allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

がんばれ!ベアーズ大旋風(1978)

THE BAD NEWS BEARS GO TO JAPAN

がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征-(ビデオ題)

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1979/03/17
ジャンルファミリー/スポーツ/コメディ
がんばれ!ベアーズ ベストバリューDVDセット (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 3,780
価格:¥ 2,591
USED価格:¥ 2,240
amazon.co.jpへ

【解説】
 「がんばれ!ベアーズ」シリーズ第3弾は、遂に海外遠征。しかも日本! この段階でイヤな予感はしたものの、やはり出来上がった作品は観光趣味のみ優先された末期的状態のものであった。もっとも、T・カーティス扮する、ベアーズのマネージャーを買ってでた落ちこぼれエージェントのドタバタが大半を占めるストーリーのいただけなさは、舞台が日本というだけでは理由にならないだろう。J・E・ヘイリーと石原初音の淡い恋話なども取ってつけたよう。
<allcinema>
【関連作品】
がんばれ!ベアーズ(1976)第1作
がんばれ!ベアーズ特訓中(1977)第2作
がんばれ!ベアーズ大旋風(1978)第3作
がんばれ!ベアーズ(1979〜1980)TVシリーズ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-06-30 20:42:54
アントニオ猪木が一番目立っていました。
続編を前作以上に面白くつくることの
困難さを改めて感じました。
投稿者:gapper投稿日:2011-12-10 23:50:01
 ベアーズにトニー・カーティス参戦。

 トニー・カーティスは、いい加減な人間を演じるとこが多い彼らしい役柄だ。
 だが、1作目の様に子供達を大人に置き換えても面白いような物ではないのに、かね、かね、かねといった感じで進行するのはつまらない。
 一応、予定調和的に改心してとなっているが、そこまでにはブツ切れの散発エピソードが綴られているだけでつまらない。

 日本人の部分は、普通の邦画を見ているようだが洋画ファンに好まれるようなものとは思えない。
 アメリカ人から見た変な日本の方が、まだましの気がする。

 センスが良かったクラシックの使用も変更され、子供達が”私を野球に連れてって”の歌も残念感を強くさせる。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-09-07 21:34:02
日本でのヒットを当てにして作られた3作目という点では「さよならエマニエル夫人」と似てる(こっちは本当にロケをした)。でも余りにやっつけな仕事だし、若山監督のトンボ切りも何だったんだ?。星一つ半。
投稿者:irony投稿日:2009-04-12 13:05:57
 内容も大人の事情でベアーズのチームとしての魅力が皆無 
投稿者:不良少年ケリー投稿日:2008-01-07 04:05:06
ベアーズ・ファンはおろかベアーズの子役達にまで嫌われてしまった駄作。

大好きな『がんばれ!ベアーズ』が日本に深く関わってくれたことは日本人として嬉しいのだが、日本ロケに参加出来るベアーズの子役が揃わなかったせいか、脚本を始め全てやっつけ仕事で無理矢理作ったような駄作になってしまったことが残念でならない。

ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)と日本女性(石原初音)とのロマンスも描かれていますが、あくまでも本作はベアーズの子供達より、トニー・カーティスの金儲けしか頭にない暴走キャラが中心。無駄に欽ちゃんや猪木が出て来ては、映画を余計つまらなくしてしまっている。ベアーズのユニフォームが変わってしまったのも大きくマイナス!

本作の失敗により、予定されていたベアーズがキューバへ行く4作目は白紙となりました。
投稿者:ぽこぽこキッド投稿日:2006-05-28 15:49:33
ベアーズは名作なのに、こんなズッコケ映画作っちゃって、
誰が責任とるんじゃ!
タナーもいない、ルーパスもいない・・・
こんなのベアーズじゃない。
『オールスター 家族対抗歌合戦』
しょっぱい番組だったよねぇ・・・
ところでバターメーカーとアマンダはどこに行っちゃったの?
投稿者:ASH投稿日:2005-06-12 17:40:55
記憶違いか?ベアーズの連中と日本の少年野球チームが欽ちゃんの「オールスター家族対抗歌合戦」に出て歌ったような…?

歌ったのはもちろん、「私を野球に連れてって」だよな?
投稿者:毒舌くん投稿日:2002-04-18 00:29:33
なるほどBOMBがつくだけのことはある。
猪木も男を下げたな。
投稿者:ムーラン投稿日:2001-08-15 14:45:56
劇中、アントニオ猪木がベアーズ軍団とプロレスを繰り広げるとんでもないシーンがあります。ちなみに当時、地元(仙台)では未公開。TVにてようやく観ることができました
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION