allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

女ガンマン・皆殺しのメロディ<未>(1971)

HANNIE CAULDER

メディア映画
上映時間85分
製作国イギリス
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンル西部劇
女ガンマン 皆殺しのメロディ【スペシャルプライス版】 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,230
USED価格:¥ 999
amazon.co.jpへ

【解説】
 珍しい英国製の西部劇だが、テイストはマカロニ・ウエスタン。銀行を襲ったクレメンツ三兄弟。彼らは、逃亡用の馬を盗むために、町外れの牧場に向う。兄弟は、地主のクローデルを殺し、その妻ハニーをレイプして去った。復讐を誓う彼女は、賞金稼ぎのプライスと組むことにする。プライスは、ガンさばきをハニーに指導、二人はクレメンツたちを一人ずつ倒してゆく。が、油断したプライスがクレメンンツの凶弾に倒れた。ハニーは単身クレメンツの隠れ家を襲撃、復讐を果たすのだった。前半のほとんどを裸体にポンチョで押し通すR・ウェルチが見どころの一つ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-06-05 20:49:26
【ネタバレ注意】

「20世紀最高のグラマー」、「Kill Billに影響を与えた作品」という惹句に惹かれて鑑賞。なるほど、なんとなくソフィア・ローレンを彷彿とさせるキリッとしたお顔立ちにボンキュッボンの肢体。男にとっては存在だけで目の保養になりそうないでたち。ストーリー自体はやられたからやり返す、なわかりやすい復讐劇。小難しいことを考えずにシンプル西部劇を楽しむのがいいんじゃないかと。

投稿者:pumpkin投稿日:2017-03-29 00:50:13
キャストと監督の名前を見るだけでニコニコしてしまう映画です。
盛り上がるような盛り上がらないようなところが、バート・ケネディ。この頃なんか変な西部劇を撮っていた人です。
後年、クリント・イーストウッドの「ホワイトハンター・ブラックハート」の共同脚本に名を連ねたのには驚きました。お蔵入りのアイディアでも採用されたのかしら。

クリストファー・リーの西部劇というのも珍。
投稿者:ファルド投稿日:2016-09-03 11:25:10
上記の解説がちょっと間違っている。クレメンツの隠れ家を襲撃していないし、プライスが殺られたのは、弾じゃなく、投げナイフ。それに、前半のほとんどを裸体にポンチョで押し通すと書いてあるけど、上半身はもともとよく判らないし、直ぐパンツは穿いていたから、序盤のほんの少しのシーンだけじゃないの?
R・ウェルチは、オッパイは見せないし、露出も少なく、エロシーンは無いに等しかった。彼女がプライス(R・カンプ)に銃の訓練を受ける辺りはイマイチだったけど、クレメンス3兄弟に復讐するシーンはそれなりだった。
投稿者:きらきら投稿日:2016-05-05 10:40:40
オープニングのアニメーションから名作の予感です。
ビンゴ!

出し惜しみしない演出が良く、ぐいぐいと引っ張り、
主人公の登場場面が遅いことを感じさせない作りになっています。
(主人公の登場の方法は演出家の力量でもあります)

主人公の行動は復讐を機にしたものですが、
それが成長譚になっているのもいい感じです。
レイプされ、家も焼かれた主人公が、最初ははただただすがるだけだったのが、
賞金稼ぎの教育によって。一人前の女ガンマンになっていきます。

どろどろの復讐劇にせずに、エロ+コメディタッチのアレンジもなかなかのものです。
(ぶかぶかのジーパンを身体に合わせるため、ジーパンをはいたまま風呂に入り、
ぴたぴたと自分の尻を叩いてみせ、「うん、もうちょっとね」と言わせるところは、
ついにやにやしてしまいます。あ、エロ親父の発言でしたね)

見てよかった一本です。

※DVDのジャケットは半世紀前のピンナップカレンダーみたいで、いただけません。
投稿者:bond投稿日:2014-02-07 15:05:51
「怒りの荒野」女版?ラクエル・ウェルチの露出度低い、ロバート・カルプがいい味出してる。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-10-17 16:48:19
ウェルチ様に怨念が足りないのに同意するし、ポスター負けしてる。彼女がボイドと並ぶと、どうしても「ミクロの決死圏」を思い出す。
投稿者:新・映画の都投稿日:2008-08-23 14:21:49
クレメンズ三兄弟に夫を殺され、レイプをされた妻が賞金稼ぎに銃の撃ち方を教わり復讐をするという単純な話の中に不思議な味わいがある英国製ウエスタン。ラクエル・ウェルチの裸体にポンチョ姿が話題だが、クレメンズ三兄弟にアーネスト・ボーグナイン、ジャック・イーラム、ストローザー・マーティン、凄腕の賞金稼ぎハニーにロバート・カルプ、銃職人ガンスミスにクリストファー・リー、後半のアシストする殺し屋プリーチャーにステファン・ヴォイドと味のある役者が演じている事も作品を面白くしている。ハニーの右腰のダブルアクション・リボルバーもカッコイイ。この映画、タラ様が大好きなんだってね。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2005-05-13 00:33:36
ラクエル・ウェルチのコスプレは非常に似合ってるし特訓場面も良い。
この映画の最大の欠点は主人公のハニーに怨念も執念も感じられないところ。
部分部分は丁寧に作られているが芯が通ってないのでC級止まりになっている。
監督がコルブッチで音楽がモリコーネだったらどんな映画になっていたんだろうか。
投稿者:ASH投稿日:2002-12-15 22:27:04
【ネタバレ注意】

僕も遥か大昔にTV(12ch)で観て、半裸にポンチョのR・ウェルチにヤラレた!

だから、細かいストーリーは殆ど憶えていない。何故、彼女が半裸だったのか。

火事で全てを失ってしまったから服がない!何という理由!というのは後年知った。

よく見るとE・ボーグナイン、J・イーラム、S・マーティンとイイ顔のオヤジ総出演!

しかも英国製ウェスタンだったのね!

投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-02-16 21:50:13
 冒頭で、アーネスト・ボーグナイン、ジャック・イーラム、ストローザー・マ
ーチンという絶対に我が家へは立ち寄って欲しくない!!三悪人が登場し、ラク
エル・ウェルチ扮するムチムチ主婦の家庭をメチャクチャにする。夫を殺され、
ストリップを強要された上、三人に輪姦され、家を焼かれ、荒野に放り出された
ラクエル・ウェルチが出会うのが、ガンマンのロバート・カルプ。彼が、ラクエ
ル・ウェルチに銃の撃ち方を教育し...といった具合に物語は進むのだが...。
 はっきり言って私、復讐劇(多分銃撃戦があったはず)は全く覚えていなくて
(復讐を遂げたのかどうかも覚えていない)、冒頭の強烈助平三悪人と"教育"が
描かれている部分だけが記憶に残っています。

 『ネバダ・スミス』などという映画でも、ブライアン・キースのプロガンマン
が素人ガンマンのスティーブ・マックィーンに教育を行う場面があって、この映
画の三悪人もカール・マルデン、アーサー・ケネディ、マーチン・ランドーと強
烈でした。

 『女ガンマン・皆殺しのメロディ』にしても『ネバダ・スミス』にしても、も
っと言えば『レオン』にしても大した映画だとは思わないのだけれど、それでも
"教育"が描かれている映画には救いがある。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:たけ@寅さん投稿日:1999-07-27 19:26:35
今も昔も、人気女優を使えばなんとかなるだろう、という作品が製作されていたことが良くわかる。
当時大人気を誇っていたラクエル・ウェルチ扮する女ガンマン、、、とってもお粗末っす。
http://www.iyo.ne.jp/fucchy/new/
【レンタル】
 【DVD】女ガンマン・皆殺しのメロディレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION