allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インベーダー(1995)

THE INVADERS

インベーダーズ(TV)

メディアTVM
上映時間180分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルSF

【解説】
 かつて“SF版「逃亡者」”として日本でも人気の高かった連続TVドラマ「インベーダー」の二十数年ぶりの新作スペシャル。
 自動車事故の現場から救出された男が病室から忽然と姿を消した。患者の血液を調べていたジョシュはそれが人間のものでない事に気づく。一方、殺人罪で投獄されていたノーラン・ウッド(S・バクラ)は精神鑑定の結果、釈放されることになった。ある時期から奇妙な幻覚に苛まれていたウッドは、別れた妻アマンダの住む田舎町を訪れ、息子カイルの成長した姿を見る。だがアマンダの亭主ジェリー(R・トーマス)に追い出されるように町を後にしたウッドがたどり着いたのは、ジョシュの殺害現場だった。ジョシュ殺しの汚名を着せられたウッドは病院に収用されるが、警官をかわして脱走、再び息子の元へと急ぐ。カイルは養父ジェリーの奇行に不信感を抱き母に警告するが、ジェリーとの間に出来た赤ちゃんを孕んでいるアマンダには聞こえない。恋人ジョシュを殺された女医エレン(E・ペーニャ)はウッドを憎んでいたが、彼の言動がジョシュの発していたものと一致していた事から事件の背後に潜む謎に興味を持つ。こうして人々はそれぞれの理由でひとつの場所に集まろうとしていた。そしてその中には、20年もの間、宇宙からの侵略者の脅威を説いていたデヴィッド・ヴィンセント(R・シネス)の姿もあった……。
 純粋なリメイクを否定し、インベーダーとの新たなる戦いを描いた期待作であったが、あまりふるわない結果となった。インベーダーの目的が、自分たちにとって住みやすいように地球環境を破壊(それも人間たちの手によって)させようという設定は面白いが、環境破壊の原因がすべてインベーダーにあるとする話作りはどんなものか(ヘビー・スモーカー=インベーダーっていうのも何だかねェ)。前後編の長尺だからかもしれないが、キャラクターやその行動が複雑のは良しとしてもシナリオと演出が未整理の印象が強いのは辛い。後編は、環境問題に力を注ぐ上院議員を開通したばかりの地下鉄メトロレールごと吹き飛ばそうという陰謀を阻止する話となるが、これも“インベーダーならでは”と呼ぶにはあまりにも普通の展開(これは元々のTVシリーズの持ち味でもあったが)なので盛り上がりに欠けた。かつての主人公デヴィッド・ヴィンセントの扱いももう少し面白くできたと思うのだが……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【レンタル】
 【VIDEO】インベーダー(全2巻)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION