閣官房vs.
女性記者――

2019/6/28(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

新聞記者

(c)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ


 Photos

【クレジット】
監督:藤井道人
製作:河村光庸
企画:河村光庸
エグゼクティブプ
ロデューサー:
河村光庸
岡本東郎
プロデューサー:高石明彦
ラインプロデュー
サー:
平山高志
共同プロデューサ
ー:
行実良
飯田雅裕
石山成人
原案:望月衣塑子
『新聞記者』(角川新書刊)
河村光庸
脚本:詩森ろば
高石明彦
藤井道人
撮影:今村圭佑
美術:津留啓亮
衣裳:宮本まさ江
編集:古川達馬
音楽:岩代太郎
ヘアメイク:橋本申二
演出補:酒見顕守
照明:平山達弥
録音:鈴木健太郎
出演:シム・ウンギョン吉岡エリカ
松坂桃李杉原拓海
本田翼杉原奈津実
岡山天音倉持大輔
郭智博関戸保
長田成哉河合真人
宮野陽名神崎千佳
高橋努都築亮一
西田尚美神崎伸子
高橋和也神崎俊尚
北村有起哉陣野和正
田中哲司多田智也
【解説】
 “権力の監視役”としてのマスメディアの力が急速に弱まっている現代の日本で孤軍奮闘する現役新聞記者による同名ベストセラーを原案に、官邸とメディアの深い闇をリアルかつ赤裸々な筆致で描き出した衝撃の社会派ポリティカル・サスペンス。主演は「サニー 永遠の仲間たち」「怪しい彼女」のシム・ウンギョンと「不能犯」「孤狼の血」の松坂桃李。共演に本田翼、北村有起哉、田中哲司。監督は「デイアンドナイト」「青の帰り道」の藤井道人。
 日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育った東都新聞社会部の若手記者・吉岡エリカは、記者会見でただ一人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされるばかりか、社内でも異端視されていた。そんなある日、社会部に大学新設計画に関する極秘情報が記された匿名FAXが届き、吉岡は上司の陣野から調査を任される。やがて内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、当の神崎が自殺してしまう。神崎の死に疑問を抱いた吉岡は、やがて同じようにかつての上司であった神崎の死に疑問を持つ内閣情報調査室(内調)の若手エリート、杉原拓海と巡り会うのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:mototencho投稿日:2019-08-08 21:07:18
薄々感づいていたことがハッキリした苦い良薬。ここ数年であきっ放しになっていた、パズルのピースがハマったように感じる。作り手の勇気はさすが。http://mototencho.web.fc2.com/2019/journali.html
投稿者:dadada投稿日:2019-07-16 07:16:32
【ネタバレ注意】

生々しいネタを入れてはいるけど、所詮はフィクション。
官邸がらみのアノ話が、軍事ネタまで発展ってチョットなぁ...お話自体の生々しさに欠ける。
何年か前のテレビドラマ「相棒」の方が、こういうのは上手にエンタメしてた。
思わせぶりのどっちつかず感が残る。
結局、邦画では「ペンタゴン・ペーパーズ」や「スポットライト」は作れないのかぁ〜ってのは、改めて残念。

投稿者:金属疲労投稿日:2019-07-07 17:45:40
【ネタバレ注意】

 この映画を世に問う気合は高く評価する。日本の映画界の未来は明るい、という気がした。それだけに、残念だった点がいくつか。

・何よりも、あの大学の設定はあり得ない。あれを秘密裏に進めるのは絶対に無理だ。官僚からか、大学の先生からか、どこかから絶対に漏れるよ。この手の映画はリアリズムが重要だ。観客からありえねーと思われたら終わりだ。
・ゲラ刷りが変だ。見出しも変だ。
・途中「毎朝新聞」だか「朝毎新聞」だかが出てきたが、最後の方のデスク(?)のセリフで「読売、朝日、毎日が追いかけている」ってあった。ん?
・内調の部屋の感じは未来SF映画みたいで良かった。
・後半のぎくしゃくした展開もなんだかよく分からなかった。

・主役2人の演技は素晴らしい。悩める官僚、食らいつく記者のそれぞれの感じが、派手でない演技でうまく表現されていた。

・館内、若い人はあんまり居なかったが、一方で高齢者もさほどいなかった。中年世代が大半だった。

 ま、もう一回見てみてもいいけど。衝撃度は「主戦場」の方が上だった。比べてもしょうがないけどさ。

 制作者のみなさんには拍手を送ります。とても勇気づけられた1本だったのですが、励ましも込めて7点で。

投稿者:黒美君彦投稿日:2019-07-01 18:22:33
【ネタバレ注意】

現実に基づいたポリティカル・サスペンスが作られない日本において、こうした作品が制作・上映されただけでも評価できるが、あまりにリアルと隣り合わせであるために、その生々しさに怯んでしまいそうだ。
原作は、東京新聞記者望月衣塑子によるノンフィクション。官房長官の会見で、おとなしい羊のように黙りこくる大手紙の政治部記者を尻目に、ちゃんと「取材」しようとする彼女には敵が多いが、この映画はそのノンフィクションを脚色した、あくまで“フィクション”である。
しかし同時にここにある大状況は“フィクション”ではない。だから観る者は、描かれている登場人物のモデルを必然的に頭に思い浮かべてしまう。ただ細かいところはフィクションであり、映画としての演出が加えられている。
その意味で実在の人物を、TVモニターとはいえ登場させるのが得策だったかどうか。
つまり観る者は、フィクションともノンフィクションとも判然としない揺らぎのなかで戸惑いを覚えてしまう。そこははっきりと線を引いた方が良かったのではないだろうか。限りなく現実に即したフィクションであったとして、“フィクション”であるが故に映画の評価を損なうことは考えられないのだから。
さて、さまざまな政権をめぐる疑惑が描かれたこの作品。外務省から内閣情報調査室に出向してきたエリート官僚役の松坂桃李は、意欲的にいろいろな役に挑み、その度に新たな境地を開いているように見える。
ポイントである内閣情報調査室だが、いくら何でもあれでは薄暗過ぎてそのまま「悪の組織」になってしまっている。寧ろ清潔なオフィスで、スタバでも飲みながらとんでもない情報の収集や情報操作をしている方が怖かったかも。
松坂桃李の上司を演じた田中哲司がなかなかの存在感。
著名なジャーナリストを父に持ち、母は韓国人、アメリカで生まれ育ったという女性記者を演じたシム・ウンギョンは、難しい役に果敢に挑み、芯の強さを感じさせる熱演だった。

新聞記者とは何か、報道の役割とは何か、ジャーナリズムは何を目指すべきか。一般市民にとって本当に必要な情報とは何か。
人の死すら嘲笑う、そんな醜い時代に抗うためにメディアに出来ることは何か。
だが、政権を無条件に支持する向きには刺さらないだろう。疑うことを放棄し、国の無謬性と自らのアイデンティティを重ねる人々には、報道の必要性すら理解できないのだから。その結果、他人がどのような苦痛を味わおうが、所詮他人事なのだ。
この作品を世に問うたことは評価に値するが、しかしブレイクスルーするかといえば難しい、そんなもどかしい思いにとらわれた。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION