allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インデペンデンス・デイ(1996)

INDEPENDENCE DAY
ID4

メディア映画
上映時間145分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1996/12/07
ジャンルSF/パニック/アクション
インデペンデンス・デイ(3枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
参考価格:¥ 6,469
価格:¥ 4,836
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ローランド・エメリッヒ
製作:ディーン・デヴリン
製作総指揮:ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
ウィリアム・フェイ
脚本:ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
視覚効果:ヴォルカー・エンジェル
ダグラス・スミス
編集:デヴィッド・ブレナー
音楽:デヴィッド・アーノルド
出演:ウィル・スミススティーヴン・ヒラー大尉
ビル・プルマントーマス・J・ホイットモア大統領
ジェフ・ゴールドブラムデヴィッド・レヴィンソン
メアリー・マクドネルマリリン・ホイットモア大統領夫人
ジャド・ハーシュジュリアス・レヴィンソン
ロバート・ロジアウィリアム・グレイ将軍
ランディ・クエイドラッセル・ケイス
マーガレット・コリンコンスタンス・スパーノ
ブレント・スパイナーブラキッシュ・オークン博士
ヴィヴィカ・フォックスジャスミン・ダブロウ・ヒラー
ハリー・コニック・Jrジミー・ワイルダー大尉
ジェームズ・レブホーンアルバート・ニムジッキ
ハーヴェイ・ファイアスタインマーティ・ギルバート
ジェームズ・デュヴァルミゲル・ケイス
リサ・ジャクブアリシア・ケイス
アダム・ボールドウィンミッチェル少佐
ダン・ローリア
ジェイ・アコヴォーン
ロバート・パイン
ビル・スミトロヴィッチ
ジョン・ストーリー
【解説】
 何の前触れも無く、突如地球にやって来た巨大なUFO群。世界中の主要都市の上空に滞空した円盤は人類への攻撃を一斉に開始した! 宇宙からの侵略というシンプルかつストレートなテーマを、圧倒的なビジュアル・エフェクツで描き出した、紛れもなく1996年を代表するであろうメガヒット・ムービー。にも関わらず、A級作品の風格に欠けるのはやはりマンガチックなストーリー展開のせいか。出だしのシリアス路線は加速度的に影を潜め、それと反比例してホラ話がどんどん膨らんでくる。それをどう受け止めるかで評価は変わってくるだろうが、SFファンタジーとして観るならば存分に楽しめる事は請け合いだ。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
山寺宏一ウィル・スミススティーヴン・ヒラー大尉
古川登志夫ビル・プルマントーマス・J・ホイットモア大統領
磯部勉ジェフ・ゴールドブラムデヴィッド・レヴィンソン
佐藤しのぶメアリー・マクドネルマリリン・ホイットモア大統領夫人
坂口芳貞ジャド・ハーシュジュリアス・レヴィンソン
稲垣隆史ロバート・ロジアウィリアム・グレイ将軍
宝亀克寿ランディ・クエイドラッセル・ケイス
弘中くみ子マーガレット・コリンコンスタンス・スパーノ
松本保典ハリー・コニック・Jrジミー・ワイルダー大尉
放送2009/12/20 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【関連作品】
インデペンデンス・デイ(1996)第1作
インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016)第2作
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aアルマゲドン (1998)
[002]Aザ・ロック (1996)
[003]Aタイタニック (1997)
[004]Aシックス・センス (1999)
[005]Aハリー・ポッターと賢者の石 (2001)
[006]Aターミネーター2 (1991)
[007]Aオーロラの彼方へ (2000)
[008]Aクリフハンガー (1993)
[009]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
[010]AI am Sam アイ・アム・サム (2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
44293 6.66
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:KISSIN投稿日:2017-05-05 14:36:35
【ネタバレ注意】

悪魔のような巨大な敵の宇宙船、シールド解除云々、小型戦闘機同士のドッグファイトなど、地球版スターウォーズかって思うけど、単純に面白かった。今回エクステンデッド版を観た。2時間半を超える長さだが、ストーリー展開がスピーディーで飽きさせない内容だった。娯楽超大作として観るには良いと思う。

投稿者:HABBY投稿日:2017-04-22 19:52:34
【ネタバレ注意】

アメリカ(軍)が全世界を代表して独立に向け邁進という造りにどうしてもアメリカのエゴ、傲慢さを感じ取ってしまう。まあハリウッドの作品だし仕方ない。エリア51や宇宙人との密約などマニアックなネタもまぶされているけど、全体的には大衆が楽しむために難解さをいい塩梅まで削ぎ落とした娯楽作品という装い。イスラム国や北朝鮮他、目下地球は破裂寸前。地球民を正気に戻すためには宇宙人に襲来してもらう必要があるのかもしれないな(苦笑)。しかし、ここから続編を作る機運が生まれるとは全く想定外。

投稿者:カール犬投稿日:2016-07-13 01:00:57
久しぶりに観てみた。

『〜:リサージェンス』を観た後の反動からなのか

これはなかなか良く出来てるんじゃないかと(笑)

力技でうっちゃりかますような無茶な映画に間違いはないけど、

俳優の役割分担がきっちりしていてその配分がうまい具合だなと。

ヒットしただけの理由はやはりちゃんとあるね。

一瞬で壊滅状態になるエイリアンの圧倒的な攻撃力は今観ても面白いな。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-06-13 14:16:03
【ネタバレ注意】

何を今さらで拝見。シンプルなストーリー、どこまで大きいのかという大風呂敷、それでいて何故かちっともシリアスにならない軽さ…徹底してSFエンターテインメントを追求しているところが潔いといえるかも。
何せ気持ち悪いエイリアンが途轍もなく巨大な宇宙船で都市を破壊しまくるのだから、勝ち目はないはずなんだけれど。まだファイアーウォール(!)を設定する前の宇宙船は、呆気なくウィルスに感染してしまいましたとさ。
ど派手な戦闘シーンとど派手な破壊シーンがほぼすべてなので、あまり突っ込んでも仕方がないでしょう。とはいえ、共通の敵を前にしたとき、初めて「敵の敵は味方」で共同戦線を張ることができるわけです。枢軸国と戦う米ソのように。
さてさて20年を経て制作された続編の出来やいかに。

投稿者:ちっぷ投稿日:2015-09-17 00:12:54
気にいらないけど、W.スミスが素敵なので合格点。
投稿者:DEVILWING投稿日:2015-02-22 17:13:13
のためだけに再見。

なんせ世の中には今作の合衆国大統領のような方が居られるもんで・・・。
(アブドゥッラー2世)

こんな簡単に世界を救えたらいいよね〜!
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-10 00:39:41
アメリカ人が喜びそうな映画だわ。
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-15 17:33:03
公開当時、宇宙船のあまりの巨大さに驚きました。
制作者も監督も大きなものが好きなのでしょうか。
エイリアンはレトロな造形で賢いのか馬鹿なのかよくわからない。
登場人物は大統領をはじめ、皆フットワークが軽くて行動的で
真っ直ぐな印象なのがよかったです。
投稿者:namurisu投稿日:2010-10-15 09:47:24
都合よく勝つ。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-15 04:13:06
いやぁデカかったね。当時の超話題作でした。
途中少〜しダレたり、宇宙人がらみのシークエンスや造形がダサいけど
普通に楽しめます。娯楽です。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-07-22 02:48:36
ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムなど主要な男性陣がみんな魅力的なキャラで登場してくれます。
中でも特にウィル・スミスがカッコイイですね。
ちょっと3枚目なキャラがとても素敵だし、見事な肉体美も披露してくれています。

ビル・プルマン演じる大統領の演説も力強くてグッときたし、ランディ・クエイド演じる飲んだくれオヤジにもジ〜ンときました。
ベタと言えばベタなんですが、とにかくみんなが頑張ってくれる映画なので素直に鑑賞したいですね。

だいぶ無理のあるストーリーではありますが、ローランド・エメリッヒ監督らしくスケールが大きな大迫力の映像なのでストーリー以上に入り込めます。
人類の危機を容易に感じとれる演出やカウントダウンされている状況は緊迫感を増長出来ていてGOOD
ドデカイUFOやその構造なども独創的で緻密なので魅せられます。

ものすごい破壊力をもつ地球外生命体と人類の闘いを描いたパニックムービー…3年に1度くらいのペースで観たくなる作品なのでした(笑)
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-31 11:56:19
単純に楽しめるし、音楽もテンション上がる。
俺はこれ大好きだよ。
特攻親父と大統領の演説は泣けるシーンだった。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-25 12:18:40
ローランド・エメリッヒ
投稿者:フルメタル爺さんは、投稿日:2008-08-31 01:11:27
文字通り空を覆うほど巨大な敵宇宙船と圧倒的な戦闘力の差にいやが上にも緊迫感が高まる前半を折り返したと思ったら一転、緊張のカケラも無いグダグダの後半でそれまで積み重ねてきた魅力が全〜部ブチ壊し。アメリカ万歳が気になる気にならないとか言う以前に、コメディーでもないのにスリルが感じられない宇宙人侵略モノなんて、個人的には余り価値が無いと思っている。
投稿者:BMG投稿日:2008-08-30 23:26:04
いつ見ても、BGMがよくて、鳥肌が立ちます。
それだけよかったと言えます。この映画が、公開されてだいぶ立ちますけど、これほどリアルなエイリアンの侵略を描けている映画は、なかなか見られないと思います。(内容は、ベタでしたけど・・・)
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-12-19 12:48:51
 
まあアメリカ嫌いの人は絶対イヤな映画だろうけど、僕は映画を
観るのに政治的にどうだこうだというのを考えるのは疲れるので
やんないです。

この映画は画が凄いかわりに、ストーリーはシンプル。おまけに
映画史に残るくらい突っ込みどころが満載。
だもんで真剣なSF映画というより実写版マンガ映画ぐらいの
つもりで観れば十分楽しめます。
投稿者:チータンぱぱ投稿日:2007-12-17 00:12:02
自分たちが世界の中心で、自分たちが世界をリードして、自分たちこそが正義で、自分たちこそが世界を救えるんだと、本気で信じて疑っていないのでしょうねー・・
それだからこんな映画も作れちゃうし、アフガニスタンやイラクに戦争仕掛けたりできるんだろうなー・・・
投稿者:tomovsky投稿日:2007-12-02 02:54:42
どうりで、長いハズだよな。途中で飽きて寝ちまった。何が見所か、サッパリ解らなかった。長かったけど、何も印象に残らなかった。時間を損しただけだった。
投稿者:BLACK投稿日:2007-09-16 19:09:58
【ネタバレ注意】

まず、この映画に対して難しいこと言って批判するのは、間違いであると思います。
哲学的な部分はほぼ無いに等しい内容の娯楽SFファンタジーであるため、こういう映画は上映時間145分フルに「楽しむ」と、映画批評みたいな気持ちは捨てて頭を切り替えて観ることを強く勧めます。まぁ逆に言えば批評家の気持ちで細かくみると突っ込みどころが満載なんですが。

私がこの映画を観ていて一番気に入ったのが、ビル・プルマン演じるトーマス大統領とジェフ・ゴールドブラム演じるデヴィッドの掛け合い。昔の因縁で表向きはちょっと仲が悪いんだけど、内心はしっかりとお互いを信頼しあっている。そのため、ラストにトーマスが任務を終えたデヴィッドに言うセリフはグッときます。
また、ウィル・スミス演じるスティーブン・ヒラー大尉のファンキーでラフな感じはイイ。エイリアンとの凄まじい空中戦の末墜落させた宇宙船からエイリアンを引きずりだして「おめぇ何だこの臭いは!?くせぇんだよ!」と1人でキレるシーンはとても笑いました。
この映画が面白い理由の一つとしては、主要人物に無駄な人がいないことです。ヒラー大尉が果敢にエイリアンと闘う理由は最愛の妻 ジャスミンのため。デヴィッドが危険な最前線にわざわざ躍り出て活躍する理由も、諦め切れない元妻 コンスタンスのため。そして若き大統領 トーマスは、全市民の命のために闘う。男みんながそれぞれ自分の大切なもののために闘っていて、まぁありふれた理由ですが、とても共感できます。
どっちかというと展開的にはヒラー大尉とジャスミンを中心に成っているように感じ、デヴィッド×コンスタンスの愛の絡みはそれほど多くないんですが、平地と化した地をヒラー大尉とデヴィッドが達成感に満ちた顔で肩を並べ歩いてくるシーンは、もう感動モノのクールさです。
デヴィッドは最後までコンピュータ人間で、ラフな仕事をするヒラー大尉に突っかかりっぱなしでしたが、パーフェクトな人間のくせにやけにオドオドするさまは観ていて面白い。

エイリアンものではかなり娯楽性、コメディ感のある映画ですが、そこがイイ味を出していて、素晴らしい映画に仕上がっています。
エイリアンやプレデターなどのスプラッター描写強めなモンスター映画が好きな人にはあまりオススメできませんが、笑えるエイリアン映画を観たいという人にはオススメ。長いですけど、その長さのおかげで細かいところまでしっかりと描かれているので共感しやすいです。

投稿者:エイリアン投稿日:2007-02-21 00:23:04
普通に面白いよ。最近のCGと違って、質のいいCGだから好感が持てる。上映時間が長いのもいい。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2006-11-25 18:11:30
大都市の破壊シーンや戦闘機の突入シーンはリアルに描かれてて、今でもよく観る。夕陽に染まるUFOの重量感には当時かなり驚いた物だ。演者ではランディ・クエイドが一番儲け役だったな。
投稿者:流氷一滴投稿日:2006-10-07 12:01:26
元戦闘機乗りの大統領が、自ら先頭にたって出撃する前にパイロット達にする演説はなかなかのもの。英語は演説に向いているのを痛感した。
ところで、日本の政治家でこれだけの演説のできるのはいるか。

それだけが「取り柄」の映画。
投稿者:hymitecs投稿日:2006-05-31 21:53:28
【ネタバレ注意】

ここが変、あそこのつじつまが合わないといった批判、非難とは無縁の行っちゃってるストーリー。

これは、少し(相当)細部・太部に目をつむり、楽しむべき映画なんだろうが、なんと言ってもカウボーイのアメリカ人、登場人物たちが自分で(自分のルールで)楽しんじゃっては、映画館に座っている日本人としてはさすがに乗れない。
円盤とかは出るけど、決してSFではない。唯一いいのは、イカの着ているバイオ型モビルスーツ。

投稿者:ASH投稿日:2006-05-03 21:17:15
【ネタバレ注意】

エメリッヒにSFマインドがあるかどうかは分からんが、サイファイ・パニック映画としては、申し訳ないが結構好きだったりする。そういう意味では、エメリッヒの次作『ゴジラ』も…。まあ、ドイツ時代からSF映画を撮っていた人なんだから、たぶんマインドはあるんだろうて。

投稿者:ホリデー投稿日:2006-04-23 02:18:43
ハリウッド映画のひとつの見方を教えてくれた映画でした。
公開当時のパンフに載っていたことだったと思うけど
ドイツ人の監督とプロデューサーが「アメリカ人てこういう映画が好きなんなんでしょ」的な思惑でヒットを狙い、見事に成功させた映画ということでした。
「世界を救う偉大な国アメリカ」というコンセプトを明確に押し出した物語。
出来る限り多くのアメリカ人が共感できるよう明確に設定された、登場人物の個性と社会的地位、それに伴う言動。
そして、それら登場人物がその行動の先に迎える、明暗分かれる結末(どんなアメリカ人が死に、どんなアメリカ人が生き残るべきなのか)。
そう考えると、この映画はアメリカ人以外の観客の方が、実は楽しめる作品なんじゃないかってことになるんでしょうか。
投稿者:アリー☆投稿日:2005-12-11 18:08:56
これははじめに見たのが小学校のときだから、アメリカ万歳!みたいなのがわからなくてすごく好きだった。
ウィル・スミスかっこよくて大好きだし。
SFとしななら、85点かな
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-11-01 18:13:55
宇宙船がでかいという印象しか・・・
投稿者:コモちゃん投稿日:2005-09-30 12:15:53
【ネタバレ注意】

まず基本的に、この映画は大好き。
ウィル・スミスもビル・プルマンもカッコイイし、ジェフ・ゴールドブラムのヲタクッぷりもいい。(できればハエ男に変身してほしかった(爆))
ラッセル・ケイスのおっさんもいいし、オークン博士のキレ具合もグッド。
前半はハラハラドキドキ、後半は真っ向勝負のドッグファイトっていう展開もナイス。
セリフも随所に粋なのがある。「チェックメイト!」の使い方とか。
中でも特に好きなのは、ユダヤ教のデヴィッドのお父さんが解雇されたダメ政府高官に向かって言うセリフ!
高官「私はユダヤ教じゃない」 父「誰にでも欠点はある」。原語では「Nobody's perfect!」(→これって「お熱いのがお好き」のパロね(^_-)-☆)
世界中で知恵を合わせてやっつけようぜ! っていうのも痛快だし、最後はカミカゼ特攻隊でお涙頂戴。
とにかくスカッとするのがこの映画の真骨頂なのであって、細かいところは突っ込まないでおきましょうよ。

とはいうものの・・・
やっぱり、言っておきたいことはアルっちゃんね(^_^;)
まず、ビルが爆破され、トンネルの中で逃げるジャスミン。非常口のドアを開けて間一髪で爆風を避けるけど、あれだけの熱風が来たらドアの横に入り込んだくらいじゃきっと焼け死んでるね。せめてドアは閉めて欲しかったな(爆)。
それと、ヒラーとデヴィッドが母艦に潜入した、あんな小さなポッド艇で大気圏離脱できるん!? それじゃ、突起物いっぱいのホワイトベースと一緒やんか!(←いちお言っときますけど、私は「ガノタ」ですので、否定してるわけじゃありません。この映画と同様、賛辞しています(笑))
もう一つ。あんなでっかいUFOが空に現れるまで、どの国のレーダーにも全く映らなかったん!?地球に激突する彗星の軌道は、はっきり計算できるっちゅうのに・・・(そら、映画が違うッちゅうねん(^_^;))
とまあ、あとは下の方々がたくさん突っ込んでるし、このへんで。
結局、映画の好き嫌いは、「突っ込みどころ<好きなところ」なら「いい映画」ってことでいいんじゃないの。

最後に、DVDの映像特典で「もう一つのエンディング」があったですけど、誰もあれに言及してないですね。
それによると、ラッセル・ケイスは本編ではちゃんと戦闘機に乗ってるけど、公開前の予備プロモーション版では複葉機にミサイルを縄で巻き付けて(!)、巨大UFOに突入することになってました(^_^;)。
流れが不自然、という理由で本編版に改められたそうですが、そっちの方が絶対ウケると思うけどなぁ!

投稿者:shuuhei投稿日:2005-08-01 08:52:10
アメリカ万歳映画の傑作。アメリカってこういう映画好きだなー。
投稿者:mickey投稿日:2005-06-14 15:34:44
うんこみたいな映画。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-04-23 21:15:38
【ネタバレ注意】

=Independence Day。
だが、「宇宙人」なる侵略者を持って初めて一致団結する人類の姿に感動するのは悪くない〜なんでインデペンデンスかは不明だが。
宇宙船に乗り込んで風邪をひかすのも荒唐無稽(だから悪いって訳じゃない)〜間一髪で難を逃れる大統領も出来過ぎ(で、いけないとは言っていない)〜まぁ[関連作品]に是非「マーズ・アタック!」を。
僕が好きなところは、ウィル・スミスが“チュン、チュン”と何かを撃ってくる宇宙人の攻撃を掻い潜り、エイリアンを素手で一発〜そして葉巻を一服…って場面かな。
彼女との再会も悪くない〜本当におバカな若者が一瞬の内に消されちゃうのは衝撃的かも…「誰が」地球を救ったか?とかは、この際、考えないようにして…まぁ、ストーリーもよく出来ており、文句なく面白い映画だとは思う。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 19:06:04
ギラーミンの後継者です。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-03-30 00:16:23
 「民族とは、先祖に対して抱く共通の誤解と、隣人に対して抱く共通の嫌悪によって結び付けられた人々である」と言ったのは、カール・ドイチュという人だ。この映画では、共通の敵として、「宇宙人」なる侵略者を持って初めて一致団結する人類の姿が描かれる。作風はアッケラカンとしているが、これは実に悲しい物語で、外に敵を求めずとも人類に連帯することが出来れば、こういう事態を想定する必要はない。世界中で多くの人がこの映画に熱狂したということは、まだまだ人類は外敵の存在を必要としている、ということだろうか。

 そうかもしれない。だが今は、この熱狂を共有しておこう。それが人類に連帯を生むかぎり。9
投稿者:william投稿日:2005-02-23 06:02:05
スケールは確かにでかい。でもエイリアンを素手で殴ったり、変なところで漫画チックになるので、何とも言えない安っぽさを感じてしまう。
まあハリボテ映画の天才、ローランド・エメリッヒのものとしては良い部類の作品。
投稿者:黒騎士投稿日:2004-09-15 21:53:50
【ネタバレ注意】

楽しめましたよ、いち映画好きとしてはね。
細かく言えばツッコみどころ満載で、「アメリカ万歳」へ強引に繋げる・・・
まあ、人によっては許せないほどの内容でしょうね。

1つ言うとすれば、核ミサイルすら跳ね返すバリアーなどを開発できるエイリアンが、地球人の米軍いち兵士のゲンコツ1発でKOってのには驚いた。
頭脳だけ進化させたって駄目だ、身体も鍛えろよ!って教訓なんですかね、最近の若者に対しての。

投稿者:D.投稿日:2004-07-21 12:14:02
いかにもアメリカらしい映画。50年代の地球侵略B級SF映画のストーリーを巨万の製作費と最新のSFXを駆使して作り上げた作品。最近流行のCG主体ではなくて、ミニチュアで頑張ってます。この映画のおかげでクリントンが再選したというのは秘密(ウソ)。ツッコミ入れたくなる所が随所にありますがそんなコトを気にしてはいけません。何も考えずに見るべし。結構面白いです。しかし、オチが『宇宙戦争』と同じとは・・・。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:kuppy投稿日:2004-06-20 22:19:18
ウィル・スミスに尽きると思います。何回も観ちゃう。
あぁいうテンポのいいコメディアン好きです。
彼の映画はどれも、一番最初に観た時はつまらないと思うのですが
ウィルのシーンを何度も観返してしまいます。観てるだけで楽しい(^^)

コメディとしては○。ストーリーは…アメリカバンザイでウザイかも。
投稿者:さち投稿日:2004-06-18 07:02:15
最初みたときは衝撃だった
投稿者:さゆぽん投稿日:2004-05-09 08:23:26
私は素直に感動しました。
アメリカ映画なんだからアメリカが主役なのはしょうがないと思います。
私はそれよりも、地球人として、人種や国境は関係なく、
同じ人間なんだよっていうメッセージがあったと思ったんですが。
今のアメリカがもしこういう映画を作ったのなら、もっと批判も多かったと思います。
それに宇宙船のど迫力に驚きました!!
投稿者:J.T.投稿日:2004-03-07 03:20:01
かつて、うちの父は西部劇だったら「アラモ」とか戦争映画だったらなんでも見て喜んでいました。どれも善悪がはっきりした、勧善懲悪ものです。最後には「あいつらを殺せ!」とか叫んで大勝利を勝ち取る映画です。父は太平洋戦争で学徒動員されたものの戦地にいっておらず、そのためか、そうした戦争娯楽巨編が好きでした。日本は戦後になって、そうした戦争娯楽映画をつくらなくなり、アメリカもベトナム戦争以降、ぱったりと戦争娯楽巨編をつくらなくなりました。代わりにアメリカは戦争残酷映画をたくさんつくりました。父も「プライベートライアン」辺りでかなりショックを受けたようです。
しかしこの映画を観て思うのは、現実の戦争で観客を楽しませようとする映画は減ったけど、相手を宇宙人とかテロリストとの戦争に置き換えることで、戦争を娯楽として提供しようとする商法はいまも健在であり、たくさんのお客が相変わらず気持ちをスカッとさせて楽しんでいる、ということです。
それが別にどうだというわけではありません。映画は娯楽でもありますからね。ただ僕は個人的にこのID4は大嫌いです。面白かったですが、いつアメリカが日本人を侵略者とみなして戦争をしかけてくるか、「独立記念日に誓ってあいつらを殺せ!」といいださないか、とそんな被害妄想にとらわれました。
まあ、もちろん考えすぎなのですが。
ひとことでいって、ものすごく豪華なファーストフードのハンバーガーのような映画だと思いました。
好みでいいますと脳みそからっぽで観れば面白いのですが、自分としては抹殺したいほど大嫌いな映画です。
投稿者:quadrant投稿日:2004-03-07 00:10:50
・・泣いて笑って、あーもう。。
近来稀なスーパーノンストップコメディ、十分楽しめました。
見応えあるCG映像に免じて2点。こんな駄作が世界興行収入ランキングのベスト10入りなんて信じられない。
投稿者:T−2投稿日:2004-01-01 15:59:34
いろんな要素が混じった映画ですね。
変な宇宙人は出てくるし、あの主砲(?)にミサイルを撃ち込もうとしたり、宇宙へ行って円盤を爆発させて破壊するし・・・。
とにかくSFというものの要素をすべて詰め込んだ映画。
ストーリーが分かりやすい点などを踏まえると
自分はSF入門作品と考えています。
まあ、単純と言ってはしまうとそれで終わりですが、なかなか見ていておもしろいですよ。
ここまで酷評される理由は相当なSF嫌いか
あまりに単純なSFだと感じた人が投票しているからでしょう。
評価に惑わされず、一度は見ることをオススメします。
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-10 20:59:54
最後の出撃の際に演説をかます大統領はカッコ良過ぎ。
おいおいとつっこみたくなる事がたくさんだげど気楽に見れる作品で
なかなか面白いです。ウィルスミスは出世したけど監督はこの一本で才能を
使い果たしてしまったと思う。
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-06-06 17:09:42
これ友達と映画館で観た時とにかく「スゲースゲー!」って興奮したのを今でもよく覚えてる。

宇宙人の攻撃開始まで1時間くらいかかるのにまったく退屈させない展開、徐々にに盛りあがっていく感じがたまんない。

戦闘機群と宇宙船の大規模な空中戦もものすごい迫力。
当時としてはまさに現時点でできる限りの技術を出したといった感じ。

色々ツッコミ所もあるけど「娯楽だから」と言われりゃそれまで。
オレは大好き。
映画館に通うキッカケになった思い出の映画。
投稿者:jimpei投稿日:2003-03-22 05:43:23
【ネタバレ注意】

アメリカ万歳は結構。自国をクサすなら、他にテーマがあるからね。

しかし…。この映画はヒドイ。

演出、脚本、特撮、技術、芝居…。全部ムチャクチャ。
特にウリにしてるハズの特撮はヒドすぎる。製作年の10年前レベル。
褒められる点は、UFOをアノ大きさに設定したコトだけ。
ああ、あと宇宙人を素手で殴るトコロは爆笑した。
てか、そのあたりになるとバカらしくてまともに見てなかったからな〜…。

投稿者:とさき投稿日:2003-02-09 22:37:28
【ネタバレ注意】

米国様指揮の元世界中協力して宇宙人撃退。
このご時世にそりゃねえだろ・・と考えてしまった03年。公開時には平和だった?

投稿者:新加坡指令投稿日:2003-01-27 12:21:20
何故か往年の東宝怪獣/SF映画を思い出してしまった。登場人物も、当時の配役に何となく当てはまる。この役は宝田明、あの役は久保明。更に、田島義文、田崎潤、志村喬。佐原健二や平田昭彦は・・・。しかし、どうしても思いつかない配役が、あの大統領の役。というところに、この映画の正体がある。とはまとめないけれど、地球防衛軍というものが、本当にあるとすれば、こういう形になるのか?
投稿者:投稿日:2003-01-25 23:48:08
【ネタバレ注意】

むかしから地球に来てた宇宙人が「モールス信号」知らないわけないじゃん。

投稿者:トリガー投稿日:2002-12-25 19:09:51
好きなSFの1つ。やっぱりスケールのデカいSFは好きだ。
大勢で協力して宇宙人に戦いを挑む空中戦が好き。
UFOの真下から核に突っ込む親父には
お涙頂戴演出だということは承知しながらも、素直に感動。
お涙頂戴の演出に弱いのかな、俺。
でも映画で涙を流したことは(浮かべたことは除き)未だかつて、ない。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-11-24 23:31:15
 思いの外良くできている。特に序盤で提示された伏線を後半になって回収していく構成が良い。結婚指輪、葉巻といった小道具にしても、大統領が湾岸戦争の英雄だった、或いはウィル・スミスが宇宙飛行士を夢見ていたという設定にしても見事に後半で活きてくる。

 この手の映画は荒唐無稽さこそが魅力だと私は思っている。つまり、こちらの予想を遙かに凌駕するスペクタキュラーや唖然とするような非現実的な展開を期待しているということ。そういう意味で出現した宇宙船の圧倒的な馬鹿デカさや秘密基地でのエイリアンの蘇生から生じる騒動(テレパシー攻撃の中途半端さ!)やアル中飛行機乗りランディ・クエイドの大活躍なんかも捨てがたい魅力だ。

 ただし、もし大統領ビル・プルマンが湾岸戦争のパイロットだったという設定上の伏線が無く、唐突に戦闘機で出撃する、といった展開であれば、私はもっと喜んでいたに違いない。

#こういう映画を人道主義的な観点やポリティカルな観点で批判する姿勢については「それも必要な事」だと思う。しかしそのような観点は「映画」とは些かも関係のない事柄であるというのが私の「映画」に対するスタンス。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:rupan投稿日:2002-10-02 19:07:59
これ観てSF映画が好きになりました。ウィル スミス最高!!
投稿者:とし投稿日:2002-09-03 14:48:25
確かに大味です。いかにもアメリカのナショナリズム昂揚の意図アリアリです。でも、ま、いっか、てなところですな。映像はよく出来てるし、迫力あるし、ストーリー的にもそこそこ面白かったし。荒唐無稽はこの手の映画の常なのであんまり理屈っぽく考える必要はないのではないでしょうか。ただし、ただしですよ。どっかでみたことのあるような展開ではないですか?エメリッヒは絶対「宇宙戦艦ヤマト」のシリーズを見てると思う。宇宙船がいきなり現れて攻撃してくるところなんか「ヤマトよ永遠に」だし、クライマックスの対決シーンなんか「さらば宇宙戦艦ヤマト」まんまだし。敵の宇宙船に乗り込んでいったゴールドブラムとウイル・スミスが真田さんと古代進に見えちゃったゾ。まあいいか実写だし。
投稿者:JH投稿日:2002-08-31 19:30:36
ありましたね。ストーリーは・・・・。
でもあのおっさんは好きだな・・・
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2002-08-15 22:21:02
これを見て映画好きになりました。当時見た時は映像の凄さに圧倒されて一人で燃えてたもんです。しかし今見ると、ストーリー事態は大したことないような気もします。これは最近主流(?)になってるあまりひねりの無い映画の代表的であると言えるかも。
しかし、同時にこの映画は多くの人に影響を与えたと思います。
映像だけが目立ってるような感もありますが、映画の歴史には名作として残るでしょう。おそらく。
投稿者:あるぶる投稿日:2002-07-15 00:05:53
前半と後半と分けて、シリアスSFとコメディの2本にすればよかったのに。それでもって前者はいさぎよく地球壊滅させちゃうとかさ。

日本の自衛隊(?)の基地に「出口」なんて書いてあるのが笑えた。そんなの見ればわかるって。
投稿者:sonic投稿日:2002-06-23 22:05:37
楽しんでは観られたんでいいけどね。アメリカ映画だね、彼等の意識が現れてる。異星人相手なら文句も出ないし、なんたって世界の警察だもんね。
投稿者:のんのんのん投稿日:2002-06-23 18:29:54
私は好きです。この映画。
「みんなで頑張りゃ何とかなるって!」って感じさせてくれる。
落ち込んだときに見て、自分の元気付けにしています。
この際、こんなんあり?という矛盾は忘れましょう。ねっ!
投稿者:tommy投稿日:2002-05-17 00:58:23
異星人ウェルカムって旗だか幟だか振ってるやつの上の円盤が攻撃するシーン、あれが好き。
投稿者:eddie投稿日:2002-04-23 16:27:42
特撮は凄いし、面白かった。でも、「お前、風邪引くぞ」からウィルスを思いつくってのは、ちょっと遠すぎる気がするな。字幕の訳が悪いだけで本当は「ウィルスにやられちまうぞ」とか言ってるのかな、と思ってチェックしたけど、まんま「風邪引くぞ」って言ってた(笑)。
それにしても、アメリカってこんなに女が強いのか?! 離婚して仕事一筋の元妻と、その元妻に未練たっぷりの元夫、って人物設定が、やたらと多いな。ちょっと情けないね。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-30 01:11:10
円盤が一つの都市並みの大きさだったら・・・というアイディア一本でできているような作品。ストーリーのまとまりの悪さや中味の無さを、UFOの大きさによる迫力ですべてを押し切っている。細かい突っ込みはいくらでもできるので、少しでも大きな画面で、「大きいことはいいことだ!」という感じでお気楽に楽しもう。あっ、コメディーとして見ても楽しいかも。
投稿者:A/T投稿日:2002-03-03 08:06:50
倒し方わかってもあんな宇宙船には勝てないと思う。デカすぎ。
でもこの映画好き。
投稿者:zula投稿日:2001-11-17 00:26:13
 って、家族愛とか愛国心とか、どかんと表現してくるから、そんで実際に多くの人達が感動しまくってたり当時のE・マクレガーみたくあんな映画金儲けのアホどもが創るからごめんだね〜>と言われる人もいりゃーいろいろなんだすね!     
 ワンコがギリギリたすかったとことか、泣けました。宇宙にいって戻ってきたときも、相当泣けました。いろんな技術を屈指してつくられた映画だとおもいます。 

投稿者:月とスッポン投稿日:2001-10-02 01:05:54
何も考えずにみれたんで面白かった〜!!何回見ても飽きませんです!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-15 23:01:41
あんな巨大なUFOは恐いだろうな〜。
投稿者:タルチュフ投稿日:2001-07-15 22:23:07
アメリカを痛烈に風刺している作品なんじゃないか、というのは勘繰りすぎなんだろうなやっぱり。
投稿者:愛国マン投稿日:2001-03-23 15:08:12
大統領から子供まで
応援しよう
神風特攻隊
地球の為に死んでくれ

投稿者:きくゑ投稿日:2001-03-01 14:07:55
アメリカ万歳やね。最後らへんおっさんがエイリアンの本鑑に突撃していくシーン。日本軍がよくやってたことなんちゃうん。しかもアメリカそれ批判してたんちゃうん。劇場映画やのにビデオでみました。内容忘れちった。
投稿者:クーパー投稿日:2001-02-27 12:22:16
なんでエイリアンのコンピュータにそんなに簡単に進入できるの?コンピュータの概念自体まったく違うだろうに。
何で何年も前の宇宙船で相手の宇宙船に入れるの?普通チェックされるでしょう。
そもそも何で攻撃するのに一斉に同期をとって行う必要があるの?しかも放送の電波に紛れ込ませるの。他の周波数がいくらでも使えるでしょう?
その他にもいろいろあるけれど、これらの技術的矛盾がひどすぎてとても見るにたえませんでした。
たしかにある程度の矛盾はしかたが無いけれど、あまりにもひどすぎます。
話の流れとしても最後になるにしたがってしらけてくるのは私だけでしょうか?
投稿者:もっち投稿日:2001-02-03 21:03:11
SFっていうか、これ系の映画が流行ったのってこの映画が発端ではないですか?
ディープインパクトとかアルマゲドンとか。。。
全部それなりに面白いけど、やっぱこの映画は面白かったです。ダントツで。
大統領かっこよすぎだっつーの。
投稿者:ER投稿日:2001-01-18 17:23:34
やっぱりアメリカは凄かった(爆)劇場用映画ですね完全に.アルマゲドンとなんら変わらない.
投稿者:猫亭投稿日:2001-01-15 09:15:52
いやー最後異様に盛り上がってよかったよかったで終りましたが、思わず
「いや、浮かれてる場合なんかい?」
とつっこみをいれたくなっちゃいました。(もちろん映画なんだけどさ)

“突然の”宇宙人襲撃がかつて囚われた同胞への復讐だったとすれば、今度は宇宙船ごとやっつけられたわけで、その報復にどんなことされるかわかったもんじゃないだろーに(笑)
問答無用で地球爆破とか。
うーんいろんな意味で本当に(強い)アメリカ万歳映画なのだね。

アメリカ万々歳的な部分を思いっきりパロディしていた『スターシップ・トゥルーパーズ』とは対照的な作品でしたね。

ところで一体誰が主役だったんですか?
投稿者:クロマツ投稿日:2001-01-12 10:54:00
アメリカ万々歳の映画だが、自分もアメリカ人になったつもりで、アメリカ大統領の演説にふるえた。観客は映画の世界で、何にでもなれるんだから、アメリカ=大将という描き方もなんとも思わない。変に理屈をこねてみる必要は全くなく、大娯楽作の名にふさわしい。
投稿者:みち投稿日:2001-01-07 22:37:30
おもしろかったー!
手に汗にぎる、ヒヤヒヤドキドキ!!!
UFOがシールド張ってる所なんて、まるでスターウォーズの世界だね。
ついに地球でもスターウォーズ?!キャー♪

でもUFOを倒すために世界中が協力しあうところ、良かった。
すごく良かった。
本当に宇宙人なんて来たら、世界はどうなっちゃうのぉー こわいーーー
投稿者:claves投稿日:2000-12-28 15:44:18
前半でホワイトハウスなどの主要都市一斉爆破
あのシーンが好きです
あれ以降、あんまどーでもよかったです
投稿者:snowykay投稿日:2000-12-11 22:36:25
新スタートレックのスーパー・アンドロイド、デイタ少佐役でお馴染みのブレントさんの名字は、スパイナーと発音します。映画のプロモーションで来日されたときに通訳をさせて頂きましたが、大変に知的で、我慢強く、取材するテレビ番組プロデューサーの無茶な注文にも冷静に反論した上で、忍耐を持って応じるブレントさんの姿に感動したのを覚えています。これからもブレントさんへの皆さまからの声援をお願いします!:)
投稿者:トシヒロ投稿日:2000-12-02 15:17:05
僕はこの映画が大好きです。特にUFOと戦闘機との戦闘のシーンが最高!あと最後の大きなUFOが破壊されるシーンも良かった。 
投稿者:出木杉投稿日:2000-10-23 01:55:30
この映画は面白いですね。映像も良いし、ドラマも悪くない。まあ、好き嫌いが分れる話ですが。
独立記念日に絡めて来たこともアメリカ人を熱狂させるのでしょう。日本とは国の成り立ちの違いを感じます。
それにしてもエメリッヒ監督はこの映画の前にも後にもパッとしませんよね。
この映画はまぐれなんでしょうか?
投稿者:たま投稿日:2000-09-11 15:59:17
宇宙人をぶん殴るスミスに笑い
パカーンと出てくる宇宙人に驚かされ
最後は変なオヤジに泣かされる
そんな素晴らしい映画だぞ
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 視覚効果賞クレイ・ピニー 
  ジョセフ・ヴィスコシル 
  ダグラス・スミス 
  フォルカー・エンゲル 
 □ 音響賞ビル・W・ベントン 
  ジェフ・ウェクスラー 
  クリス・カーペンター 
  ボブ・ビーマー 
□ 100億ドル以上の興業収入を上げた作品でのワースト脚本賞ディーン・デヴリン 
  ローランド・エメリッヒ 
□ 作品賞 
 □ 男優賞ウィル・スミス 
 □ アクション・シーン賞 アメリカの大都市の爆破シーン
 ■ キス・シーン賞ウィル・スミス 
  ヴィヴィカ・フォックス 
 □ ブレイクスルー演技賞ヴィヴィカ・フォックス 
【ニュース】
ジェラルド・バトラー主演災害パニック映画「Geostorm」、最新予告編2017/09/27
ジェラルド・バトラー主演災害パニック映画「Geostorm」、予告編2017/07/07
ジェラルド・バトラー主演災害パニック映画「Geostorm」、ティーザー・トレーラー2017/03/09
全米興行成績、「ファインディング・ドリー」が「インデペンデンス・デイ」続編を寄せ付けずV2達成2016/06/27
全米興行成績、ディズニー・ピクサー最新アニメ「ファインディング・ドリー」が記録更新デビュー2016/06/20
ローランド・エメリッヒ監督「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」、最新予告編2016/04/25
「インデペンデンス・デイ」続編「Independence Day: Resurgence」、予告編2015/12/14
ローランド・エメリッヒ監督×C・テイタム主演サスペンス「ホワイトハウス・ダウン」、最新予告編2013/06/10
ローランド・エメリッヒ監督×チャニング・テイタム主演サスペンス「White House Down」、予告編2013/03/27
ローランド・エメリッヒ、古典ゲーム『アステロイド』の映画化を監督か2011/06/09
全米興行成績、ローランド・エメリッヒ監督「紀元前1万年」が首位2008/03/10
全米興行成績、「ナショナル・トレジャー2」がV3達成2008/01/07
「ミクロの決死圏」、ローランド・エメリッヒ監督でリメイクへ2007/08/16
ローランド・エメリッヒ監督最新作「10,000 B.C.」、予告編2007/07/12
全米興行成績、ウィル・スミス主演SFが首位2004/07/20
全米興行成績、「シュレック2」勢い止まらず2004/06/01
全米興行成績、「シュレック2」が記録的デビュー2004/05/24
エメリッヒ監督、“ID4”の続編製作を否定2004/05/13
「ドラゴンボール」実写版、監督はR・エメリッヒ?2003/09/03
「ID4」、続編製作へ向け脚本執筆開始2003/05/02
全米興行成績 「メン・イン・ブラック2」が好発進2002/07/08
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ <4K ULTRA HD+2Dブルーレイ/3枚組>2016/06/24\5,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ <日本語吹替完全版> コレクターズ・ブルーレイBOX <初回生産限定>2016/06/03\6,476amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2016/06/03\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2014/03/05\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2012/05/11\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ ブルーレイ&DVD&デジタルコピー <初回生産限定>2012/04/21\2,848amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「インデペンデンス・デイ」+「デイ・アフター・トゥモロー」 <初回生産限定>2011/12/16\3,790amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2011/03/02\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2009/11/27\4,700amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ブルーレイディスク スターターBOX 「インデペンデンス・デイ」/「デイ・アフター・トゥモロー」2007/12/21\8,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイ2007/12/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2016/06/03\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】FOX100周年記念 名作DVDパック ディザスター・パニック <期間限定出荷>2015/11/16\3,046amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2012/12/19\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2012/05/11\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ 〈2枚組〉 <初回生産限定>2012/04/21\1,895amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2010/10/08\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <2枚組/期間限定出荷>2009/11/20\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2008/10/16\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <期間限定生産>2008/04/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ 新生アルティメット・エディション <初回限定生産>2007/03/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2007/03/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <ベスト・ヒット・プレミアム 2枚組>2006/08/04\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2006/08/04\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <ベスト・ヒット・プレミアム 2枚組>2006/04/28\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2005/12/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <初回限定生産>2005/11/12\951amazon.co.jpへ
 【DVD】「インデペンデンス・デイ」+「第5惑星」 <今だけお得な2枚パック/初回限定生産>2005/05/20\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ スペシャル・エディション <初回限定生産>2005/04/22\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <初回限定生産>2005/03/16\951amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ2004/12/06\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <初回限定生産>2004/11/19\1,980amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ アルティメット・エディション <初回限定生産>2004/05/28\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <1枚買ったら1枚タダ!キャンペーン 第2弾商品>2003/06/19\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ プレミアム・エディション <期間限定生産>2003/03/07\2,980amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <初回限定生産>2002/11/16\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <期間限定生産>2002/06/28\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】インデペンデンス・デイ <期間限定生産>2001/07/18\2,500amazon.co.jpへ
 【UMD】インデペンデンス・デイ2008/11/07\933amazon.co.jpへ
 【UMD】インデペンデンス・デイ2006/05/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】インデペンデンス・デイレンタル有り
 【DVD】インデペンデンス・デイレンタル有り
 【VIDEO】インデペンデンス・デイレンタル有り
 【VIDEO】インデペンデンス・デイ THX <初回限定生産版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION