allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合(1996)

THE NUTTY PROFESSOR

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1996/09/07
ジャンルSF/コメディ
ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 991
USED価格:¥ 400
amazon.co.jpへ

【解説】
 E・マーフィ主演のSFXコメディ。温厚で内気な性格の生物学科教授クランプは、180センチ180キロという超肥満体型。その為、働くのもやっとで学部長を悩ます大ドジ連続の日々を送っていた。そんなクランプ教授の前に、ある日、科学の入門講座を担当する美人のカーラが現れる。どうしても痩せたいと願った彼は、自身が開発中のDNAを操作する痩せ薬を自分の身体で実験。するとスリムな身体に大変身したばかりか、性格も陽気で強気な口八丁手八丁のまったく別人になっていた。彼は早速カーラに迫り始めるが……ジェリー・ルイス主演の「底抜け大学教授」をもとにしたコメディ作品。肥満体型から痩せ型に行き来するSFXの他、リック・ベイカーによる一人七役を演じたE・マーフィ七変化の特殊メイク等、様々な特殊撮影を駆使して爆笑シーンを生んでいる。「ビバリーヒルズ・コップ」以来、やや低迷気味だったE・マーフィの復帰作として大ヒットとなった。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-06-30 11:11:29
なぜNHKで放映したのが不可解な品のなさ。あらん限りのナンセンス・ジョークが飛び交う無茶苦茶な騒乱喜劇。ここまでやるかエディという徹底したお馬鹿な変身振りがヒットしたのかもしれない。もちろん続編は見ない。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 06:29:14
いや〜、なかなか面白い。
変身して強気になる所がちょっとマスクとかぶるんだが、マシンガントークを楽しむならエディの方が好きかも♪
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-26 10:01:12
この映画は結構テレビで何度も放送されていますよね!エディ・マーフィの巨体姿は似合いすぎていて素敵でした。ストーリーも面白いし、ラストの展開には何度見ても笑えます!相手役のジェイダ・ピンケットはウィル・スミスの奥様だけあって本当に綺麗です!
投稿者:terramycin投稿日:2005-09-14 00:47:13
まず、エディの特殊メイクはよく出来ていると思った。

しかし、物語の質はかなり低俗で、是非子供には見せたくない映画だと思った。テレビで放映するにしても、深夜に放送すればよいレベルの作品である。

序盤のレジーがクランプをバーで馬鹿にするシーンはリアルに感じた。実際にもありそうな話だ。デブな人等の劣等感のある人は学校など公共の場で馬鹿にされることもあるだろう。

また、ヤセとデブで人格も2つになり戦うという話は良く考えたなと思った。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 15:36:59
久々にエディ・マーフィの毒舌が見れる。
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-16 07:12:34
意地悪なスタンダップコメディアンに「おちょくられる」シーンが切ない。でも笑ってしまった己の性格の悪さよ…^^;
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-06-22 23:45:42
エディ・マーフィーとの相性の問題か、今ひとつ笑えなかったなー。
特殊効果であそこまで太ってみせる、ということ自体が、結局この作品が最後までガキの芸人の下手くそな冗句のレベルに留まっている、てことじゃないのかな。
遺伝子組み替えによって、誰もがうらやむスマートな体型になる、なんて、彼の国に(そしてこの国にも)最近はびこる新たな優生思想を反映している。
投稿者:フゥ投稿日:2002-09-25 22:31:08
特殊効果も見所のひとつだがひとえにエディ・マーフィーという

キャラクターの一人勝ちという印象。

おっとりとしたお人よしの「クランプ教授」と

マシンガン・トークでハイテンションの「バディ」。

肥満体のクランプ教授を馬鹿にしたコメディアンをスリム体のバディ

として、お得意のトークでやり込めるシーンは、観てるこっちもスカッとします。

また、肥満体を気にしたり、テレビ番組に涙したり、恋に浮かれたりの

クランプ教授のキャラクターが人間的な魅力があって好きです。

下ネタも多いけど、ラストは爽やか。
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-09 17:30:15
まあ、展開はありきたりな普通のコメディだった。
こういうのって最後にかならず説教くさいシーンが入ってくるのね・・・。
そういうシーンは要らなくていいから
そこまでの過程でもっと言いたいことを伝えてほしい。
でもこの作品はエディ・マーフィが頑張ってたから、まあよしと。
投稿者:ASH投稿日:2002-03-10 14:03:37
【ネタバレ注意】

不調だったエディが復活した映画だと思います。一番笑えるシーンはクランプ家が
揃う食卓のシーン。下品なギャグが最高に可笑しく、何度観ても笑える。
クライマックスの特殊効果は少しやり過ぎのきらいもあるが、出来は流石に凄い。
ただ、太ったエディの方が印象的で、いつものエディは不思議と印象が薄い。
若い頃のエディのような観客をいじるコメディアンをやっつけるのは、彼自身の反省
心の表れなのでしょうか?

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ メイクアップ賞デヴィッド・ルロイ・アンダーソン 
  リック・ベイカー 
■ 主演男優賞エディ・マーフィ 
□ 男優賞(コメディ/ミュージカル)エディ・マーフィ 
■ メイクアップ&ヘアー賞 
□ 男優賞エディ・マーフィ 
 □ コメディ演技賞エディ・マーフィ 
【レンタル】
 【DVD】ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合レンタル有り
 【VIDEO】ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION