allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アガサ/愛の失踪事件(1979)

AGATHA

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1979/10/20
ジャンルミステリー
アガサ/愛の失踪事件 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
amazon.co.jpへ

【解説】
 女流推理作家の草分けであるアガサ・クリスティが、夫に捨てられたショックで11日間に及ぶ謎の失踪をした事件があった。これは、彼女のその間の行動を、克明に追う真面目な作品である。明らかになる新事実にとりわけ驚きはないが、レッドグレーヴ&ホフマンの取り合わせと、V・ストラーロの優雅なカメラワークは堪能できるし、30年代の時代色を忠実に再現する美術も良い仕事をしている。監督はドキュメント風の題材をエンタテインメントにするのが得意で、最近ようやくその流麗なスタイルがストーリーテリングと違和感無く結び付き、「ネル」などの秀作を発表しているアプテッド。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ネル(1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
432 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-02-10 17:31:31
この作品を見たときは、地味な作品という印象をもったのですが、
この監督はその後次々にヒット作品を手がけ、随分器用な
商業監督だったのですね。
主役2人がさすがに上手く、敢えて身長差を隠さない場面は面白かったです。特に我が身を犠牲にして復讐するという
エキセントリックなアガサを演じたレッドグレーヴは、
本当のアガサもこんな人物だったのかと思わせます。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-01-10 15:35:08
みんなはまり役で、ありえない話だけど楽しめます。寒い中、捜索に狩り出された人達が気の毒で。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:Ikeda投稿日:2010-11-13 10:40:07
アガサ・クリスティ(ヴァネッサ・レッドグレーブ)は夫アーチボルド(ティモシー・ダルトン)から秘書ナンシー(セリア・グレゴリー)と結婚をするので離婚してくれと言われ、愕然とする。しかしメイドからナンシーがハロゲートの鉱泉に言ったということを聞き、自分も車でハロゲートに向かった。しかし途中で事故に会い車を乗り捨てたので、これがアガサ失踪事件として新聞でも騒がれたが、彼女はハロゲートのホテルに泊まっていた。アメリカの新聞記者ウオーリー(ダスティン・ホフマン)は彼女に興味を持ち、彼女を突き止め、顔を知れれていない事を利用して彼女に近づいた。アガサは自分の夫を奪ったナンシーに報復しようとして・・・。

アガサが「アクロイド殺し」を発表した頃に失踪した事件は、かなり有名ですが真相は未だにはっきりしていません。この映画の原作者キャサリン・タイナンは、それを自分なりに話を作り上げていて、完全にフィクションであることは間違いありません。
最初の内はかなり面白いですが、中盤からウオーリーがアガサに接触し始めてからの展開が冗長で、ホフマンを見せるだけの感じに退屈しました。それに最後になると、アガサがするトリック的な行動が解りにくく、ウオーリーと共に何を考えているのか、はっきりせず、あまり良い演出とは思えませんでした。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-09-12 15:57:16
世界一のミステリー作家としてのアガサではなく一女性としてのアガサを描くことが目的だったのだろうが、シナリオ・演出ともイマイチ。
当時30代後半ながら超一流のランクにのしあがりつつあったストラーロのキャメラも、本作のようなドラマ主体の小品には派手すぎたか。1920年代の雰囲気をとらえたセット・ロケの効果は出ていたけども。
アプテッドは中堅の監督さんで下手じゃないんだけどねえ・・・しかし、御年70でこのままフェイドアウトかいなと思ってたら、何と「ナルニア国物語」最新作をやったとか、やるね。
演技陣。頭の回る記者ホフマン、中年の色気をほのかに漂わせたレッドグレーブいずれも演技巧者だけにさすがだ。
投稿者:南青山の住人投稿日:2009-10-25 19:58:32
 実際にあったアガサ・クリスティ失踪事件を元にしている。ハロゲートで発見されたこと,夫の愛人の姓を名乗っていたことなど枠は事実そのままである。

 慎み深い英国女性に,弱みにつけ込むアメリカ人ジャーナリストが強引に近づいていくのだが,ダスティン・ホフマンの無神経さや厚かましさが終始不快感を感じざるを得なかった。

 電気椅子を使う趣向の意外性は,ミステリらしさがあるものの,無理がつきまとう。
投稿者:bond投稿日:2006-01-11 13:11:29
全体的にトーンを抑えて上品かつシックに仕上がってる、大人の映画。いいでしょう。サントラもかなり良かった。
投稿者:tomason投稿日:2003-08-21 13:08:17
地味だけれど、いい作品だと思う。70年代の映画にもれず、ちょっと乾いた雰囲気。でもホフマンにしては抑えた演技は安心してみていられる。主役レッドグレーブは本当に不思議な女優だ。美人でもなければ、妙に手足が長くていかついが、中からにじみ出る気品がこの役にぴったりマッチしている。特に派手なシーン展開があるわけでもないが、この二人の演技には見入ってしまう。小男のホフマンと包み込むように背をかがめてキスするレッドグレーブのシーンはとても素敵だ。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-06-11 22:14:46
 アガサおばさんに興味を持つのは,イギリス人の一部と熱狂的なアガサ・ファンだけだろう。失踪の謎解きも結局は興味を惹く内容ではなく,アガサの「ポワロ」の方が十分楽しめる。ホフマンとレッドグレーヴの競演を見て楽しむか,1930年代イギリス風景を楽しむかだが,ホフマンは背低いし,既にTVの「ポワロ」や「ホームズ」を見慣れた目には古い風景も特別興味を惹かない。公開時に観ないとダメだったのかな?
投稿者:Longisland投稿日:2001-02-11 00:43:02
なんか、今みるとすごいスタッフ&俳優陣だなー。
地味だけど良く出来た映画、レッドグレーブとホフマンの身長差、テモシー・ダルトンの傲慢(演技だけど)が印象に残ってます。撮影がストラーロだったんだ、中学生ながら「良い絵撮ってるな〜」なんて生意気に思った記憶があります。
でも、この監督が007撮るなんて・・・・人はどう成長するか解らんもんだ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 衣装デザイン賞Shirley Russell 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アガサ/愛の失踪事件2012/08/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】アガサ/愛の失踪事件レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION