allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

監督ミケーレの黄金の夢(1981)

SOGNI D'ORO

メディア映画
上映時間105分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(ゼアリズ=新日本映画社)
初公開年月1990/02/08
ジャンルドラマ

【解説】
 自分の作品の上映会に呼ばれては“いつも同じ”だの“政治観が硬直的”“古傷を舐めている”等とけなされてウンザリ気味の監督ミケーレ。“疲れ切った羊飼いや労働者や主婦が君の映画で救われるか?”が決まり文句の輩は神出鬼没でどの会場にも現れる。周りがライバルと目す同世代作家は学生運動をミュージカルにしてデビュー、ヒットを飛ばし、彼も“フロイトの母”なる新作に取りかかるが、有名な精神科医と自分を混同するマザコン中年を主人公にした映画は、なんだか超愚作の雰囲気(撮影場面はまさにケッ作だが)。救いを夢の中の美少女に求める彼だが、そのとんでもない展開にまたうなされる。TVのバラエティでは、例の新人監督と共に出演、隠し芸や身体を張ったゲームで自己主張を競うが惨敗。再び夢の世界に戻るのだが……。間を置いてドッと笑えるギャグが30秒ごとにある、腹痛覚悟の、モレッティのシニカル・コメディ。この二作目でイタリア映画が彼の双肩にかかることを実証した。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:QUNIO投稿日:2009-04-25 10:44:28
まあ才能の無い人がどうしても映画を作らなければならない条件に乗っ取って周囲を混乱させるブラック・コメディで、そういう話は意外と多くこれなんかもその典型。モレッティの評価は国内で不当に低いのが悲しいがこの映画は彼の真骨頂。ナルシシズムの塊みたいな「監督さん」をモレッティ自身が怪演。ラストで『狼男アメリカン』に変身する主人公の末路が痛い。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 特別金獅子賞ナンニ・モレッティ 
【レンタル】
 【VIDEO】監督ミケーレの黄金の夢レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION