allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

高慢と偏見(1995)

PRIDE AND PREJUDICE

メディアTVM
製作国イギリス
公開情報劇場未公開・NHK衛星第2で放映
ジャンルドラマ/文芸
高慢と偏見[Blu-Ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,527
USED価格:¥ 2,750
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15136 9.07
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あふるー投稿日:2012-01-16 18:02:01
対象的に見える主人公のエリザベスとダーシーは実は相似する所もあって、
率直に意見を言い、違った意味でプライドを高く持ち、また違った意味で偏見を持っています。

そんな二人が相手の財産や地位や家柄を見て恋愛対象にするのではなく、
その人自身を見て恋に落ちる。その現代の価値観に近い二人のあり方に、
この作品が長く人気のある秘訣がある様な気がします。

冷たく高慢で、人を寄せ付けない雰囲気のあるけど、
時々ソフトな面を隠せないコリン・ファースのダーシーもとても良いですが、
ただ飾り立てた壁の花のように綺麗なのではなく、
知的で自分を強くもっているエリザベスの一筋縄では行かない魅力を、
ジェニファー・イーリーが文句ない演技で表現しています。

エリザベスが時々見せる表情にダーシーが見とれているシーンがありますが、
ジェニファー・イーリーは時々ハッとさせられるような表情美人ですね。
品の良い感じのする正統派美人の女優だと思いますが、
快活な笑顔にとても好感が持てます。
投稿者:pumpkin投稿日:2009-06-21 11:36:38
昔NHKで放映された時見て、ヒロインが原作のイメージとあまりに違うのでガッカリした想い出があります。
今回見直して、女優さんもかつて思ったほど悪くないし、ストーリーはもちろん面白いので、楽しく見ました。
ヒロインのエリザベス・ベネットは、高校時代に読んで以来ン十年、小説のベスト・ヒロインの座を譲ったことがない女性なので、もっと魅力的な女優さんにと思ってしまいますが、原作にも美人でないとされているのでやむを得ないかも。
投稿者:amaten投稿日:2003-08-03 13:17:59
原作にかなり忠実な秀作ですね。 美人度がちょっと・・・・と言う意見が多い様ですが、ジェーンもイライザもイギリス美人だと思います。 イライザに関しては
原作者のオースティンに似ているので選ばれたのではと思います。 私としてはダーシーの妹が一番の美人だと思います。 嫌みな役が多いコリン・ファースの、これは代表作ではないでしょうか。 それにしても、あのお母さんと生活出来るベネット姉妹の精神力には感服してしまいます。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-01 15:21:38
テレビドラマとは思えないほど、充実したつくりで、内容やセリフも原作にとても忠実。
5時間という時間が全く苦にならないほど面白かった。
情景描写は、まさに本のイメージどおり。
ただ、キャストに関しては、本を先に読んでいたので、違和感を感じたところもあった。
とくに長女は、誰もが認める美女ともてはやされるほどの美しさを感じなかったし、
次女は妙にオバサンっぽくて・・・・。
ウィカムは見るからにアホっぽかったので、
もうちょっとナイスガイな空気を持っていて欲しかった。
個人的には、エリザベスには、ケイト・ウィンスレット、
ウィカムは、ヒュー・グラントだったら、いいのになぁ・・・。
(ヒュー・グラントだと、まんま「ブリジット・ジョーンズの日記ですが・・・。)
投稿者:kimi投稿日:2003-01-24 18:37:22
原作が非常におもしろく、人物も書き込んであるので、やはり原作には及ばないと言うべきでしょう。でも十分楽しめます。これがイギリスではテレビドラマでみれることが素晴らしいことです。ダーシー氏は、「BJの日記」同様安心してみていられる人物です。イギリスの田園やお屋敷のシーンも素敵です。ジェニファーは美しい人ですが、原作のイメージから多少ずれていました。お姉さん役の人も。この点がちょっと残念。
テレビと本とどちらが先がいいかと聞かれれば、説明されないシーンやストーリー展開をよく理解できるので、本が先をお勧めします。もちろん、ドラマで多少のイメージ崩れがあるはずですが。
投稿者:chie投稿日:2001-09-19 17:42:08
香港で深夜に第1話たまたま見て、イギリスですごく受けたと聞いていたのでとても見たかったのです。NHKで放映されたときはうれしくて、うちの親はスタンダードで録画してました(3倍じゃなく、という意味)
ジェーン・オースティンが今になって流行しているのは、やはり現代社会との共通点が見いだされているのかなぁ。「ブリジット・ジョーンズの日記」は、プライド・アンド・プレジュディスの現代的翻案だと妹から聞きましたが(だからコリン・ファースが似たような役で出ている、とのこと)なるほど、と思いました。
DVD、お金がはいったら買ってしまいそう・・・
投稿者:mr.darcy投稿日:2001-06-22 19:43:49
できることなら、編集し直して劇場公開してもらいたい、
と思うくらいですね。
ところで、J・エールではなくて、J・イーリーが正しい読みです。
彼女は昨年のトニー賞でストレートプレイの主演女優賞を受賞しましたが、
受賞コールの時、はっきり確認しました。
表記を直すべきではないかと思いますが。
投稿者:浪速の春男児投稿日:2001-04-10 23:06:13
原作を繰り返し読んで思い描いていたものとかけ離れていてびっくり。
あんなエリザベスじゃだれも求婚しません。
投稿者:yumicchi投稿日:2001-04-10 12:45:33
観るべし!!きっとはまる。
そしてみんなでジェーン・オースティンを読みましょう!
他の作品も良いですよ。
投稿者:Ken投稿日:2001-03-05 03:03:16
たまたまTVをつけっぱなしにしていて1話目を見たのですが、面白くて3夜連続で観てしまいました。
キャストも良かったし、映像も奇麗で惹き込まれました。
英国好きの友人に話したら彼女も観ていて、放映から2ヶ月経った今でも話題に上ります。
観てすぐ渡英して、むこうでビデオを売っているのを見て買おうかな、と思ったのですが、荷物が重くなりそうだったので断念してしまい、未だに後悔しています。
ビデオ化、実現したら嬉しいです。情報を待っています。
投稿者:marin投稿日:2001-01-15 11:29:29
まだ詳しいことは決定しておりませんが、ソフト化は決定しています。
ビデオを録画できなかった皆様、もう暫くお待ち下さいね。
投稿者:テス投稿日:2001-01-10 23:32:03
以前本を読んだばかりの作品を、偶然にもテレビで見ることができました。感激。素晴らしかった。なんと初回見たのは、旅行先でした。出きればビデオを入手したいのですが、どうしたらよいでしょうか。どなたかビデオをお持ちのかた、ダビングさせてください。
投稿者:tea-cup投稿日:2001-01-05 10:30:36
2001.1/2〜1/4の三夜連続(NHK総合)の再放送を観た。やはり本物!すごい!!
役者がすごい、風景がすごい、歴史・歴史・・・
Jennifer Ehle すごい。そして、きれい。原作を読もうと思う。
この作品、Jennifer Ehle どちらの情報も出ているこのONLINEもすごい。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】高慢と偏見2013/10/25\4,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】高慢と偏見2011/11/25\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】高慢と偏見2013/10/25\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】高慢と偏見2011/11/25\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】高慢と偏見2002/04/05\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】高慢と偏見2001/04/25\9,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION