allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エスケープ・フロム・L.A.(1996)

ESCAPE FROM L.A.
JOHN CARPENTER'S ESCAPE FROM L.A.

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月1996/11/23
ジャンルアクション/SF
エスケープ・フロム・L.A. [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 991
USED価格:¥ 784
amazon.co.jpへ

【解説】
 81年に製作され今なお根強い人気を誇るジョン・カーペンターの近未来SFアクション「ニューヨーク1997」の15年ぶりの続編。とはいえ、その骨格は前作と瓜二つ。その上で、スネーク・プリスキンの新たなる戦いとしてはこれ以上望むべくもない舞台が用意されている。大地震によって島と化した2013年のロサンゼルスがそれだ。目的は、過激派グループによって盗まれたエネルギー兵器の奪還。狂信的な大統領以下、公安の罠にはまり否応なく任務につくスネーク。だが単身乗り込んだLA島は狂気と暴力の渦巻く魔窟であった……。
 限りなくリメイクに近い続編だが、ファンの願いは成就されたと言っていいだろう。なんといってもスネークの再登場が果たせたのだ。他の映画じゃ主役を張っても今一つパッとしないK・ラッセルのこの映画でのカッコいい事といったら! 前作の7倍という製作費によるSFXも華々しいが、どこかチープな感じがするのもご愛敬。前作を踏襲しつつやがて迎える幕切れは、映画史上他に類を見ないものだ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ニューヨーク1997(1981)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
971 7.89
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:FFF投稿日:2018-06-23 23:59:57
観たのはもう20年前か。この色褪せなさはどうだ。
これこそ映画である。チープなCG。ご都合主義。これらが全てスネークのキャラ立ちに貢献しているのである。
リブートとかリメイクとか言い訳してる大作は全てこの作品に学ぶべきである。
2013年のLAからアメリカ魂を吸いながら「スマホもPCもいらねえだろ?」とばかりにスネークが語りかける。
Welcome to the human race
投稿者:spqc2y29投稿日:2018-06-17 07:50:08
【ネタバレ注意】

出演者は何気に豪華なのに、CGがチープすぎ。
前作の方が制作費は安そうなのに、重厚感があった

投稿者:bond投稿日:2017-02-18 21:42:07
ベタな劇画タッチだが、カッコいい。なんでピーターフォンダ、チョイ役出てんの?
投稿者:セニョールK投稿日:2017-01-03 15:20:35
通俗的アクションの極み!
美味しい見せ場の連続!
カッコ良すぎる主人公!
印象的な脇役陣!
分かりやすくて簡潔で潔い!
やたらゴテゴテと長ったらしい最近のハリウッド大作はこれに学ぶべき。
投稿者:DEVILWING投稿日:2016-03-27 22:44:40
【ネタバレ注意】

後半、ゴーストハンターズの時のスタントが再結集している。
ジェフ・イマダ始めベテランの方々がアクションを盛り上げて居られる。

ディストピア作品でありながら、オチで核を使うことなく地球を終わらす事が出来た、稀有な作品と言えるだろう。

ヒーローの一服は、旨いのだ。

投稿者:sachi823投稿日:2013-12-23 17:08:25
どこが好きなのかうまく説明できないけど
作品の出来不出来は関係なく
なぜか好きなカーペンター監督作品。
「ニューヨーク」が面白かったけどこちらも捨て難いです。
ピーター・フォンダがサーファー役で出てきて
健在ぶりを示しているのが嬉しかったです。
投稿者:MAKO投稿日:2012-11-29 14:27:29
ここのコメント欄を見ると、喜んでいる人とがっかりしている人で分かれる。
カーペンターの作品ってどうしても見る人を選ぶよね。カルトだよ。
本作も、カーペンターファンならにやにや喜んでしまうところも、普通のハリ
ウッドSFアクションを期待している人が見るとしらけちゃうでしょう。
僕?大喜びしましたよ。
パム・グリア、ブシェミ、ブルース・キャンベル、ピーター・フォンダなどの
脇を固める役者陣も良かった。
投稿者:uptail投稿日:2012-10-07 09:28:36
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:scissors投稿日:2012-06-29 08:19:45
小学生向けみたいに幼稚な演出やセンスの無さが酷い。
リモコンなんてパっと見キッチンタイマーみたいでカッコ悪すぎ。

カート・ラッセルが脚本と製作にも名を連ねているあたりに酷さの根っこがあるような気がする。
興行成績としては年間トップ50にすら入れなかったのだから、客の入りはちょっと悪かったどころの騒ぎではない。
パート3も製作予定だったが本作が大コケで終わったためボツになったらしい。

標的にキューバが出てくるし、クレボの容姿がゲバラ似なのは意図的か。
投稿者:gapper投稿日:2012-04-09 18:50:15
 ジョン・カーペンターとカート・ラッセルの最強タッグのばか世紀末続編。

 制作費5,000万ドル、総収益約4,230万ドル(1997)。 チープさにちょっと客の入りが悪かったか。
 TV放映にDVDなどで赤字と言うことは、無さそう。

 きっかり10時間で神経を破壊すると言うウィルス、さすが未来だ。
 大統領の名前が娘ユートピア(A・J・ランガー)と言うのも安っぽく、可愛いだけで演技は気にしないという方向性も全てがトータル・コーディネイトされている。
 「勇気ある追跡(1969)」のコグバーンを思わせる、眼帯のスネーク(カート・ラッセル)だがキャラにかぶる点は無しい。

 ヴァン・ダムやスタローンなどやんちゃなヤンキーが好きそうな作品には、事欠かない。
 チープに金をかけたB級映画。

 ブレイゼン(ミシェル・フォーブス)は、「新スタートレック」のロー・ラレンだよね。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:なちら投稿日:2011-08-17 21:19:17
良い意味での馬鹿要素と安っぽい合成が加わった事で、内容は同じなのにニューヨークとは違う面白さがあった。
これは〜、甲乙つけがたいなぁ!

自分が特に気に入ってるのは、P・フォンダとのサーフィンね。
あの嘘くさい波に乗ってK・ラッセルがブシェミに迫るトコが…!マジかよ!
ありゃ、吹いた。

バスケを拒否しないのもイイし、風邪ウィルスで騙されるのもイイ。
スネークってスカしてんのに、何だかんだで翻弄されちゃってる所が可愛い。
ププ…。
投稿者:william投稿日:2009-07-08 13:15:07
偉大なるB級。90年代後半の作品とは思えないチープな雰囲気漂う作りと、スネークの古臭さ満載の寡黙なアメリカン・ヒーローっぷりがイイ!
B級アクション好きなら、一度は見よう。
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-03-02 22:33:28
かなり凝った映像で、お金もかかってると思うのですが、どうしてこんなにチープに見えてしまうんでしょう。ストーリー的には面白い設定なのに残念な作品です。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2008-02-17 22:59:19
久々のJ・カーペンター。調べてみると、それもそのはず、ほとんど作品を撮っていない。
最近は停滞気味のようだ。
でもやっぱり、好きな監督だなと再認識。
独特の機会音+重低音の音楽は昔からかわらないし、メチャクチャなアクションもいい。
カーチェイスにハングライダーに、サーフィンとやりたい放題のメチャクチャ。

寡黙なスネークが活躍するさまが、ちょっと明るくハリウッド作品っぽくなっているのが
残念で物足りないが「要塞警察」以来のダークさは十分健在だった。

それにしても懐かしい。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:tomovsky投稿日:2007-12-02 02:49:11
【ネタバレ注意】

スネークがでてるだけで、十分。主人公の雰囲気が殆ど変わってないのがいいな。今回も大勢の犠牲者がでるのは、お約束なんだろうけど、やはり最後の終らし方が、スネークらしいな。最高だ。

投稿者:エンリケ投稿日:2007-05-05 11:11:30
【ネタバレ注意】

 カート・ラッセルが出演していたので見たが、残念でした。アクションには迫力があって、カート演ずるスネーク・プリスキンのキャラもいいのだが、CGは下手だし、最後のスネークの台詞に興ざめてしまった。でもキャラクターは前作よりも印象に残る。前作のデュークよりはチェ・ゲバラ似のクエルボ・ジョーンズのほうが良かった。全体的には前作よりいい。でも個人的にはもう少し最後をどうにかして欲しかった。

投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-21 11:59:34
前作よりは落ちるわな
投稿者:アラン・スミシー投稿日:2007-01-27 22:32:04
ピーター・フォンダ演ずる波乗りオヤジとの別れの場面は爽快感があってよかった。あのノリがいい!!
他のコメントにもありますが、傑出したラスト。いいですねぇ。
「ニューヨーク1997」未見なので、いつか観てみたいと思います。



投稿者:イグアナ投稿日:2006-10-19 23:51:45
【ネタバレ注意】

前作とくらべるとアホらしいが、やっぱりアメリカをひにくりまくってる。 最後あっさり世界を終わらすスネークが、よかった。個人的には、グライダーのところも好き。

投稿者:まくらK投稿日:2006-08-08 16:21:44
カーペンターならゆるされるんやろか。
コント番組なんかと変わらん
最低レベルのCGやったなあ。
俺には楽しめん。
海面やらサーフィンのシーンやら。
なめてんのか
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-02-25 19:51:49
【ネタバレ注意】

何故にテロリストは存在するのか?革命の闘士はマシンガンを天空にぶっぱなし、メキシコ、キューバはUSに進攻する。
合衆国大統領は恥をかき、世界は文明を失う…空前絶後のラスト。
皮肉にも自らをアピールする材料として殺そうとした実の娘は…っておまけ付き。
そう、彼らの言いなりになるくらい詰まらない事はないのだ。
ユニバーサルは海の廃墟と化しており、ディズニーランドは悪の巣窟…って過激な内容かにみえて、その実、スネークIS BACK. サバイバル・SFヒーローものとして成り立っているのが実に痛快。前作とプロットは全く同じ〜が、それがどうしたって感じの面白さ。
ホログラムの使い方のうまさ、最終兵器は取り戻せるのか?そしてカート・ラッセルの枯れた、囁くような声が最高。LAの怪鳥と化した彼らは、天空より舞い降りる。
サーフィンは…ダークスターより、まとも。(馬鹿アクション…だけど)
荒廃した都市の怪しさは前作同様。クリーブランドは…裏切りで死にかけた…って事だろうなぁ(しかも世間に知れ渡っている)。

投稿者:シャンペン投稿日:2005-08-17 22:10:16
B級映画にはまることになった一本、B級のかっこよさと言うか、ダサかっこいいと言うか、とにかく主人公のスネークがカッコイイ!ときおり流れるスネークのテーマ曲?が、かっこよさをひきたてる。これだけで見る価値があると思う。あとこの作品、有名と思いますがゲーム「メタルギアソリッド」にかなり影響をあたえています。ひとつ言うとゲームのスネークの声とテレビ放送の映画のスネークの声は二人とも大塚明夫さんです。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 14:11:28
久々にサーフィンやろっかなぁ。
投稿者:ASH投稿日:2003-05-19 19:41:57
【ネタバレ注意】

 面白いなと思ったのは、社会不適合者としてLAへ追放された人たちとは、要するにマイノリティであり、異人種であって、異教徒たちだということ。塀の向こう側には理想の国家がるが、むしろ自由を謳歌しているのは刑務所の中側の方だったりなんかして。しかし、その代償は、いつ何が起こるかも分らない危険と隣り合わせだということ。自分の身は自分で守らなければならない。

 地震予知を的中させた男が終身制の大統領になる。考え方によっては、カルト教団の教祖を思わせるような人物像。クエボのいでたちはどうみてもゲバラだし、洗脳されてゲリラ側に付いた大統領の娘は、なんとなくパティ・ハーストを思わせる。ただの続編映画ではなくて、いろんな暗喩や隠しメッセージがあるような…。

 もちろん、『1997』の続編だから、前作を踏襲したシーンもいくつかある。定番の「スネークと呼べ」はちゃんと出てくるし、スネークのタイムリミットは前作の約半分の12時間だし、腕に装着する発信機のデザインも殆ど同じなのも嬉しい。スネークはNYでもLAでも、誰もが知っている人物という設定も同じだ。

 怪優見本市みたいに、個性派俳優が皆一様に楽しそうに出演しているのもイイね。意味ないけど、ヒッピーの生き残りのようなピーター・フォンダの役柄なんて、それだけで楽しくなるよ。ブシェミの下衆っぽい役も、最高! しかし、スネークは前作でもそうだったけど、ピンチのときは必ず誰かに助けられるのね。

 しかし、このCGのショボさは、あえて狙ったものなのではないかと解釈している。天下のパラマウント映画が、あんないかにもなCGを使用するとはとうてい思えない。予算の関係かもしれないが、ここはあえていい意味でのB級らしさを出そうと、わざとあんなCGを使用したのではないかと、ね。ところで、海に沈んだユニバーサル・スタジオや、悪の巣窟と化したディズニーランドが出てくるのは、パラマウントからのいやがらせ?

投稿者:ヨッシー投稿日:2002-10-18 16:20:05
カートラッセル主演のSFアクションって聞いたから「スターゲイト」や「ソルジャー」みたいにCGがすごいと思ったら、大はずれ。アクションは迫力があるが、津波でのサーフィンシーンや火災シーンはかなりのバレバレな合成(CG)。舞台も監獄島のロサンゼルスだから怖い。カートラッセルたちのグライダー飛行ガンアクションシーンはかっこよかった。(10月17日放送の感想)
投稿者:桃太郎投稿日:2002-09-30 16:45:03
 スネーク・プリスキンの再登場に当時嬉しくて映画館に出掛けた覚えがあるが1作目程かっこよくなかった。これはこれでよいのだがかなり映画製作者の遊び心を感じさせなんとなくコミカルで安っぽくなってしまった。スネークファンにとっては楽しい映画だがいきなりこの映画を観た人は楽しめないだろう。
投稿者:トリガー投稿日:2002-06-23 02:19:25
ブシェミの役柄といい、謎のサーフィンシーンといい
少しガキくさい。
ただただ最初っからあの最後の衝撃のラストまで
クールに馬鹿やってくれるカート・ラッセルに乾杯。
【レンタル】
 【DVD】エスケープ・フロム・L.A.レンタル有り
 【VIDEO】エスケープ・フロム・L.A.レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION