allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ガントレット(1977)

THE GAUNTLET

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1977/12/17
ジャンルアクション/サスペンス/犯罪
映画史上最大のスペシャル・イフェクト!11大見せ場をぶち抜く45000発の銃弾に1人で挑む凄い奴!
ガントレット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,418
amazon.co.jpへ

 Photos
ガントレット

【解説】
 組織がらみの重要事件の証人を、ラスベガスからフェニックスまで護送する任務を受けたしがない刑事ベン・ショックリー。だがベガスで彼を待っていたのは、若く美しい娼婦マリーだった。組織に命を狙われているため無事にフェニックスに辿り着く事はできないと言うマリーの言葉にショックリーは耳を傾けないが、二人の行く先々でトラブルが続出する……。当時、愛人関係にあったS・ロックをヒロインに迎え、イーストウッドが監督・主演したアクション映画。そのせいか、本作にはアクションとしての面白みよりも、冴えない中年刑事と知的な娼婦のひとときのロマンスの方に比重が置かれており、ロックもイーストウッドの期待に応える好演を見せる。開巻、ジャジーなBGMが流れる中、夜明けの路上に車から降り立つ酔っ払ったショックリーのシーンをはじめ、雰囲気描写も上々。タイトルの“ガントレット”とは、両側にムチを持った人間を並べその間を走り抜けさせる拷問の事で、クライマックス、両側から無数の警官隊による銃撃を受けつつショックリーが運転するバスのシーンを指している。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16129 8.06
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:のらねこ投稿日:2012-11-20 15:57:45
 原題とラスト近くのクライマックスシーンから連想したのが昔何かの映像でみた キリストが磔になる前に両方の列からビシビシ打たれるシーン
 序盤ロックの家が写る時God make house callって看板が写ったり砂漠の中
行軍したり 列車の中で暴漢に磔ぽく吊るされたり 何かキリストの受難に重ね合わせようとした脚本の意図を感じる。
 終盤につれイーストウッドの顔もだんだんキリストに S.ロックもマグダナのマリアに思えてくる。
投稿者:scissors投稿日:2012-06-03 06:42:00
つまらんコメディみたいな
投稿者:流氷一滴投稿日:2012-05-03 00:20:59
【ネタバレ注意】

「B級グルメ」という言葉がある。街の食堂やそば屋で、外見は高級とは縁遠いのだが、なぜかうまくて客が集まる。
この映画は、まさに「B級グルメ」だ。リアリティーという点では落第点。トリックや意外性という工夫もゼロ。あるのはただ「ドンパチ」だけだが、これが半端じゃない。

ストーリー自体も、子供だましの内容。ヒーローとヒロインが、2回も危うく「蜂の巣」にされかけるのだが、なぜか1発も当たらない。警察長官の「悪玉」ぶりも、あまりにチャチ。脚本は三流芝居。

いや、そんなことはどうでもいいのだ。見どころは、家やクルマが「蜂の巣」になるところ。それでも、ヒーローとヒロインは助かり、濡れ衣も晴れて「めでたし、めでたし」
観客も大満足。だから「グルメ」なのだ。

投稿者:has42120投稿日:2010-10-13 16:20:17
クリント・イーストウッド
投稿者:ジーナ投稿日:2010-05-27 03:11:49
飲んだくれのやさぐれ刑事と口の達者な娼婦が悪に立ち向かうアクションムービーです。

明らかに黒幕が分かってしまうのが惜しいトコロですが、黒幕がわかっても楽しめる構成になっていると思います。
証人護送だけでアクションやら男気やらロマンスやら絆やらロードムービーの趣やら・・・を盛り込んでいるので飽きません。
証人の娼婦に手を焼く序盤は観ていて面倒くさい気持ちになりましたが、ふたりに信頼関係が芽生えだしてからは女優さんの魅力も感じ取れるぐらい気持ちの余裕ができました(笑)
その分シリアスさやスリリングさは欠けちゃいましたけど(爆)

主要キャラ二人に重点を置きすぎて、他のキャラに対する描きこみが足りないのも残念でしたね。
警察の同僚や上司にもう少しドラマ性を持たせても良かったと思いますよ。

クリント・イーストウッドは引き締まったアクションもさることながら、男のプライドと女を守る優しさの「硬さと柔らかさ」を使い分けた演技で魅せてくれます。
終盤の女性に対する「楽しみにしてる」というセリフ・・・キュンキュンでした(笑)
ただ、ソンドラ・ロックはみずみずしさに欠けたカナ・・・。
女子大生風の売春婦とか言ってたけど、無理があるでしょ(爆)
若さも感じられなければ色っぽさも感じられなかったので、私の中ではミスキャストでしたね。
高めの声もなんだかイラッとするし(爆)
しかし、この二人の掛け合いは絶妙で楽しめました。

終盤の度を超えた銃弾の嵐が最大の見せ場でしょうが、アクションは全体にバランス良く散りばめられています。
家屋全壊にいたっては、迫力を超えて笑いが生まれましたよ(爆)
まぁ、この当時はCG技術も無かった訳ですから、、これほど激しいアクションを撮った事を評価すべきでしょうね。

細かいトコロを追求すると有り得なさ満点で大して面白みがあるストーリーだとは言えませんが、なんとなく雰囲気に呑まれる力を持っている作品で見入ってしまいました。
イーストウッド好みの魅力的な音楽もだいぶ貢献しているのでしょう。
投稿者:きらきら投稿日:2009-11-13 09:07:03
最初見たときはぶっ飛びましたな〜。

タイヤが撃たれてのろのろとバスが進んでいくラストシーンはエロティックな感すらある。「ダーティーハリー」よりはこちらのほうがはるかに好きです。
投稿者:uptail投稿日:2009-06-10 23:25:02
演出:9
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:kinenchyu投稿日:2009-01-09 22:44:47
テンポも良く迫力も満点の作品です。それにしても良く撃つ作品ですね。
投稿者:william投稿日:2008-12-15 03:09:49
強情なところは、メル・ギブソンの「ペイ・バック」みたい。ここまで命を張る必要性はあるの?でもって不死身。
しかし、飛行機の追跡シーンとバスの蜂の巣シーンは迫力満点で見物。
投稿者:なちら投稿日:2008-12-01 01:17:37
オープニングと爆走するバイクを優雅に撮影している点は美しいと思った。
とにかく撃ちまくる事がこの作品のウリみたいだけど、家やらバスやら…
あまりにも過剰で、ちょっと品が無くやっつけに感じた。
せっかくキレイなシーンが沢山あるのにな。

それよりも〜!S・ロックって賢く度胸のあるオイシイ役だよね…。
私情入りまくり、彼女を輝かせる為の作品って気がして、あの骨っぽい顔が苦手な自分はちょっと不服〜。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-01-06 13:35:10
まぁまぁでした。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-11-14 19:59:14
通して見たのは初めてだが、キャラクターの性格が細かく描かれていないので、アクションがあまり盛り上がらない。デルーカの姿が見えないのも説明不足(死んでたのか?)。
それでもクライマックスの蜂の巣バスは好き。ビデオで何回観たか。DVDは吹替えも入ってるのかな。間抜けな警官の青野武と悪徳コミッショナーの納屋吾朗がいい。
投稿者:まろん(・∀・).*★投稿日:2007-10-09 19:08:33
何で弾がバスのタイヤに当たらないの?
とか、そんなことはどうでもいいのです。
イーストウッドのサービス精神たっぷりのこの作品、何も考えないで楽しんで下さい…
投稿者:Ikeda投稿日:2007-06-13 12:35:36
やたらに銃を撃ちまくるのが有名な映画ですが、ストーリーは単純で、アクションが好きでないと面白くない作品です。バイクを追うヘリコプターのシーンではうまく撮っていますが、予想が付く結果なので、さほどの事はありませんでした。
最後のバスの銃撃では800発以上使ったそうですが、狙わなかったにしても、何故タイヤに当たらないのかと思って見ているとイライラしました。それに道路の両側に警官を配置して車を一斉射撃させるなどは、実際にはまず考えられず、緊迫感がまるっきりありません。
投稿者:ヘンリーG投稿日:2006-11-11 22:25:30
ストーリィは単純明快でわかりやすく、アクションは荒唐無稽で銃弾多すぎですが、それが爽快。ヘリコプターのシーンや最後の強行突破シーンも、長いのに飽きさせず、上手い。音楽もアクション映画にはマッチしなさそうなジャズですが、なんかかえって渋くて良かったです。
投稿者:ノブ投稿日:2006-03-29 16:42:54
【ネタバレ注意】

「ガントレット」(クリント・イーストウッド)
最初の護送車の爆破とカーチェイス・家が蜂の巣になる所(最後に家が崩れ落ちる所)・パトカーが州境で蜂の巣にされる所(警察官がにこやかに「ご苦労さん」というと一斉射撃される・「ようこそアリゾナへ」と「主は永遠の命をさずけたまう」という看板の使い方)バイクとヘリコプターの追いかけっこ(電線でヘリコプターがぶつかり爆破される時のアングル・手前にバイクで、奥にヘリコプター墜落のラスト)・電車内での殴り合い(女が上半身裸になる所や最後相手の女を殴る所)・バスでアリゾナの裁判所に乗り込む所(警官の一斉射撃でバスが蜂の巣になる所)など最後までテンポが良くアクションも最高だった。
最初の留置所に証人を迎えに来た時のやりとり(20ドルと言っていたが、相場は100ドルなど)・パトカーでの娼婦と警察の仕事についての会話(娼婦と警察は仕事が似ている・娼婦は洗えばキレイになるが、警察は心の奥まで汚れているなど)・電車でのやり取り(女に興味がないのかといって上半身裸になり注意をそらす・女の私を殴らないわよねと言った直後、殴って電車から突き落とす)・モーテルから電話でラスベガスの賭けに有り金全部をつぎ込む所・バスジャックでおばあちゃんが「TVに出るかしら・頑張ってね」と言うシーンを入れる所など面白い演出が多かった。
全体的にはアクションも演出も面白く、道中で刑事と証人の娼婦の女が打ち解けていく感じが良く出ていた。
又銃撃シーンは撃って撃って撃ちまくっていたが、撮り方がうまくあれだけ撃っても馬鹿らしく見えず緊張感のあるシーンになっていて見事だった(撃つ所だけでなく細かいカットで撃たれた様子(ガラスにヒビが入る車体にショットガン(散弾銃)の穴が一度にいくつも開くなど)を撮っていたからだと思った

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-12-03 20:43:39
【ネタバレ注意】

…家やバスがハチの巣にならなくても。
手出しできない権力者、悪の暴力に対する憤りがラストの共感(人間の感情)でカタルシスを感じる…って事なのかも。
自らの体を武器にイーストウッドを助けるソンドラ・ロックが格好良い。
そもそもイーストウッドもやられかけてたが…(人の為ではなかったが)
ヘリも派手、ハチの巣も派手、フッカーのねぇちゃんは頭脳派。
そして絶対不可能な倍率は100倍に膨れ上がる…

投稿者:オメガ投稿日:2005-11-09 10:58:42
【ネタバレ注意】

女と行動をするタイプのアクション物は、個人的にあまり好きでは
ないがこれは違う。お互いが、押しては引っ張りの繰り返し。これが
面白い。ストーリーも一本道だが切れも良く、イーストウッドが常に
追われている立場にあるという所も逆に良い。
ラストは胸が「スカッ!」とする。

投稿者:さだじ投稿日:2002-03-31 03:54:32
 二人の逃避行が賭けの対象になっていたり、話に多少ひっかかるところがなくもないのですが、けっこう好きな映画です。リアリティゼロのアクションがとにかくおもしろい。銃で家ぶっ壊すだとか、バスに撃ち込むハンパじゃない銃弾の数だとか。「なぜそこまで?」「早くタイヤ撃てよ」なんてのはいいっこなしです。そしてイーストウッド氏が見せる「ダメ男の意地」が作品をよりいいものにしています(氏がそんなにダメ男に見えないのが残念。オープニングだってかっこいいダメっぷりだもんなー)。ソンドラ・ロックも単に騒ぎ立てるだけではなく、インテリジェンスを感じさせる役を演じているので、それがある種のスパイスを作品に加えることになっていると思いました。フツーに作ってしまえば、単にアクションだけの映画になりそうですが、こういった「中身」にも手を抜かないあたりはさすがですよ。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:ASH投稿日:2002-02-06 22:25:41
【ネタバレ注意】

 要するに、「男の意地」の映画なのかな。ショックリーにしてみれば、ハスッパなガスが殺されたって構わないはずなのに、意地でも彼女を守り通して、目的地であるフェニックスまで護送すると。長官の汚職への怒りという一面もあるんだろうけど、実はあまり重要な要素ではないと思う。

 イーストウッドは実にサービス精神に徹した演出に終始している。ヘリコプターとバイクの追いかけっことか、クライマックスのバス銃撃とか、まあ派手なこと。放たれた銃弾の数は、もしかするとハリウッド映画史上最高?

 フッカーに対する、野郎どもの容赦ないセクハラ発言。商売女だから、何言っても構わないってか。ガスは大卒といことで、言われっぱなしの女ではないんだな。彼女の機転で、ショックリーは何度となく救われるわけだし。

 ソンドラ、ナイン(死語)です…。

投稿者:ムーラン投稿日:2001-08-14 07:47:02
家が破壊されるまで、バスが潰れるまでとことん撃ち続る。確かに”何故?”と思われるは当然ですが、主人公のイーストウッドは2発しか撃っていないこと(しかも対象が人間ではない)にお気づきですか?。そのことに重要な意味が隠されているのですよ。傑作です。
投稿者:出木松博士投稿日:2000-12-10 03:15:08
銃撃シーンの為の映画じゃないでしょうか。なぜあそこまで撃ちこまなきゃならないのかは疑問が残りますが、気にせずに見ましょう。
【レンタル】
 【Blu-ray】ガントレットレンタル有り
 【DVD】ガントレットレンタル有り
 【VIDEO】ガントレットレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION