allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

マーウェン(2018)

WELCOME TO MARWEN

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パルコ)
初公開年月2019/07/19
ジャンルドラマ/伝記/ファンタジー
映倫G
生きる。と決めた――

マーウェン

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS


 Photos
マーウェンマーウェンマーウェン

【クレジット】
監督:ロバート・ゼメキス
製作:ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ
スティーヴ・スターキー
製作総指揮:ジャクリーン・レヴィン
ジェフ・マルムバーグ
脚本:ロバート・ゼメキス
キャロライン・トンプソン
撮影:C・キム・マイルズ
プロダクションデ
ザイン:
シュテファン・デシャント
衣装デザイン:ジョアンナ・ジョンストン
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演:スティーヴ・カレルマーク・ホーガンキャンプ<ホーギー大尉>
レスリー・マンニコル<ニコル>
ダイアン・クルーガー<デジャ・ソリス>
メリット・ウェヴァーロバータ<ロバータ>
ジャネール・モネイジュリー<G.I.ジュリー>
エイザ・ゴンザレスカラーラ<カラーラ>
グウェンドリン・クリスティーアナ<アナ>
レスリー・ゼメキス<シュゼット>
ニール・ジャクソンカート<SS将官クルト・マイヤー>
【解説】
 暴漢に襲われ記憶障害の後遺症に苦しむ男性が、セラピーの一環として始めた第二次大戦下の架空の村のジオラマ作りを通して少しずつ回復していく姿を追ったジェフ・マルムバーグ監督による2010年の感動ドキュメンタリー「Marwencol」を、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ/一期一会」のロバート・ゼメキス監督が劇映画化したヒューマン・ドラマ。主人公の葛藤と再生の物語を、彼が作り出したミニチュアの村を最新技術で再現したファンタジックな映像を織り交ぜ描き出していく。主演は「フォックスキャッチャー」「ビューティフル・ボーイ」のスティーヴ・カレル、共演にレスリー・マン、ダイアン・クルーガー。
 バーからの帰り道に5人の男たちの襲撃を受け、瀕死の重傷を負ったマーク・ホーガンキャンプ。一命は取り留めたものの、脳に障害が残り、記憶を失ってしまう。PTSDに苦しむ彼は、セラピーとして自宅の庭に第二次大戦下の架空の村を作り、“マーウェン”と名付けて、自分や周囲の人々を模したフィギュアを置いて写真を撮り始める。次第にマーウェン作りに没頭していくマーク。そこでは自分の分身であるホーギー大尉と様々な女性たちが、日夜ナチスの兵士たちと過酷な戦いを繰り広げていた。やがて、現実世界でも心身共に少しずつ回復していくマークだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION