allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カトマンズの男(1965)

LES TRIBULATIONS D'UN CHINOIS EN CHINE
UP TO HIS EARS

メディア映画
上映時間109分
製作国フランス/イタリア
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1966/05/14
ジャンルアクション
カトマンズの男 [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 9,234
amazon.co.jpへ

【解説】
 J・ヴェルヌの小説を基にしたフィリップ・ド・ブロカお得意のドタバタ・アクションは、自殺志願の大金持ちがストリッパーとの愛に目覚めて命を惜しみ、殺し屋の手から逃れるさまを描いた、エキゾチックな香港、ネパール、マレーシアのロケも華やかなテンポよい作品。同工異曲の作品は数多いが(カウリスマキの「コントラクト・キラー」など)、主人公が、すべてに満ち足りた空しさから死を選ぶ(なんて贅沢な!)設定は、いかにもロマンのお国柄、フランス的な発想で、ベルモンドは前作「リオの男」に負けず劣らず体を張った、しかし軽やかな演技で、自分の浅薄さからとんでもない目に遭う男の悲哀をにこやかに楽しませてくれる。これでお相手が繊細なニュアンスに欠けるU・アンドレスじゃなかったらなァ……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
コントラクト・キラー(1990)
リオの男(1963)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2014-01-02 16:12:10
 ある中国人の、中国における受難。

 漫画などで金持ちの坊ちゃんと言うと髪を長く伸ばして片方に流しているイメージがある。
 巨人の星の花形なんかだ。
 それのイメージの元がこれなんかじゃないかと思う。

 原作がジュール・ヴェルヌと言うのは驚きだが、結構脚色されているように思う。
 原作は、冒険小説であってコメディではないだろう。

 前日「リオの男(1963)」を見ていて、2日連続だとフィリップ・ド・ブロカ監督テイストにちょっと飽きた感じだが楽しめた。
 ウルスラ・アンドレスの服を着ていくストリップも珍妙だが、こう連続ではあまり目立たない。

 ジャン=ポール・ベルモンドは、結構スタントなしでこなしているようで当時の状況を考えると非常にまれだろう。
投稿者:Ikeda投稿日:2006-08-21 16:21:07
ジャン・ポール・ベルモンドのアクロバティックな演技には感心しますが、映画はスラップスティック・コメディを通り越して、漫画映画のようです。ストーリーとしては面白いのですが、あまりにナンセンスな場面が続くので、誰でも楽しめる作品ではないと思います。
香港やネパールの風景が出てくるのは、これが作られた時期を考えると、まだ観光的な興味を持つ人がいたでしょうが、現在ではそれほど興味を引かないと思います。ただ、私はこの映画が日本で公開された頃、香港へは2回ほど行った事を想い出しました。と言ってもそれぞれ1泊だけなので、それほど知っている訳ではありませんが、インド航空を利用したので、その機影が出てきて懐かしく思いました。
「追記」
「xpisdead」さんのコメントがありますが、これはは「ピストン野郎」のもので、こちらへは間違って重複投稿されたのだと思います。
投稿者:xpisdead投稿日:2004-05-10 06:30:56
「まぼろしの市街戦」が、カルト?とか言われながらビデオ、LD、DVDまで出たのに対し、こちらは20年以上も前に深夜のTVで放送されただけだ。富豪役のジャン=ピエール・カッセルがパリで恋と冒険を繰り広げる愉快でロマンチックな話し。彼がカトリーヌ・ドヌーブに訊く。「どこまで帰るの?」「1キロ先のアルジェンチーヌよ」「そりゃ、大変だ。僕の自転車に乗っていきなよ」「怠けの者のあなたが漕ぐの?」。そんな会話にジョルジュ・ドルリューの音楽。すべてが一瞬の夢、、、とは見てのお楽しみ。「まぼろしの市街戦」「カトマンズの男」、そして本作をブロカのBEST3としておこう。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】カトマンズの男2014/05/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カトマンズの男2014/05/21\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】カトマンズの男レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 リオの男/カトマンズの男 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,027
1新品:¥ 3,980より   3中古品¥ 1,198より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION