allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カリートの道(1993)

CARLITO'S WAY

メディア映画
上映時間145分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=エビックプロ=UIP)
初公開年月1994/04/23
ジャンルドラマ/犯罪
アル・パチーノ ギャングスター ベストバリューBlu-rayセット
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 3,980
USED価格:¥ 2,330
amazon.co.jpへ

 Photos
カリートの道

【解説】
 デ・パルマ&パチーノの「スカーフェイス」コンビによる“渋め”のギャング映画。かつて街を牛耳り麻薬の帝王として君臨したカリートが刑務所から帰って来て見たものは、以前には闇の世界にもあった仁義やルールが時の流れと共に姿を消し、今や殺伐とした雰囲気に変貌していた街の姿だった。今度帰ってきたら待っていてくれた恋人との純粋な愛に生きようと思っていた彼は、そんな街からは出ていくことを心に決めていたが、彼にはどうしても返さなければいけない1つの“借り”があった……。ハデなギャング映画ではなく、渋めにしようという狙いは分かるのだがそれにしては心に残る様な映画には成りえず、単調でちょっと傷心的すぎる印象を受けてしまう。
<allcinema>
評価
【関連作品】
スカーフェイス(1983)
カリートの道(1993)
カリートの道 暗黒街の抗争(2005)前日譚
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aスカーフェイス (1983)
[002]Aヒート (1995)
[003]Aフェイク (1997)
[004]Aセント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992)
[005]A明日に向って撃て! (1969)
[006]A恋のためらい/フランキーとジョニー (1991)
[007]Aセルピコ (1973)
[008]Aブレードランナー (1982)
[009]Aレザボア・ドッグス (1991)
[010]Aゴッドファーザー (1972)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
26219 8.42
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-03-28 23:25:47
【ネタバレ注意】

ウエットな話なんだけど、どことなくドライ。ラストダンスはやっぱ切ないね。踊っているのが彼女の子供であって欲しいな、なんて思いながら、それもまた夢物語なんだとしたら…ああやっぱり切ない。凡庸感はあるけど、クライマックスはさすがデ・パーマ印のカットが満載。今さらの初見ながら、ああもっと早くにみとくんだったな。

投稿者:cota投稿日:2014-01-25 14:47:09
【ネタバレ注意】

王道のマフィア映画ではないでしょうか。アル・パチーノは筋金入りの現役マフィアというより、こうした役の方がしっくりきますね。ラストの緊張感はたまりません。電車でのシーンなどは既視感もあるのですが、それでも飽きさせない。アル・パチーノ好きとしては見ておいてよかったです。

投稿者:UFO投稿日:2013-10-23 05:53:03
十分楽しめる。
投稿者:修羅がゆく投稿日:2013-02-15 17:13:23
この映画のショーンペンの頭髪は、いったいどういう仕組みになっているのでしょうか?

デパルマ印満載で大好きな作品なんです。この映画に詳しい方教えて下さい。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-25 02:09:38
既にスカーフェイスを撮ったデ・パルマ、似た題材にかなり難色を示していたとか。しかししかし、この力作。おもしろいわ〜、素晴らしき映画職人。7〜8点。
投稿者:jb投稿日:2012-07-28 21:53:29
ショーン・ペンは逝きすぎ。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-05-22 01:27:25
【ネタバレ注意】

スカーフェイスに続いて、デ・パルマとアル・パチーノがコンビを組んだ作品。

デ・パルマ作品で最も好きなスカーフェイスがほぼアル・パチーノ1人の魅力で描ききった作品であるのに対し、こちらは脇役がそれぞれ魅力的。

嫌な奴ショーン・ペンをはじめ、彼女役のペネローペ・アン・ミラーやジョン・レグイザモなんかも結構濃いキャラだったな。

しかし最初に撃たれるシーンを持ってきてしまった事で、ラストの銃撃戦の後のオチが分かってしまうのが残念でしかたなかった。
『サンセット大通り』なんかではこの手法でうまくいってたんだけどねぇ…

投稿者:scissors投稿日:2011-04-01 02:27:50
クサい。クサすぎて無理。
投稿者:namurisu投稿日:2010-02-19 14:36:31
エスカレーターでの銃撃戦は、たまらんね。ラストの曲が切ない。
投稿者:karr投稿日:2010-02-18 08:44:11
アルパチーノの魅力全開。
一流の悪党を演じ切る。
この悪党は、長年掛けてつかみ取った必殺技を持つ匠にも似ている。
その生き様は英雄の輝きをも放つ。
さらに、人間的な側面をもしっかりとえぐり出す。
そして、厳しい現実が容赦なく偶像を破壊してしまうのだ。
悪循環の蟻地獄にズルズルと引きずりこまれてゆく恐怖は、悲哀を伴い、我々をも道連れにする。

また、役者としての幅の広さを再び知らしめたショーンペン。
そして、忘れてはならないのが、ベニーブランコに同化したジョンレグイザモ。まさにベニーブランコである。その本性を垣間見せられたかのような錯覚に陥る。しかも、不思議と身近に感じるのは何故なのか。どんな会社にも、どんな店にも暗躍していそうな男だから?自分?
ルイスガスマンも相変わらずの好演、さすがだ。

どんな人間であれ、必死な姿は胸を打つ。
そんな必死な男達を、ブライアンデパルマは最後まで巧みに操り、胸を揺さぶる快作を作り上げた。
一流のギャング映画であり、人間ドラマである。
投稿者:naoron投稿日:2009-12-30 09:34:05
ラストの電車と駅のシーンはまさにデパルマ!ここだけでも観る価値あり!
投稿者:ジーナ投稿日:2009-09-14 02:35:41
真っ当な道を歩もうと改心するも悪の道からなかなか抜け出せない男のクライムサスペンスとラブストーリーのバランスがGOOD
主人公に感情移入しやすいという点でベタながら効果的なドラマを見せていると思います。
義理堅いがため悪事に巻き込まれてしまう展開は緊張感がありましたし、淡々としている割には時間の長さを感じずに鑑賞できました。

しかし、裏社会では大物だった男が強盗をするでもなく脅迫するでもなくコツコツお金を貯めている姿はかなり地味。
愛する女と第二の人生を歩むための資金を貯めるとか何とか言ってますが、ヤバめの状況になりつつある訳だから「もう金は向こうに着いてから稼げよ!」と思ったり・・・なんだか彼の生き方が観ていてもどかしく若干イラつきます(爆)
なんかこう・・・本気で変わろうとしている姿勢が見えないというか、どこか諦めている感が漂うカリートに対してスッキリしないんですよね。。。
これは私が女だからカリートに対して厳しい目で見ちゃうだけで、男性なら違う見方になるのかもしれません。

カリートがバリバリ街を仕切っていた時のエピソードなどが無い上にこのモヤモヤ感たっぷりのリタイア寸前マフィア映画だからビシッ締まらなかったというのもあるかな・・・?
まぁ、リアルと言えばリアルな作品かもしれませんが刺激的ではありませんね。

ブライアン・デ・パルマ監督の作品にアル・パチーノと言うのは個人的に微妙だと思っていますが、こういう昔は大物だが現在はパッとしないショボめのヤクザキャラは見事にマッチしてます(笑)
そして、脇を固める役者陣も素晴らしいのなんの♪
特にショーン・ペンのどうしようもないキャラは嫌われる事必至です(笑)
そして彼の外見と奇妙なテンションも生理的に嫌われる事必至です(爆)
他にもヴィゴ・モーテンセンやジョン・レグイザモなど皆さん丹念な役作りで目を疑う容姿になっていました。
そういった意味でも役者魂を感じる渋いキャスト陣が揃っているので見応えはあると思いますよ。

ボートを使った海上シーンと電車やエスカレーターを使ったドンパチシーンは良かったですが全体的にデ・パルマ監督の特徴は感じられない作風でした。
ところどころ「おぉッ!!!」となるカメラワークや演出はあったんですが持続しないんですよねぇ・・・。
だから、デ・パルマ作品が苦手な方のほうが普通に楽しめるかもしれません(笑)

70\'sらしい曲調のディスコナンバー、当時を再現した美術や衣装、オープニングのカッコ良さは高評価ですね☆

とりあえず・・・男気溢れるマフィア映画を観たい方には不向きですが、歳をとって丸くなったセンチな男の姿を観たい方にはオススメです(笑)
投稿者:きゃる投稿日:2007-12-29 20:46:04
「映画」を楽しみたい人に、人生のもの悲しさをどう伝えるか工夫がありました。
この表現方法は、テレビドラマやステージのショーを真似ることなく、
「映画」の古典的伝統を貫いた点で高く評価したいと思います。
投稿者:irony投稿日:2007-11-13 19:57:10
 ラストのチェイスはデ・パルマらしい ホント努力はしたんだよ…。
投稿者:ゆうま投稿日:2007-04-13 12:07:02
【ネタバレ注意】

同じコンビの「スカーフェイス」も大好きなんですが、あれが子供とすれば、本作は大人ですな。完成度からしてもそれ以上、完璧ですよ、間違いなく!いつも以上に華麗なカメラワークはもちろん、クライマックスの興奮といったら!・・・デ・パルマ監督見事!です。といいながら唯一惜しいと思うのは、オープニングにラストの種明かしをしているところで、もうちょっと違う見せ方があったのでは・・・?

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2007-03-16 00:56:56
ラストの逃げるシーンはデ・パルマらしいつくりで結構ハラハラした。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-28 00:39:39
ベタと言えばベタだが好きな映画です。
このアル・パチーノは相当に格好いい!はまってると思う。
そしてショーン・ペンがこれまたいい味を出している。
ジョー・コッカーの歌はベタ中のベタなんだが雰囲気を盛り上げている。
ハラハラドキドキ感もあり、やるせない感もありの男気溢れた映画です。
投稿者:田島雅之投稿日:2006-08-11 18:40:04
プールバーのシーンは明らかに殺人事件が起こることが予想され、実際起きる。その際の観客への焦らし方がデ・パルマはウマイ。ラストの駅での鬼ごっこはトムとジェリーみたいにテンションに合った曲を乗せスリルを感じる。この監督はアンタッチャブルでも魅せた段差演出が秀逸で、今作もエスカレーターで絶妙な銃撃戦を魅せる。しかもとても1カットでのステディカム撮影が巧妙で陶酔感がある。
アル・パチーノは古いタイプの伝説的な役をカリスマ的に好演している。
投稿者:nightwing投稿日:2005-11-30 20:47:21
マフィア映画は「スカーフェイス」が最強と思ってましたが
これもいいですねぇ〜♪
ヴァイオレンスシーンが少ない点が気になりますが、判り易くて面白い。
しかしショーン・ペンには驚いた。最初誰か判らなかったし・・。

レグイザモもいい味だしてます♪
投稿者:bond投稿日:2005-07-28 11:44:20
雰囲気はでていたし、パチーノの渋さ、ペンのメイク等もよかった、ストーリーの流れもいいし、まあまあの良作では。
投稿者:映子投稿日:2005-06-05 21:49:14
アル・パチーノの感じはもちろんの事、この映画でもショーン・ペーンの役者ぶりには驚かされた。クレジットを見ないで見たら彼だとわかったか疑問。ユダヤ人のヤク漬けの悪徳弁護士になりきってた。あんな感じの人いかにもいそうだし。・・・
解説にもあるように確かにあまり心に響いてくる感じは少ないが、一人一人の役者の演技がはまっているし、ラストの逃走劇のハラハラ感のカメラワークも良かったと思う。
「セント・オブ・ウーマン」で校長の役をしていた人がこの作品でも証言の取引を仕掛けていたので、またかと思ってしまいました。
音楽も良かったし、エンドクレジットの背景がきれいです。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 22:50:18
評価低いっすね。自分は好きです。
投稿者:イドの怪物投稿日:2004-09-21 21:52:07
この「切なさ」は「ゴッドファーザ」を知っていればこその物で、この映画単独では単調とのそしりは止むをえませんでしょう。 この後、「ヒート」で逆の様な立場になるのも製作者がそこまで意図しての事でしょう。
やはり「アル・パチーノ」の映画としては必見と思います。
投稿者:Johnny投稿日:2004-02-21 02:21:54
随所にデ・パルマらしさが出ていて特にオープニングと
ラスト辺りはこれぞ、デ・パルマ!な感じが伝わってきました。
全体的に派手さは感じられないが
こーゆー雰囲気は、とっても好きです。ショーン・ペンも
最近には、なさそうなイカレた役で面白かったし
アルもいつものシブ〜い演技で
新しい感じはしないけれど良かったです。
隠しキャラのアラゴルンもいい!(隠してないか‥)
流れてくる曲もいい感じで、好きな映画です。
投稿者:SPORTY投稿日:2004-02-04 21:54:14
【ネタバレ注意】

なにしろぺネロープ・アン・ミラーが可愛い!!
パチーノはこの上なくセクシーだし、ショーン・ペンの頭髪を抜いての敵役熱演も必見!!「レディ・ママレード」「エモーション」等、極上のダンス・ナンバーもふんだんに盛り込んで音楽ファンも楽しめる♪
ラストの地下鉄スリル亀吉シーンは『アンタッチャブル』の駅・乳母車シーンの再現(←ま、これ自体大昔のソ連映画からのいただきだが‥)し、ここに極めた感アリ!ハラハラドキドキ名人デ・パルマの面目躍如。見るべき。

投稿者:ASH投稿日:2003-10-24 23:00:06
【ネタバレ注意】

 エスカーレーターの使い方が好きだ。泣いた。

 【My Cult Film】

投稿者:トリガー投稿日:2003-01-03 15:29:11
デ・パルマ最高傑作。終盤まで複雑で入り組んだ人間関係とちょっとしたロマンスを見せ、最後で爆発させる。駅での逃亡劇のハラハラ感は、近年みられるハリウッド映画の緊張感の欠如を生生しいまでに語る。アル・パチーノの演技は相変わらず渋く、ショーン・ペンの演技が最高。裏切りの連続であるギャング映画の中でも最高峰を行く。一概に上手い展開だとは言えないだろうが、予想できない展開という意味では素晴らしい。モーテンセンもう少しでてくれよ。
投稿者:hosei投稿日:2003-01-02 12:34:52
 この映画を観て大阪の地下鉄を走り回りたくなった!
投稿者:shinjuan投稿日:2002-09-20 01:34:38
スカーフェイスではどうも納得できなかったんでしょうね、デ・パルマは。で、もう一丁という勢いで作った劇画でした。ショーン・ペン、やってくれるよね。こんな嫌な役、なかなか無いっす。
投稿者:ダーク・ディグラー2投稿日:2002-03-12 23:11:59
あまりにも悲しくも切ない仁侠映画の王道。
パチーノの渋めの演技やデパルマの
スカーフェイスみたいに抑えた独特のキャメラワークや
徹底的に一人称に徹したストーリーテーリング。
絶妙の伏線。

東映の任侠映画みたいですごくよかった。
スカーフェイスとは表裏一体の映画のような気がした
投稿者:ZERO投稿日:2002-01-19 22:01:45
結構気にいってます、これ。なんとか足を洗おうともがくところが切なくて良いです。たしかに「スカーフェィス」の2番煎じかもしれないけど、あえて「スカーフェイス」で描かれなかったその後という気持ちで見れた。
というかマフィア、ギャング系の映画好きなんで2番煎じでも何でももっと見たいなぁ。いまあまり無いもんね。。
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-03-30 21:18:28
↑で酷評されてるみたいですが少なくともスカーフェイスより良かったなあ。確かにダラダラを狙いすぎて単なるダラダラだったような気もしますけど、足を洗えないギャングの悲しい生き様、なかなかでしたよ。
というか、ショーン・ペン観るの2回目だったんですけど、どこに出てるのかしばらく気づきませんでしたわ。ショーン・ペンいつ出て来るんだろう、と思いつづけて1時間くらい経っちゃいました。あほです。この弁護士さんも誰だか知らんけどいい味だしてるな、後でチェックしよう♪とか思ってました。ばかです。
投稿者:てつや投稿日:2001-03-30 19:33:24
のシーンはめちゃめちゃいい。もう戦慄覚えた
クライマックスの長回しもいい、さすがデパルマ
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-03-04 07:15:35
 デ・パルマって、カットバックさえ満足にできない凡監だと思っているのだが、
客観的、冷静に考えると、私が見たデ・パルマ作品の中では最もよくできた部類
の映画。単なるフェティッシュなカメラワークの追求に終わらず、人間が描かれ
ていると思う。アル・パチーノの迫力。ショーン・ペンの悪役造形。ペネロープ・
アン・ミラーもどきどきさせてくれる。これら人物は皆一貫性がある。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:Guy投稿日:2001-01-17 01:13:31
やはり印象深いのは、駅構内エスカレーターの銃撃戦前の長廻しショットでしょうか?デ・パルマ万歳!!
アル・パチーノの渋い演技の素晴らしさは今更ですが、公開当時ショーン・ペンの変貌ぶりには本当に驚きました。
男の一途な生き様を見事に描いた男性必見の映画です。
投稿者:vegirama投稿日:2000-08-06 02:10:04
渋い、かっこいい。心情がすごく伝わる。


【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞ショーン・ペン 
 □ 助演女優賞ペネロープ・アン・ミラー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】アル・パチーノ ギャングスター ベストバリューBlu-rayセット2014/12/19\2,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】カリートの道2012/04/13\1,886amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】カリートの道2011/06/22\1,886amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】カリートの道 ブルーレイ&DVDセット <期間限定生産>2010/09/23\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション2012/04/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション2011/09/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション <初回限定生産>2010/05/12\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション2009/07/08\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】ショーン・ペン ベスト・パフォーマンス・コレクション2008/11/13\5,600amazon.co.jpへ
 【DVD】アル・パチーノ ベスト・パフォーマンス・コレクション2008/08/07\7,000amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション2006/09/21\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】カリート&スカーフェイス トリプル・パック <初回限定生産>2005/12/23\6,980amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション <【UPJ】1枚買って1枚もらえる!キャンペーン第4弾商品>2004/11/26\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】アル・パチーノ コレクション2004/05/26\8,980amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディション2004/05/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カリートの道 <期間限定生産>2003/04/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】パチーノ&デ・パルマ コレクション <初回限定>2000/11/08\6,980amazon.co.jpへ
 【HD DVD】カリートの道2008/02/14\4,743amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】カリートの道レンタル有り
 【DVD】カリートの道レンタル有り
 【DVD】カリートの道 スペシャル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】カリートの道レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION