allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カクテル(1988)

COCKTAIL

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(TS=WB)
初公開年月1989/03/25
ジャンル青春
カクテル [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,036
USED価格:¥ 1,599
amazon.co.jpへ

【解説】
 一獲千金を夢見るバーテンダーが、真実の愛に目覚めるまでを描いた青春映画。軍隊を除隊したブライアンはエリートビジネスマンになろうとニューヨークに降り立った。しかし学歴のない彼を雇う企業はどこにも無く、通りすがりにバーの求人をみつけアルバイトをしながら大学に通う事にする。しかし先輩バーテンのコグランから“金持ちになるには金持ちの女を捕まえろ!”と言われ、彼とパートナーを組んで……。バーテンダー役に扮する2人が酒瓶やシェーカーを振り回しながらカクテルを作るパフォーマンスは練習しただけあってカッコイイが、ストーリーが貧弱で盛り上がりの無いトレンディ・ドラマのような展開はT・クルーズ・ファン以外、見ると絶対に損をする。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1273 6.08
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-07-24 04:50:25
『トップガン』『ハスラー2』『レインマン』に続いてこれ。

ただただトム・クルーズ人気にあやかってつくられた
素敵な笑顔のトム・クルーズをお楽しみ下さい的な
(間違いだらけの)青春映画。

確かに若いしカッコ良いし、
それで全てが帳消しになるわけじゃないけど緩和されるものってあるよね。

つまらなさと戦う以外は何も考えずに観られて、
観終わった後きれいさっぱり何も残らない映画。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-23 00:38:48
ノリノリでカクテル作るシーン以外、特に観るべきところはない。
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-29 21:20:13
男2人のカクテルづくりがショーのように
なっている場面が見所です。
いかにもアメリカ人が好みそう。
あと、トム・クルーズの笑顔。
もてる男とはどんな男かを確認できます。
投稿者:uptail投稿日:2013-07-27 11:04:03
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:nabeさん投稿日:2013-01-04 17:17:29
T.クルーズ主演の青春映画である。
「トップ・ガン」で一躍トップ・スターの仲間入りを果たしたT.クルーズのアイドル全盛期の作品らしく、全編に彼のオーラが輝きまくっている!特に共演のB.ブラウンと一緒に魅せるカクテルシェイクのパフォーマンスは、本当にカッコイイ!
ストーリーの内容はTVのトレンディドラマのようだが、恐らく何でもいいのだろう。この映画のウリはとにかくT.クルーズのビジュアルなのだから。
それは恋人役に地味なE.シューを起用したことからも一目瞭然だ。このどこにでもいそうな普通の女の子が、ハンサムなT.クルーズにプロポーズされるシーンを観て、多くの女性ファンが親近感を覚えるのだろう。まさに計算ずくである。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-01-10 18:06:01
トム・クルーズ26歳の出演作。今年50歳になろうかという今も一線のスタアであることは驚きだ。で、この作品。80年代後半のニューヨーク・ファッション以外には見るべきものがなかった。見かけじゃなくてとことんカクテルを極める話だともしかしたら楽しめたかもしれない。何故天下のNHKがこの作品の放映をしたか選択眼を疑う。
投稿者:こじか投稿日:2011-01-10 18:12:18
【ネタバレ注意】

ネオンサインを使ったオープニングロール、80年代な曲調。冒頭はいい始まり方ですね〜、結構丁寧に撮られている印象を覚えますし、主人公ブライアン(トム・クルーズ)がニューヨークの街で”デビュー”したあたりは躍動的でとっても面白かったです。このシナリオ前半に書かれた話術の数々や、先輩バーテン・ダグ(ブライアン・ブラウン)との軽妙な”軽口”も小気味よかった。終始ニコニコしてしまいましたよ。あのバーテン捌(さば)きってお二人めちゃくちゃ練習したんでしょう?普通にあんなの見たら同性異性問わず惚れますよ。バーのお客さんはじめ、日本人には絶対出来ない芸当かなぁあの店内のノリは。死ぬまでに一度でいいからあんなニューヨーカーなノリを体感してみたいものです(絶対ないと思いますが泣)。あ、大学のレポート内容も傑作でした(笑)。

(※以下少々ネタバレ有)しかし、舞台がジャマイカへ移ったあたりから急激に失速…そして散漫。先行して持っていた映画に対するイメージ、爽やか”トム映画の「カクテル」”ってのはここらまでなんですよね…。女性絡みになってから無駄に”だらしがなく”グダグダ気味です。普通にラブロマンスが絡んでくれるだけでもよかっただろうに、これには多くの鑑賞者が置いてきぼりと言うか、きつく言えば嫌悪感を抱いたんではないでしょうか。そして後半になるに従って倫理的にどうなの?って行動や台詞が目立ちました。極めつけは彼女(エリザベス・シュー)の父親に「あんたが悪い」って!!どうしてこうなった…(残念)。ま、でも言うほど悪くもなく普通に観れましたけどね。同系(?)っぽい「フットルース」よりはうんとトレンディ(笑)なストーリーで楽しめました。
あと、ムチムチした若かりしトムが終始勝ち気で自信有りげ(そういう役柄ですからね)なのが印象的。今じゃ男性の色気が漂ういい男になっておられますが、この頃はとっつぁん坊やって感じ。後半に夜のニューヨークを少しだけ練り歩く場面がありますけど、この作品から僅か10年後には「アイズ・ワイド・シャット」の疑似ニューヨークを練り歩くんですからね。貫禄も色気もフィルモグラフィーも、この方はほんと充実してます(しみじみ)。

んーそれにしても前半特に面白かっただけにもったいないなぁ。ちなみにトム自身が選ぶ”自身出演作ワースト4”にランクインしているとか(笑)。活き活きして演じてたんだけど、やっぱこの作品の倫理観が疑問になってきたのか??と言うかこの作品にもたくさんのファンがいるんだからトムがそんなこと言っちゃ寂しいよ(笑)、と客観的に。

投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:56:30
トム・クルーズ
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-23 18:43:06
『トップガン』と同じく、トム・クルーズのカッコ良さを鑑賞する映画。

内容ははっきりいってスカスカです…(>_<)
投稿者:みらい投稿日:2009-01-17 23:47:48
うーん、おもしろかった!
この映画のみどころは、トムクルーズのボストンシェーカーパフォーマンスですね。そのせいでしょうか、この映画はかなりバーテンさん達に人気がある映画だそうです。
ストーリーそのものは、ちょっと単純で「え!それだけ?」って感じですが、まあ音楽や、ジーナガーションの美貌を楽しみながら、娯楽映画として見るならなかなか楽しいと思います。http://de3hearing.skilup.net/
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-22 02:59:07
こんなにイケてるバーテンが近所にいないのでビーチボーイズでも聞きながらカクテル片手に現実逃避するのが庶民の楽しみですかね。
たとえ日本の8畳部屋にいようともビーチボーイズを流し、目を瞑れば、、そこは常夏のリゾート地です(爆)
そろそろこの妄想癖も病院に行くレベルかもしれない(笑)

さて映画の内容ですが・・・
野望、夢、成功、挫折、再生・・・という部分はとても良かったです。
でも、唯一ラブに関しては説得力に欠けましたね。
バーテンと客の関係から、本気に変わる感覚が伝わってこなかったのが残念だったかな・・・。

キャストに関しては、キマリすぎなトム・クルーズがクローズアップされがちな作品ですが、、エリザベス・シューの親近感ある美しさがとても印象的でした。

展開も早いし、トムクルもカッコイイし、青春モノとしてのストーリーもベタだがシンプルでイイのでまだ未見の方にはオススメです。

余談;華々しいバーテンのパフォーマンスも見どころですが、客としての客観的な意見を言うとグラスを拭いて提供してほしいですね(笑)
投稿者:つんつくつん投稿日:2008-01-19 09:52:41
野望、出世、金、挫折と成功、師弟関係、友情、恋愛、幸福感...まさに青春映画の要素が盛り込まれた名作。この映画を観て感化された人も少なくないのでは?

ジャマイカのバーでのシーンでは、さりげなく「ビバリーヒルズ高校白書」シリーズのジム・ウォルシュ(パパ)役のジェームズ・エクハウスさんが一般客役で出演しているのに感動しました。(微妙にカメラを意識してる)
ブランドンとブレンダを家に置いてバカンスか〜なんて妄想するのも楽しいです。この男のいるところ、いつも喝采…
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-30 17:01:21
もう何で見たのかと思ってしまった。本当にトム・クルーズのファンだけしか楽しめない作品ですね(苦笑)。ちなみに私はどちらかというとトムは嫌いな方。という訳でまったく楽しめませんでした。まぁ見た理由はビーチ・ボーイズの♪「ココモ」が聴きたかったという事だけなんですけどね。てか♪「ココモ」ちょっとしか流れなくてかなりショックだった。なのでもう救いようがなかったですね。トムのキャラにまったく感情移入出来ず、ほぼすべての行動や考えが理解出来なかった。本当に最初のカクテルを作るパフォーマンスだけはカッコいいですけど、後はもう苦痛で疲れるだけだった。しかもトムより共演のブライアン・ブラウンの方がカッコよく見えてしまったのも微妙。それからトムの相手役を演じたエリザベス・シューは可愛かったな。なのでトム以外の役者の演技はなかなか良かったと思います。驚いたのは2000年の『チャーリーズ・エンジェル』に出てたケリー・リンチの若くてスタイル抜群の姿と、若かりし頃のジーナ・ガーションの姿。どちらの女優も好きじゃないんだけど若い頃の活躍はあまり知らなかったので驚きました。
 とにかく話のダラダラで耐えられなかった映画だけどトム・ファンであれば見れる映画なんでしょう。
投稿者:travis投稿日:2007-05-01 16:21:02
最近Mi3を見た後だったのもあってトムクルーズの若さにびっくりした
映画の内容はどうでもよかったけど、エリザベス・シューは綺麗だし、ビーチボーイズのココモはよかった
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 01:41:17
ふつう。
投稿者:BAR-honda投稿日:2005-10-07 19:25:02
最初の方はカクテル作るのかっこよかったんですけどねぇ・・。ストーリーがベタ過ぎて盛り下がった。まぁ結論を言うと前半のカクテル作るシーンは必見ですけど、あとはどうでもいいって感じです。
投稿者:JES投稿日:2005-03-17 18:56:33
トム・クルーズが悪いんじゃない。ブライアン・ブラウンだって凄くいい味出しててカッコいい。この実力ゼロの監督が撮ったのが最大の間違い。
投稿者:NYY投稿日:2005-02-06 02:09:14
 ヘイウッド・グルードの原作は凄く良いんだけどね、

 映画は凄く悪い。

 どうしてかなあ〜? 脚本もやってるのに・・・

 原作を変え過ぎだよ。わざわざ酷いものに変えるとは何を考えてんだろう。
投稿者:コマダム投稿日:2004-08-15 07:23:27
とても良かった!!特にジャマイカのシーンは自分の青春時代、
ビーチでよく遊んだ事を思い出しました。この頃のトムは
あんまり好きじゃなかったんだけど、今見るとすごくカッコ良いし、
貧乏な青年が成功していく話も新鮮で私は個人的に好きです。
今はこんな単純な映画には出ないだろうと思うと少し寂しいです。
投稿者:D.投稿日:2004-08-05 11:54:08
酒瓶やシェーカーを振り回しながらカクテルを作るパフォーマンスはカッコイイですけど、それ以外は一昔前のトレンディ・ドラマ(死語)のような内容の、T・クルーズのためのアイドル映画です。

というのも、ストーリーがお粗末。基本的にサクセス・ストーリーな訳ですが、主人公が考え方が甘い!と言いたくなるほどお気楽ですし、かと思えば、某キャラが死んでしまったりして・・・。最後まで焦点が定まらず、観終わっても、結局今までのは何だったの?と思います。最終的にはバーテンとかカクテルは関係なくなってしまいますし。T・クルーズのファンで彼の若い頃が見たいという方以外にはあまりお勧めしません。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:Johnny投稿日:2004-02-17 20:42:46
コグランとフラナガンの父と子のような師弟関係や
ジョーダンとの恋の行方など
気軽に観るには、まあまあ楽しめる内容でした。
相変わらずトムは、どんな役でもトムですけど。
(そこが嫌いじゃないけどね!)

カクテルを作るシーンは、もちろんカッコイイ!
南国の雰囲気もステキ!詩を語るシーンも良かったです。
なんといっても音楽が最高で印象的です。
今でも、曲を聞くと映画の1シーンが頭に浮かんできます。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-17 17:08:51
【ネタバレ注意】

B・ブラウンの扱いに激怒!E・シューはやっぱりどの映画でもイイ。サントラ盤はかつてのヘビーローテーション。トム・クルーズ?

投稿者:映子投稿日:2003-11-05 20:03:49
見ると絶対に損をするなんて解説に書くべきじゃない。私はトム・クルーズのファンではないが、別にそんなにこの映画はひどいとは思わない。というかカッコよかった。サントラ盤はいい曲がいっぱい入っていて、当時はよく聞いていた。今聞いても多分いいと思う。
投稿者:PEKO投稿日:2003-03-06 00:46:20
結局目的は何だったんだ?って感じの話で駄目でした。
でも随所にある二人でカクテルを作るシーンはかっこよかったです。
お酒が飲みたくなるなー。
2003.3.5観賞 4点
投稿者:Mic投稿日:2002-06-22 22:42:43
ラズベリー賞を受賞したり、解説の評価も低いですが、私は、この映画好きです。
初めてDVD化されたので、購入してまた観ましたが、特に音楽が最高ですネ。
ココモを聞くたびにこの映画の舞台となったジャマイカの海岸を思い出します。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-01-23 07:37:50
これはまあまあ面白かった。気楽に楽しめて好き。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞 “Kokomo”
■ ワースト作品賞 
 □ ワースト主演男優賞トム・クルーズ 
 □ ワースト監督賞ロジャー・ドナルドソン 
 ■ ワースト脚本賞ヘイウッド・グールド 
【サウンド】
『ココモ』(主題歌)
歌 :ザ・ビーチ・ボーイズ
【レンタル】
 【Blu-ray】カクテルレンタル有り
 【DVD】カクテルレンタル有り
 【VIDEO】カクテルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION