allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チーズ・ホリデー(1989)

WALLACE & GROMIT: A GRAND DAY OUT
A GRAND DAY OUT
A GRAND DAY OUT WITH WALLACE AND GROMIT

ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー

メディア映画 Anime
上映時間23分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(シネカノン)
初公開年月1996/09/14
ジャンルファミリー/コメディ/ファンタジー
ウォレスとグルミット 3 クラッキング・アドベンチャーズ [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 15,291
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ニック・パーク
脚本:ニック・パーク
撮影:ニック・パーク
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリスウォレス
【解説】
 イギリス特有のシニカルなユーモアとその可愛さから、いまや日本を含めて世界中で愛される人気キャラクターとなった“ウォレスとグルミット”。そのクレイ・アニメーションの記念すべき第1作。
 発明家の英国紳士ウォレスとその忠実(?)なる愛犬グルミット。二人は大事なホリデーを前に行き先を思案中。ひと息入れようとお茶とクラッカーを用意するウォレスだったが、大好物のチーズを切らしていたことに気づき、どうせ旅行に行くならチーズのおいしいところへ行こうと思いつく。そして、ふと見上げた窓の先には美味しそうに輝くお月様。さっそく、相棒のグルミットとともに宇宙船を作り、いざ月へ向けて旅立つのだった……。
 とにかく変質的とも思える細部への徹底したこだわりが感動的。CG全盛の時代となった現在観ると、この手作り感はそれだけで一服の清涼剤といえるが、その気の遠くなるような作業をやり遂げたニック・パークという男はかなりのクセ者だ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2011-01-07 04:20:49
【ネタバレ注意】

監督のニック・パークはこれを映画学校在学中に制作を開始し、しかも卒制までに完成せずに持ち越しで作り続けたとか。その完成度と世界〜日本の一般層まで届き続ける影響力!夢のような話ですね、ほんと脱帽します。

さらにシリーズ第1作ということもあってかストップモーション特有のポカーンとした間(ま)が気になる箇所も散見されますが、間の抜けたキャラクター造形と台詞、及びプロットによって奇跡の調和(笑)。この結果オーライな(?)作品テイストは、初めて観る方にとって日本の茶の間に届けられるCMでの起用イメージや雑貨店でよく見る可愛らしさとはかなり異なった印象を抱かれるかもしれませんね。物語自体も、愛くるしくキッチュなキャラクターイメージからは連想しづらい、とても体温の低いもの。実際底抜けな明るさってモノを一瞬たりとも感じる場面がなく、むしろ残酷さや孤独感など冷たいモノの方がより伝達されてきた気がします。この異様な作品世界は何なのでしょうか…?わたし個人としては、魅力的であるという印象に変わりはないのですけど。

そしてまぁ何だかんだと有り難いことに何度となく鑑賞しているシリーズですが、いまだに注入されたテーマ又はプレミス(論理)が何なのか、ハッキリ掴めていないのがわたしの本音。ただ、主題に対し考察するとき毎度感じるのは”邪気の無さ”、要するに無邪気の不気味さです。主役の二人(?)もロボットも、徹底的に邪気がなくってとっても”無邪気”なんですよね。一方(の主役二人)は自分のしたいこと、一方(のロボット)は自分のすべきことをしているだけ。それで追いかけっこの末に一方は可笑しくなって窓の外へ手を振り、一方は気まぐれ的な興味(スキー)へ没頭する(笑)。とても愛すべきキャラクター描写をされてはいますけど、その割りに互いへの配慮が徹底的に欠如しており、無神経さ無防備さが不気味なほどに際立ってます(これ笑っていいのかな(汗笑))。どうやら対話ってモノを知りませんから(笑)。一個前のレビューに書かれてる方と評価点や賛否論では違うかもしれませんが、”無自覚”って表現も納得してしまいます(勝手に共感してすみません;)。

それでもやはりこの無邪気や無自覚ってモノの先にある、作品としてのメッセージは何なのか、個人的な受け取り方としてテーマの結論はまだまだ着地してません。これまでご覧になられた方、これからご覧になる方はどんな印象をお持ちになるでしょうか。テーマも何もディティールを楽しむストップモーションによる短編遊びと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、わたしは地味にトライし続けてみたいなと思います。

ちなみに欽ちゃんによる日本語吹替えもリアルに健闘。それに慌てる台詞などを足してくれてます(笑)。これはこれで観やすくなって好し。日本語スタッフの親切心と受け止めます。

投稿者:bal投稿日:2010-08-01 22:10:51
【ネタバレ注意】

未知の場所に出向き、大地を汚し望みのものを得て、原住民を自前の文化に染めるっていう事で、ある種自虐的な奥深さを期待してラストまで見ていましたが、
どうも全くの無自覚らしいので★1個です。

投稿者:なちら投稿日:2007-04-25 23:24:23
月の世界は、思いのほか不気味!大人だって、ドキドキしちゃう。
今と比べて、肌の質感が粗いのがカワイイ。
投稿者:タケキチ投稿日:2001-03-18 01:46:57
「グルミット、月へ行こう!
お月様はチーズで出来てるに決まってるじゃないか!」

・・・僕は、この台詞を聞いただけで、絶対この映画が
大好きになる、って確信しました。
本当に良い映画って、難しい知識なんて
必要ないよね。
ただ、理屈じゃなく胸にギュっ!とくる何かがあれば、
それが本当に素晴らしい映画。

そんな本来なら当たり前の事実を思い出させてくれる
映画の楽しさの原点のような一本。
まるで宝石です。
投稿者:青空投稿日:2000-08-19 17:04:54
とにかく よくできてます。
そして お話しも 面白い。
グルミットが 飼い主ウォレスに 忠実なのも またよい。
犬好きの人以外でも 犬が 好きになりそう。かわいい。。。。

グッズがあるらしいけど 欲しくなりました。
Part.2も 是非見たいです。 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 短編アニメ賞ニック・パーク 
■ アニメーション賞ニック・パーク 
【ニュース】
ニック・パーク監督最新作「Early Man」、ティーザー・トレーラー2017/03/17
アードマン製作人気クレイ・アニメ「ひつじのショーン」劇場版、最新予告編2015/05/21
アードマン製作人気クレイ・アニメ「ひつじのショーン」劇場版、予告編2014/12/01
アードマン製作人気クレイ・アニメ「ひつじのショーン」劇場版、特報第2弾2014/09/01
アードマン製作人気クレイ・アニメ「ひつじのショーン」劇場版、ティーザー・トレーラー2014/04/04
「ウォレスとグルミット」最新短編「A Matter of Loaf and Death」、プロモ映像2008/12/10
「ウォレスとグルミット」、新作は来年末に登場2007/10/04
全米興行成績、「ウォレスとグルミット」初長編が首位デビュー2005/10/10
全米興行成績、「フライトプラン」がV22005/10/03
「ウォレスとグルミット」初長編、最新クリップ2005/09/21
「ウォレスとグルミット」初長編作品、無事完成!2005/09/08
「ウォレスとグルミット」最新予告編がいよいよ登場!2005/05/18
「ウォレスとグルミット」、新作映画のポスター登場2005/05/12
「ウォレスとグルミット」最新作、予告編?2005/03/01
「ウォレスとグルミット」、新作映画のHPが登場2005/02/15
「ウォレスとグルミット」最新作、メイキング登場2005/01/11
「ウォレスとグルミット」、いよいよ始動2003/08/04
「ウォレスとグルミット」新作短編が劇場で観られる!2002/11/11
ウォレスとグルミット、新作短編がネットで無料公開中!2002/10/15
ニック・パーク、「ウォレスとグルミット」の長編に着手?2002/07/25
GWイベント情報その4 「アードマンスタジオ展」2002/04/25
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION