allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アライバル-侵略者-(1996)

THE ARRIVAL

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(にっかつ提供/ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月1996/10/26
ジャンルSF/サスペンス
アライバル 侵略者 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 32,125
USED価格:¥ 1,361
amazon.co.jpへ

【解説】
 個性的な娯楽派脚本家D・トゥーヒーとしては「グランド・ツアー」に次ぐ監督第2作で、初のメジャー作品になるSF大作。宇宙観測所に務める科学者ゼイン(C・シーン)は、ある夜、正体不明の電波をキャッチする。地球外生命の証拠に間違いないとデータをNASAに提出するが、ボスであるゴーディ(R・シルヴァー)はそれを黙殺し、ゼインも突然解雇されてしまう。納得のいかないゼインは自宅に観測所を作り、隣に住む黒人の少年キキと共に観測を続け、その電波がメキシコから発している事を突き止めた。到着した現地で謎の男に命を狙われながらも、ゼインは山奥に存在するオムニテック社の巨大プラントに行き当たる。そこで彼は地球温暖化の研究を進めている科学者エレナ(R・クローズ)と出会う。彼女もまた異常気象の原因を究明していく内にこのプラントへたどり着いたのだった……。
 「インデペンデンス・デイ」が全世界を席捲していた同時期に登場した同種の侵略SFだが、勢いだけの「ID4」に比べると遙かにユニークで面白い。巨大プラントから二酸化炭素を排出して地球温暖化を進め、自分たちの住みやすい環境を作ろうとするエイリアンの地に足のついた設定がまずもって楽しいが、D・トゥーヒーの奇妙な味付けは至るところに施されている。なんせ主人公を殺すためにエイリアンの取る行動が、ホテルのバスタブを落下させたり、毒サソリを寝室に放つ程度の事だもの。大声張り上げて乱入して来た「ID4」とはまさに正反対の侵略ぶり。エイリアンの描写を含めたSFXも申し分なし。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:清水勝則 翻訳:日笠千晶 調整:佃安夫 効果:南部満治 製作:ザック・プロモーション)
※このデータは放送当時の情報です。
堀内賢雄チャーリー・シーンゼイン・ザミンスキー
水谷優子テリー・ポロシャー
鈴置洋孝ロン・シルヴァーフィル・ゴーディアン
亀井芳子トニー・T・ジョンソンキキ
沢田敏子リンゼイ・クローズイラナ・グリーン
荒川太郎
塚田正昭
佐藤正治
古田信幸
金子由之
中村雄一
家中宏
鳥畑洋人
色川京子
中澤やよい
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2017-10-17 12:36:51
電波少年チャリボー、観測…観測…で40分をムダに。女学者は蠍。基地はヘモい。また液体窒素。でたらめな科学的。主演に、-1★。
投稿者:こじか投稿日:2010-05-19 22:34:46
【ネタバレ注意】

さらりスマートなB級。
ラストは驚愕の膝関節…!
ぴょんこぴょんこ走り去る"彼"が微笑ましという(笑
友達の前でラストシーンを演じるのが
一瞬だけマイブームでした、中3の頃…。

投稿者:william投稿日:2010-03-25 08:27:42
侵略者、逆関節でカクカクしてるし、武器サソリだし。
こういうB級臭さって何かいいよね。
大味な大作よりも、真面目にやってるのにコミカルな感じのSFの方がいい。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 07:16:55
申し訳ないけどつまらなかった。
どこが…と言われると余りにも印象に残っていなくて困る。
投稿者:長春投稿日:2008-02-03 15:32:21
【ネタバレ注意】

人類の起こした地球温暖化に乗じて、宇宙人がさらに温暖化を進め人類を絶滅させようと目論む。温暖化の意識が高まった今見ると、その先進性に感心する。
CBSドキュメントで「NASAの研究者による地球温暖化についての警告」をブッシュ政権が書き換えたという報道があった。その研究者はNASAを辞めることになった。この映画を見て、ブッシュ政権は宇宙人かもしれないと思った。

投稿者:jordandas投稿日:2007-12-16 20:42:16
面白いんだけど、なんかエイリアンの地球侵略の仕方がチンコイ!?フフフ、タクシーの運転手でエミリオ・エステベスも出て欲しかった。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-12-23 22:36:36
大作も好きだが、地味なのも好き。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-10-20 04:36:31
自分がこのような話が好きなのもありますが、どんどんストーリーに引き込まれて、最後までとても楽しめました。
投稿者:D.投稿日:2004-07-16 12:09:57
最近流行のエイリアン到来ものです。我々の日常に実はエイリアンが入り込んでいるという設定はかなり使い古された感があり、もう一工夫欲しかったです。「君は何しに出てきたの?」と聞きたくなるようなキャラが登場したりと、中盤はテンポが悪くダレますが、ラストは以外などんでん返しがあって驚かされました。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:呂々都馬4投稿日:2002-07-18 12:16:52
チャーリー・シーンの何考えのか分らない感じが主人公の偏屈な科学者の個性とマッチしている。解説のとおりエイリアン達の自分達の痕跡を跡形もなく消す事の徹底振りがいい。エイリアンの秘密兵器の球体も今までにないもので面白い。
「ゼイリブ」「ボディスナッチャー」など現在進行形侵略モノの佳作。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アライバル-侵略者- <期間限定生産>2003/11/27\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アライバル-侵略者-1998/08/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アライバル-侵略者-レンタル有り
 【VIDEO】アライバル-侵略者-レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION