allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

札つき女(1937)

MARKED WOMAN

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1937/06/
ジャンルサスペンス
札つき女 [DVD]
価格:¥ 4,537
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ルーテツ投稿日:2017-11-30 18:58:36
良い邦題だが、現代の意味とは若干ニュアンスが違う気がする

まさにベティ・デイヴィスありきで作られた女性映画
若くてふくふくしているが「キッ!」と言う目つきの怖さが凄い
メイクとはいえ女優が顔に傷をつけるなど有り得ない時代に、彼女は汚れ役を進んでやったという
淀川さんが『痴人の愛』でデイヴィスの酷いメイクを称賛していたが、そのようなシーンはないし、本作と誤認しているのでは、と思っている

当時としては珍しい正義の弁護士役ボギー、悪徳弁護士に見えて仕方が無かった
後の3番目の妻メイヨ・メソットと共演している
メソットはあまり良い役ではない
プリシラ・レインの姉ローラ・レインは、目は妹に似ているが全体的にゴツく主演級にはなれないな、という感じ
劇中で歌も披露してくれる
顔役のエドワード・チアネーリという人、あまり知らないが山本礼三郎みたいでカッコ良かった

ベッティ・デイヴィスの演技の教科書みたいな映画だが、弱い女性が力を合わせてギャングを破滅させるというお話は、当時の女性たちには大いにウケたに違いない
投稿者:Tom投稿日:2009-05-23 18:42:47
この映画は過小評価されてるが、ベティの演技はOf Human bomdageの次にくるくらいいい。『汚れた顔の天使』の影に隠れたギャング・ドラマの名作です。
投稿者:Ikeda投稿日:2008-07-18 11:19:09
メリー(ベティ・デイヴィス)たち5人が働いているクラブを街のギャング、ヴァニング(エドワード・チアネーリ)が乗っ取って、無法な経営を行うようになる。殺人事件が起きて、検事グラハム(ハンフリー・ボガート)が乗り出すが、彼女らは、良くないとは知りつつ、生きるために何とかヴァニングに協力するため、なかなか逮捕できない。たまたま訪れたメリーの妹ベティ(ジェーン・ブライヤン)が隠していた姉の仕事を知り、ヴァニングに近づいて事件が起きたため、メリー達がヴァンニング逮捕に協力する気になるという話です。
ベティ・デイヴィスとハンフリー・ボガートのコンビは前年の「化石の森」、この年の「倒れるまで」と続いていますが、この映画もかなり面白いです。実在したギャング、ラッキー・ルチアーノの人生をモデルにした作品だそうですが、犯行の場面は全然見せずにリアリティを出している演出は、やはりロイド・ベーコンの腕だと思います。
ベティ・デイヴィスが迫力ある名演ですが、ボギーと共に他の女優も良いです。この内最初の方で年配だからと解雇されそうになるエステル役メイヨ・メソットは、この後ボギーと結婚しています。最後に至るまで本当のハードボイルドだと言える名作です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 女優賞ベティ・デイヴィス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】札つき女2015/10/26\4,667amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】札つき女レンタル有り
 【VIDEO】札つき女レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION